SUMMER FAIR 2021
サマーフェア開催中! 〜7/31まで

TOPページ > ステレオサウンド書店 > ステレオサウンド No.217 2021年 WINTER

ステレオサウンド No.217 2021年 WINTER


■発売日:2020年12月10日
■雑誌コード:65482-83
■ISBNコード:9784880734545

ステレオサウンドのバックナンバーはこちら
Fujisan.co.jpで“月額(都度)払い”で購読

★書店店頭在庫は下記よりご確認いただけます。
書店店頭在庫検索ページ一覧

★電子版は下記よりご確認いただけます。
電子版取扱先一覧

販売価格2,640円(税込)

[12ポイント進呈 ]

紙版売り切れ/電子版のみお求めいただけます。

入荷お知らせメール
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

商品画像

商品画像
商品画像
拡大 Prev Next

ステレオサウンドNo.217は本誌恒例の2大特集、「ステレオサウンドグランプリ」と「ベストバイコンポーネント」を中心に、特別企画「誌上 東京インターナショナルオーディオショウ2020 開幕」、平間 至氏(写真家)のリスニングルーム訪問記事など、盛りだくさんの内容でお届けいたします。表紙を飾るのは、カナダ東部のモントリオールで開発・設計され、福島県白河市で生産される、CLASSÉ(クラッセ)のプリアンプDelta PreとパワーアンプDelta Monoです。

ステレオサウンドグランプリ
Stereo Sound Grand Prix 2020

その年に新発売されたすべてのオーディオ製品を選考対象とする「ステレオサウンドグランプリ」。オーディオ評論家5名に本誌編集部代表2名(2名で1票)を加えた計7名(6票)の選考委員による投票と討議により、今年は計34機種がステレオサウンドグランプリを受賞し、そのなかから決選投票によって選定された1モデルが栄えあるゴールデンサウンド賞に輝きました。今年新発売されたオーディオ機器にはどのような傾向や特徴があるのか。受賞した34機種のオーディオ機器の特筆すべき魅力は何か。そして、2020年最高のオーディオ機器は何か。それらの答えが明らかとなります。

ジャンル別・価格帯別
2020-2021 ベストバイコンポーネント 559選
本誌「ベストバイコンポーネント」は、前年のベストバイに選定され、本年12月時点で販売を継続している製品と、この一年間に登場した新製品を選考対象とし、選考委員6名の得点投票によって、それらをジャンル別・価格帯別にランキングする企画です。それに加え今年新たに「ベスト・オブ・ベストバイ」の選出も行ないました。これは、6名の選考委員が自ら3点を投票したすべての製品(ひとり最大26機種)のなかから、「ベストバイ中のベストバイ」と認められる製品を1機種だけ選出する企画です。順位や合計得点だけでなく、各選考委員の配点やコメント文、そして「ベスト・オブ・ベストバイ」も参考にして、ご自身の希望に沿うオーディオ機器を見つけるためのガイドとしてご活用ください。

そのほかの注目記事
@残念ながら開催中止となった今年の東京インターナショナルオーディオショウに出品予定だった注目製品を出展社別にご紹介する「誌上 東京インターナショナルオーディオショウ2020 開幕」。 Aミュージシャンのポートレート撮影、タワー・レコード「NO MUSIC, NO LIFE」の広告撮影、CDジャケット撮影などで活躍している写真家・平間 至氏のリスニングルームと写真館を訪問した「写真家・平間 至 レコード・オーディオ・楽器三昧の日々」。 B魅力的なオーディオ機器の開発に携わったエンジニアやプロジェクトリーダーに、製品開発に込めた熱き想いや目指した目標、開発過程の苦労話などを語っていただく連載「つくりては語る」の第5回。今回ご登場いただくのは、デノン、DSオーディオ(以上、日本)、マージング・テクノロジーズ(スイス)の製品開発責任者です。 C「ステレオサウンドグランプリ2020」を受賞した15モデルを含む、この冬最注目の新製品を詳しくご紹介する「Exciting Components」「New Components Review」

(ステレオサウンド編集部)

CONTENTS
決定! ステレオサウンドグランプリ
STEREO SOUND GRAND PRIX 2020

小野寺弘滋/傅 信幸/三浦孝仁/柳沢功力/和田博巳
原田 勳(本誌編集主幹)/染谷 一(本誌編集長)

