TOPページ > ステレオサウンド書店 > 定期誌 > HiVi 2019年2月号

HiVi 2019年2月号


■発売日:2019年1月17日
■雑誌コード:17511-02
■JAN:4910175110298
HiVi(ハイヴィ)のバックナンバーはこちらから
Fujisan.co.jpで“月額払い”で購読

販売価格1,296円(税込)

[6ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

商品画像

商品画像
商品画像
拡大 Prev Next

HiVi2月号の特集は、2018年のオーディオビジュアル(AV)シーンを総覧する「HiViグランプリ」。1年間のAVを牽引した製品を選出する、つまり現在最高のAV製品を紹介することがこの企画の趣旨。本誌12月号の「ベストバイ」とは異なる観点から20製品+特別賞を選出しています。これを読めば、いまのAVがわかる。年始にふさわしい一冊です!

もうひとつの特集は、「新4K8K衛星放送、どうだった?」。2018年12月1日に始まった新4K8K衛星放送はもうご覧になったでしょうか。未体験の方もいらっしゃるでしょうし、現在導入を考えているという方もいらっしゃるでしょう。そこでここでは、新4K8K放送を自宅で受信している3名の方のインプレッションを紹介。導入に際しての思わぬ障害や木になる満足度をレビューしていただきました。4K放送チューナー内蔵の“4Kレコーダー”(パナソニックDMR-SUZ2060、シャープ 4B-C40AT3)2機種の比較記事も必見。


2018年HiViグランプリのゴールド・アウォード=最優秀賞に選ばれたのはシャープの8Kテレビ8T-C80AX1。2月号の表紙にもなっています

「新4K8K衛星放送、どうだった?」では、8Kチューナーで観る“4Kにダウンコンバートした8K映像”のレポートも掲載



製品レビューでは、JVCの最新プロジェクターDLA-V9R、DLA-V7の直接比較記事に注目!

こちらは、作家 福井晴敏さんの「家庭内劇場:墨劇」の最新動向記事。200インチスクリーンを擁するシアターについにサブウーファーが……



CONTENTS

HiViグランプリ2018
福井晴敏さんの墨劇 重低音増強計画、発動編
●Special Report  JVC DLA-V7&DLA-V9R 徹底兄弟比較
●新4K8K衛星放送、どうだった?
●ハイレゾの感動を引き上げる本格トランスポートDELA N10誕生
●新製品徹底テスト
ソニー 4Kプロジェクター VPL-VW555、VPL-VW255
パナソニック UHDブルーレイプレーヤー+BD/HDDレコーダー DMR-UBZ2060
●インタビュー ELAC Lars Baumannさん、DTS Geir Skaadenさん


CONTINUITY
●from Writers
●「新4K8K衛星放送」がやって来る!E
●AVセンター、開けてイイですか?
●ホームシアターFAQ
●Audio Components Topics&Reviews
ピエガ スピーカーシステム Master Line Source3、オーラ CDプレーヤー vivid Premium Black Edition、プリメインアンプ vita Premium Black Edition、ヤマハ プリアンプ C-5000、パワーアンプ M-5000、カクテルオーディオ ネットワークトランスポート X50Pro
●世界映画Hakken伝 RETURNS
●SSオーディオ名盤 洋楽ポップス編 レビューA
●from Readers
●from Editors


この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品