TOPページ > ステレオサウンド書店 > 定期誌 > HiVi 2014年9月号

HiVi 2014年9月号

販売価格1,100円(税込)

[5ポイント進呈 ]

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

商品イメージ
商品イメージ
拡大 Prev Next

発売日:2014年8月16日
雑誌コード:17511-09

---------------------------------

 酷暑と台風のせいで、今年の夏は例年以上の厳しさの中、みなさんいかがお過ごしですか? ムシムシ、ジメジメの夏にはもううんざりという方がほとんどだと思いますが、そんな時期にこそAV鑑賞が相応しいことでしょう。涼しい部屋で、愛視聴盤をじっくり再生して、パッケージソフトに込められた感動を味わいつくしたいものですね。

 さて、8月16日発売のHiVi9月号の巻頭は、話題の「ドルビーアトモス」の詳報第二弾の特集が飾ります。HiViの前月号(8月号)で、ドルビーアトモスとは何なのか、業務用と家庭用の違いとは、スピーカーの設置はどうすればいいのか、対応の製品はどうなるのか……様々な疑問に対する解答を余さずに紹介しましたが、今回は、ついに家庭用アトモスのサウンドリポートをお届けします。家庭用ドルビーアトモスのサラウンド表現はいかなるレベルに達しているのか、その驚異的実力の一端が明らかに! 正式な規格発表は本誌発売時点では行なわれていませんが、現在判明しているドルビーアトモスの情報をすべて整理した、全力投球の特集企画となりました。乞うご期待!

 ドルビーアトモスと並んで力を入れた特集が「愛視聴盤 再生の極意」と題したソフトの視聴リポートです。ここではAVを愛する7人に愛視聴盤を持ち寄ってもらい、最高の感動を獲得すべく様々なトライアルを実施しています。話題の「アナと雪の女王」から宮崎駿監督「風立ちぬ」まで、洋画/邦画/アニメを問わず豊富なヴァリエーションで各自のこだわりを貫いた入魂の視聴リポートに仕上がっています。目からウロコの再生のテクニック/コツにもぜひご注目を!

 この「愛視聴盤 再生の極意」企画は、いわば再生側からのこだわり(=愛)を表現したページなのですが、HiVi9月号では作り手側の思いがたっぷり詰まった記事もたっぷり掲載しています。実写邦画興行収入歴代6位というメガヒットを記録した映画「永遠の0」の山崎貴監督、そして話題のアニメーション「スペース☆ダンディ」の佐藤大さん&佐武宇綺さんのコンビに、HiVi視聴室にお越しいただきました。作り手としてのこだわりが最新のハードウェアで再生した時にどのように表現されていたのでしょうか? 必見です。

 ところで、8月号でお届けした13機種のAVセンターの徹底テストいかがでしたか? 先日、その記事をご覧になった方から、「兄弟モデルでのパフォーマンスの違いは価格差ほどありますか?」という質問が編集部に届きました。確かにそれは大問題だよな、ということで、AVセンター、液晶プロジェクター、BDプレーヤーなどの多彩なジャンルによる9つのガチンコ兄弟対決を実行しました。同じような顔つきで同じような機能を備えた兄弟モデルは果して価格差ほどの品位の違いはあるか? 9つの興味深い結論が獲得できました。番外篇として、プラズマテレビと4K液晶テレビの異種対決も実施。気になるモデルの対決企画の決定版となりました。

 そのほか、潮晴男さんによる人気企画「AVルームクリーニング大作戦」や、自腹購入製品をなぜ買ったのか、その理由を明らかにした「買ってよかった! わが愛機の購入理由はコレだ!」など小特集も盛り沢山。新製品速報として、ヤマハのアベンタージュシリーズの新製品RX-A1040/A840、プライマーの高級AVセンターの2機種SPA23/SS33、KEFのスピーカーシステムTHE REFERENCEシリーズ、シャープの新型4KテレビU20シリーズの紹介リポートをお届けします。

 製品レビューでは、LGの4Kテレビ 65UB9800を始めとして、ソニーのBDプレーヤーBDP-S6200、ヤマハのサウンドプロジェクターYSP-2500、スフォルツアートのネットワークプレーヤーDSP-05、ブロッドマンのスピーカーシステムF2、マランツのUSB-DAC内蔵プリメインアンプPM7005、ケンブリッジオーディオの単体D/Aコンバーター、アズール851Dをお届け。製品の本質にグッと迫る、パフォーマンスチェックを、ジャンルを問わず実施しました。

 今月も徹底取材に基づく入魂企画満載、新製品の内容充実、ソフト愛たっぷりのHiVi9月号は8月16日土曜日発売です。お楽しみに!