CRITICS' APPLAUSE


特集
ジャンル別・価格帯別
2020-2021

ベストバイ・コンポーネント559選
小野寺弘滋/傅 信幸/黛 健司/三浦孝仁/柳沢功力/和田博巳

私の「ベスト・オブ・ベストバイ」
選出方法について
●スピーカーシステム───132機種
●デジタルディスクプレーヤー───49機種
●デジタルディスクトランスポート───11機種
●D/Aコンバーター───33機種
●デジタルファイルプレーヤー───14機種
●プリアンプ───44機種
●パワーアンプ───65機種
●プリメインアンプ───48機種
●アナログプレーヤー───24機種
●フォノカートリッジ───36機種
●フォノイコライザーアンプ───32機種
●その他のコンポーネント───41機種
●サウンドアクセサリー───30機種


特別企画
誌上「東京インターナショナルオーディオショウ2020」開幕
Part1  日本インターナショナルオーディオ協議会インタビュー
    西川英章 会長、鈴木雅臣 事務局長    構成・聞き手 宮下 博
Part2  出展全34社の今冬の注目製品紹介


写真家・平間 至 レコード・オーディオ・楽器三昧の日々   高橋健太郎

ドキュメンタリー映画『音響ハウス M e l o d y - G o - R o u n d』を巡って
大貫妙子 Interview    構成 伊藤隆剛/聞き手 編集部

連載 レコード芸術を聴く悦楽   岡崎哲也

連載 つくりては語る
●デノン 山内慎一氏 ――― 構成・聞き手 黛 健司
●DSオーディオ 青柳哲秋 氏 ――― 構成・聞き手 和田博巳
●マージング・テクノロジーズ ドミニク・ブルーハート 氏 ――― 構成・聞き手 三浦孝仁

連載 聴く鏡   菅原正二
連載 続・ニアフィールドリスニングの快楽   和田博巳
連載 日本エンジニア列伝 吉田 保 氏   構成・伊藤骰п^聞き手・編集部

タワーレコード×ステレオサウンド協業
SACD/CDハイブリッド盤 年末年始に続々リリース!
スペクトラム5作品/喜多郎4作品/橋真梨子5作品
※上記作品はステレオサウンドストアでもご購入いただけます。
タワーレコード×ステレオサウンド 作品ラインナップ

ベルリン・フィル・レコーディングス、キリル・ペトレンコとの初ボックスセットが登場   宮下 博
詳細はこちら


冬の新着モデル徹底試聴
Exciting Components
●CHプレシジョン = L10 ――― 小野寺弘滋
●イプシロン = PST100mk2 SE ――― 柳沢功力
●プレイバック・デザインズ = SPA8 ――― 三浦孝仁
●ジェフ・ロゥランド = Model 735 ――― 傅 信幸
●ラックスマン = L595A Limited ――― 小野寺弘滋
●DSオーディオ = Grand Master Cartridge / Grand Master Equalizer ――― 三浦孝仁
●JBL = 4349 ――― 小野寺弘滋

New Components Review 2021 WINTER
 話題の新製品を聴く
 小野寺弘滋/高津 修/傅 信幸/黛 健司/三浦孝仁
 宮下 博/柳沢功力/山本浩司/和田博巳

SOUND SCOPE   小野寺弘滋/土方久明/三浦孝仁
試聴ディスク一覧
SS Information
SS Sound Accessory Information


連載 SS NEW MUSIC GUIDE & ESSAY for Audiophiles
 クラシック=東条碩夫/宮下 博/諸石幸生
 ポピュラー=小林慎一郎/和田博巳

連載 名盤深聴   高橋健太郎
連載 名曲が染みる   小林慎一郎
連載 名曲には理由がある   舩木篤也
エソテリックSACD名盤復刻シリーズ、今季も3作品を発売   宮下 博
タワーレコード×ソニー・クラシカル、セルなどSACD化   宮下 博
ゲルギエフの「春の祭典」が世界初LP化
小林和男著「希望を振る指揮者 ゲルギエフと波乱のロシア」ロシア語版序文紹介
連載 音楽の誘拐   許 光俊
ステレオサウンド アナログレコードコレクション
 『歌姫/中森明菜』LPで登場
歌姫/中森明菜の商品ページはこちら

※本誌記載の製品価格は、原則としてメーカー、輸入商社の希望小売価格(税別)です。なお、各社の価格改訂等により、弊誌発売時に製品価格が変更されている場合があります。詳しくは各発売元にお問い合せください。


この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品