TOPページ > ステレオサウンド書店 > 定期誌 > 季刊ステレオサウンド No.177/2011年 WINTER

季刊ステレオサウンド No.177/2011年 WINTER

販売価格2,409円(税込)

[11ポイント進呈 ]

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

商品イメージ
商品イメージ
拡大 Prev Next

発売日:2010年12月11日
雑誌コード:65482-43

------------------------------------------------------------

話題のスピーカーが目白押しだった2010年の掉尾を飾るステレオサウンド177号は、この一年のオーディオ界を総括する2大特集、「ステレオサウンドグランプリ2010」と「2010-2011 ベストバリュー・コンポーネント」をメインに、最新注目スピーカーの詳報記事や各種読み物企画など盛りだくさんの内容となっています。また、本誌読者限定特典として、リンレコーズのハイレゾリューション音源5曲が無料で入手できる「リン・レコーズ・スタジオマスター・フリーダウンロード・コード」が掲載されています。どうぞご期待ください。

ステレオサウンドグランプリ2010
「ステレオサウンドグランプリ」は、1978年にスタートしたSOTA賞とその後のCOTY賞からつづく、オーディオ界最大の年度賞です。今年は現在の名称となってから記念すべき10回目となります。本賞の大きな特徴となっているのは、その年に日本国内で新発売されたすべてのオーディオ機器のなかから、ジャンル、価格、受賞製品数などの制限を設けずに優秀な製品を選定することで、選考結果にその年のオーディオ界の動向が強く反映されるのも特色となっています。本年は国内・海外ブランドあわせて計26機種および審査委員特別賞が選ばれ、そのうち13機種をスピーカーシステムが占めました。2010年がスピーカーの当たり年だったことをまさに象徴した結果となっています。この一年のオーディオ界を総括する記事として、どうぞお楽しみください。

2010‐2011 ベストバリュー・コンポーネント 530選
毎年冬号の恒例企画「ザ・ベストバイ・コンポーネント」がリニューアルされ、今年から「ベストバリュー・コンポーネント」がスタートしました。昨年までの「ベストバイ」においても「ベストバリュー」という価値基準は含まれていましたが、単なる「お買い得製品ガイド」に留まらず、「価値の高い製品ガイド」という意図をより明確に現わすため、今回からタイトルを「ベストバリュー」に改めることにしました。選考委員の投票によって選考対象製品をジャンル別・価格帯別にランキングするという形式は従来と同様で、今回は5名の選考委員によって計530機種が選ばれています。総得点によるランキングだけでなく、各選考委員の投票内容やコメント原稿なども参考にしていただきながら、ご自身にとって真に価値のある製品をお探しいただくためのガイドとしてご活用ください。また、ラストに掲載したスペシャルセレクション企画もお楽しみください。

そのほかにも、本誌読者限定特典として24ビットのハイレゾリューション音源5曲が無料で手に入る「リン・レコーズ・スタジオマスター・フリーダウンロード・コード」をはじめ、精力的にSACD、CDのリリースを続ける日本屈指の角田健一ビッグバンドのリーダー、角田健一さん(トロンボーン奏者、アレンジャー)をゲストにお招きした連載企画の「音のたまもの」、最終回を迎えた石井伸一郎氏の「新世代リスニングルーム探訪」など、注目記事が満載です。音響デザインの歴史を変える数々の名盤を生み出したコニーズ・スタジオを取り上げている「スタジオの音が聴こえる」、アンドレアス・シュタイアー(フォルテピアノ奏者)をご紹介する「現代の名演奏家たち」など、読み応え十分の記事が並ぶ、音楽ソフトページも必見です。この年末年始、ステレオサウンド177号をじっくりとお楽しみください。

(ステレオサウンド編集部)

------------------------------------------------------------

CONTENTS

●ステレオサウンドグランプリ
STEREO SOUND GRAND PRIX 2010
傅 信幸/三浦孝仁/柳沢功力/原田 勳(本誌編集主幹)/小野寺弘滋(本誌編集長)

●[特集]ジャンル別・価格帯別 2010-2011
ベストバリュー・コンポーネント530選
傅 信幸/細谷信二/三浦孝仁/柳沢功力/和田博巳

選考を終えて

スピーカーシステム ──117選
プリメインアンプ──45選
デジタルディスクプレーヤー ──63選
アナログプレーヤー ──19選
デジタルディスクトランスポート ──12選
フォノカートリッジ──29選
D/Aコンバーター ──31選
フォノイコライザーアンプ──21選
デジタルファイルプレーヤー ──10選
その他のコンポーネントー ──44選
プリアンプ──44選
サウンドアクセサリー ──26選
パワーアンプ──69選
スペシャル・セレクション
選出方法

●進化するデジタルファイル・ミュージック
スタジオマスターが開けた扉 リン・レコーズ・インタビュー 編集部
国産ネットワークプレーヤーを聴く/マランツ=NA7004、ヤマハ=NP-S2000 山本浩司

・新製品リポート 小原由夫/高津 修
ADL=GT40
ラックスマン=DA200
ノーススター・デザイン=エッセンシオ
オリーブ=3HD
オーブ=JADE2、JADE1