---------------------------------

CONTENTS

FEATURE

●第1特集 全貌が見えてきたドルビーアトモス
 ・最速体験1 デノン AVR-X4100W 山本浩司
 ・最速体験2 パイオニア SC-LX58 麻倉怜士
 ・最新情報 ここまでわかった! ドルビーアトモス
 ・決意表明 ドルビーアトモスへの大いなる期待 小原由夫/亀山信夫
●第2特集 愛視/聴盤 再生の極意
 ・Chapter 1 「アナと雪の女王」 麻倉怜士
 ・Chapter 2 「ラッシュ/プライドと友情」 小原由夫
 ・Chapter 3 「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」 山本浩司
 ・Chapter 4 「ブレードランナー ファイナルカット」 高津修
 ・Chapter 5 好録音をパッケージした良質ハイレゾファイル 和田博巳
 ・Chapter 6 「宮崎駿監督作品集」 藤原陽祐
 ・Chapter 7 「TOTO 35周年 アニヴァーサリー・ツアー ライヴ・イン・ポーランド2013」 潮晴男
●第3特集 ガチンコ対決 白黒つけます!!
 気になる兄弟モデルのクォリティ勝負 小原由夫/藤原陽祐/鳥居一豊/吉田伊織
 ・対決1 東芝50Z9X vs パイオニアPDP-5000EX
 ・対決2 ソニーVPL-HW55ES vs VPL-HW35ES
 ・対決3 オッポ BDP-105DJP vs BDP-103DJP
 ・対決4 パナソニックDMR-BXT970 vs DMR-BXT870
 ・対決5 デノンAVR-X2100W vs AVR-X1100W
 ・対決6 オンキヨーTX-NR838 vs TX-NR636
 ・対決7 パイオニアVSA-1124 vs VSA-824
 ・対決8 ソニーSTR-DN1050 vs STR-DN850
 ・対決9 ヤマハRX-V577 vs RX-V477
 ・対決10 アステル&ケルンAK100 vs AK100 IIvs AK120 II

INTEREST

・山崎貴監督と観る「永遠の0」
・佐藤大、佐武宇綺と観る「スペース☆ダンディ」
・待望のBD化! ピーター・ウィアー初期監督作品 堀切日出晴
・秋の新製品速報
 シャープ4K液晶ディスプレイ LC-50U20、LC-40U20、
 プライマー コントロールAVセンター SP33、AVセンター SPA23、
 ヤマハ AVセンター RX-A1040、
 KEF スピーカーシステム The Refereceシリーズ
・パイオニアから新型BDプレーヤーデビューか?
・潮晴男のAVルーム クリーニング大作戦 Mission53 小寺克英さん
・買ってよかった! わが愛機の導入理由はこれだ!! 小原由夫/山本浩司

CONTINUITY

・4Kヘの道程 藤原陽祐
・ブランドの神髄 STAX 藤原陽祐
・連載・いい音で聴け! 和田博巳
・ハイレゾ時代の至高体験を求めて 最終回 山本浩司
・目指せ! リミットパフォーマンス 木村雅人
・NEW ARRIVALS
・HiVi アクセサリーセミナー DVDO iScan mini
・HiVi’s Trash
・from Editors

---------------------------------

◆お詫びと訂正

HiVi2014年9月号の記事中に誤りがありました。

21ページ、デノンAVR-X4100Wの価格
誤:¥160,000+税
正:¥150,000+税

これは編集部の校正ミスであり、読者の皆様及び関係各位にご迷惑をおかけしたことをお詫びするとともに、ここに訂正いたします。(編集部)

この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品