TOPページ > ステレオサウンド書店 > 書籍 > 新レコード演奏家論

新レコード演奏家論

著者:菅野沖彦
発売日:2017年9月30日(重版)
※本書は、2005年5月に発売したものです。
ISBNコード:978-4-88073-123-0
ステレオサウンドの書籍はこちらから

販売価格2,571円(税込)

[12ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

商品イメージ
商品イメージ
拡大 Prev Next

オーディオこそが理想的な音楽鑑賞を可能にする。
半世紀にわたりオーディオ評論の第一線で活躍する著者の集大成となる待望の書き下ろし。


レコード演奏家は
音楽に生命を与える能動的な表現者だ。
記録された音楽を自分のオーディオシステムで、
忠実に、かつ、納得する音を求めて
演奏するのである。


CONTENTS
■序文

■レコード演奏家論
○第一章 レコード演奏家とは
○第二章 ハイファイと原音再生
○第三章 録音再生の論理
○第四章 レコード再生の現実
○第五章 レコードの独自性の認識
○第六章 複製芸術としてのレコードの認識
○第七章 音楽的な忠実性
○第八章 再生の自由と責任
○第九章 再生音楽の芸術性
○第十章 演奏解釈ということ
○第十一章 生演奏とレコード
○第十二章 受け手と表現手の各ステージ
○第十三章 純粋抽象世界のオーディオの価値
○第十四章 レコード制作家とは
○第十五章 レコードと楽譜、オーディオ機器と楽器
○第十六章 ジャズの録音再生
○第十七章 趣味の道具
○第十八章 日本のオーディオ界の現状
○終わりに

■インタビュー レコード演奏家としての70年
■あとがき

おすすめ商品

菅野レコーディングバイブル(SACD/CD)

販売価格 4,937円(税込)

レコーディング史に燦然と輝く菅野レコーディングのすべて!

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

菅野沖彦レコーディング・コレクション(4枚組CD BOXセット)

販売価格 15,120円(税込)

XRCG-30025〜28 オーディオ評論の重鎮・菅野沖彦氏は、1970年代を中心に録音エンジニアとして活躍され、氏が手がけた「菅野録音」と呼ばれる数多の傑作レコードは、今でも多くのマニアの間で愛聴されている。このCDには、そんな菅野録音のなかでもとくに聴き応えがあり、オーディオマニアとして取り組み甲斐のある作品を収録している。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

菅野沖彦レコーディング・コレクション Part 2 (6枚組CD BOXセット) XRCG-30029〜34

販売価格 19,440円(税込)

XRCG-30029〜34
1970年代に、精力的な活動を繰り広げた「録音家」菅野沖彦氏。その優れた作品をXRCD 24とHRカッティングという最新技術を用いて現代に蘇らせた完全限定品の第2弾。収録曲は、宮沢明子によるモーツァルトのピアノ・ソナタ(全集)。通常CD6枚組 BOXセット+48ページの豪華ブックレットという構成で、菅野録音の世界をじっくりとお楽しみください。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

REFERENCE RECORD 第4集:オール・アバウト・ジャズ・サウンド (CD) SSPH-3004

販売価格 3,086円(税込)

SSPH-3004 菅野沖彦:選曲・構成 エマーシー/マーキュリー・レーベルのジャズの集大成

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み


この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品