・デジタルファイルギア・インフォメーション 編集部

・[連載]サウンドアクセサリー

・オーディオ・サポート・ショップ 第42回 細谷信二

・サウンドアクセサリーブランド研究 第14回 小原由夫

・[連載]ニアフィールドリスニングの快楽 第48回 [進化するスピーカー] 和田博巳

・[連載]アナログの宇宙  海老澤 徹

・[連載]音技の国の散歩道 冬の道 アンプとボリュウム機能 高津 修

・[連載]聴く鏡 音の記憶 菅原正二

・秋のオーディオショウ・リポート 松浦正和/編集部

・SS INTERVIEW 三浦孝仁/宮下 博/編集部
ジョセフオーディオ/マジコ/CHプレシジョン/B&W/デノン/ウルトラゾーン

・[連載]第12回 ゲスト 角田健一(バンドリーダー、トロンボーン奏者) 小林悟朗

・[連載]新世代リスニングルーム探訪 最終回 石井伸一郎

・[速報]リン・新アキュレート・シリーズを発表 編集部

・新体制の威信をかけた超弩級スピーカー 柳沢功力

・ソナス・ファベール=THE SONUS FABER

・春の新着モデル徹底試聴
Exciting Components
マジコ=Q5──三浦孝仁
フェーズメーション=MA1──柳沢功力
ソニー=SS-NA2ES──柳沢功力
ゴールドムンド=テロス350──傅 信幸
CHプレシジョン=D1──三浦孝仁
ラックスマン=L590AX──黛 健司
エソテリック=K01、K03──傅 信幸
ブルメスター=100──柳沢功力
TAD=TAD-C2000、TAD-M4300、TAD-M2500──三浦孝仁

・TEST REPORT 2011 WINTER
話題の新製品を聴く

スピーカーシステム
B&W=804ダイアモンド
ディナウディオ=DM3/7、DM2/6
ジョセフオーディオ=パール2
KEF=Q900、Q700、Q300
クリプトン=KX5
マグネパン=MG1・7
ムジークエレクトロニク・ガイザイン=ME100
パス=SR2
PMC=ファクト・3
パウエル・アコースティクス=エレクトラMk II
クォード=11Lクラシック
タオック=FC4500

CDプレーヤー
アコースティックアーツ=プレーヤーES
チャプター=ソネットS CD
シムオーディオ=ムーン650D DAC/CDトランスポート

CDトランスポート
ワイス=ジェイソン

D/Aコンバーター
オーディオデザイン=DAC-FA0
コード=コーデット・ピーチ
オルフェウス=プリヴィレッジDAC
ワイス=メデア

プリアンプ
アリオン=ライン・プリアンプリファイア
チャプター=プリフェウスS
コード=コーデット・プライム
ゴールドムンド=メティス2

パワーアンプ
アキュフェーズ=P6100
チャプター=カプレット250S
ダッサン=R20
ゴールドムンド=メティス3
ニューフォース=リファレンス18
テクニカルブレーン=TBPゼロEX

プリメインアンプ
アキュフェーズ=E460
アトール=IN400
ゴールドムンド=メティス5
オクターブ=V70SE

ADプレーヤー
ホルボーン=アナログ2
プロジェクト=RPM10・1エヴォリューション、RPM9・2エヴォリューション
クズマ=スタビ・エス・コンプリートシステム

フォノカートリッジ
アキュフェーズ=AC5
オーディオテクニカ=AT33PTG/ II
ライラ=クレオス、デロス

トーンアーム
ターレス=シンプリシティ

フォノイコライザー
コード=コーデット・デュアル
フェーズテック=EA3 II

パッシヴアッテネーター
フェーズテック=CM3

マスタークロックジェネレーター
フェーズテックデジタル=HD7Rb

ヘッドフォン
ウルトラゾーン=エディション10

・試聴ディスク一覧

・SOUND SCOPE
G・I・Pラボラトリー=GIP9700A──三浦孝仁
ダヴォン=レイ──山本浩司
PMC=TB2iシグネチュア・エディション──和田博巳
デノン=DCD-A100、PMA-A100、DP-A100、DL-A100、AH-A100──高津 修
ビクター=EX-A250──山本浩司

・[連載]SS MUSIC REVIEW & ESSAY

・New Discs
クラシック=東条碩夫/宮下 博/諸石幸生/柳沢功力
ジャズ=原田和典
ポピュラー=高橋健太郎/和田博巳

・[連載]The Best Sounding CD 嶋護の一枚

・[連載]音楽に心躍る日々 小林慎一郎

・[連載]聴き方の達人 岩田由記夫

・[連載]スタジオの音が聴こえる 高橋健太郎

・[連載]現代の名演奏家たち 舩木篤也

・ミッシングリンク ガラスCD版『ザ・ハンター』を巡って 三浦孝仁

・ヴァント指揮ミュンヘン・フィルの遺産がLPボックスで登場 編集部

・オーディオファイルレーベル「オーパス3」インタビュー 三浦孝仁

・SACD-SHM仕様ジャズを聴く 小林慎一郎

・ステレオサウンド×タワーレコード 初の合同イベント開催される 編集部

・SSインフォメーション

・ユーズド・コンポーネント・マーケット

・JUST NEW COMPONENTS

・ディスク評『Nobu's Popular Selection』 宮下 博

・第17回「日本プロ音楽録音賞」受賞作品決定 編集部

・[連載]音楽の誘拐 許 光俊

・CS-PCM音楽放送番組表

この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品