TOPページ > ワイン王国書店 > ワイン王国 No.116 2020年5月号

ワイン王国 No.116 2020年5月号

NEW!!


■発売日:2020年4月3日
■雑誌コード:19815-05
■JAN:4910198150509
ワイン王国のバックナンバーはこちらから
Fujisan.co.jpで“月額払い”で購読

販売価格1,650円(税込)

[8ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

商品画像

商品画像
商品画像
拡大 Prev Next

【特集】いま買いやすい ボルドー格付けワイン33本

年々高騰している「ボルドー格付けワイン」。飲んでみたい気持ちはあるものの、価格的になかなか手が出ないという人も多いでしょう。しかし、探してみれば高品質で価格が控えめな掘り出し物はたくさんあります。今回は比較的お手ごろ価格で、かつ市場に流通しており、今すぐ飲んでも美味しいという三つの視点で、33本を厳選しました。買って後悔しないボルドー格付けワインを紹介します。


■ハレの日に行きたいレストラン「アサヒナガストロノーム」

王道のクラシックが登場!
場所は日本橋兜町。2018年のオープンからわずか1年程で『ミシュランガイド』1ツ星を獲得。新たな名店として美食家たちから高い評価を受けています。「シャトーレストラン ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション」で6年間料理長を務めた朝比奈悟シェフと、「ロアラブッシュ」「銀座レカン」で研鑽を積んだ吉田康祐シェフソムリエにインタビュー、骨太フレンチレストランの魅力を探りました!


【現地取材】世界がたたえるトスカーナワイン

トスカーナ・ワインと聞いて何をイメージするでしょうか。長い歴史を受け継ぐ伝統的なワイン、革新的な造り手の登場、数多くの土着品種、フードフレンドリーなワイン……静と動、新と旧が入り混じったイメージは、トスカーナならではの特徴の一つです。2月、新ヴィンテージのお披露目イベント「アンテプリマ・ディ・トスカーナ」を訪れ、魅力溢れるトスカーナ・ワインの今を取材しました。


■ロゼ☆メンズのキラキラ法則 Part2

ロゼワインを愛するロゼメンズが集結! ソムリエの田邉公一氏、近藤佑哉氏に加え、話題の俳優・ダンサー 大貫勇輔氏を迎えました。海外でも人気の「居酒屋料理」とロゼワインのペアリングを3人が徹底検証します。桜の季節だけでなく1年中楽しめるロゼワイン。ソムリエが紹介するマリアージュ法則で、居酒屋やバルで気軽にロゼ活を始めてみませんか?


■お酒が飲めても、飲めなくてもワインを楽しむ!!
 広がるノン・アル、低アルワイン


若い世代を中心に、世界的にノン・アルコール、低アルコール飲料のニーズが高まっています。健康や美容を意識して、あえてアルコールを飲まない人が増えてきており、日本でもノン・アルコール市場は10年前と比較して4倍以上という調査結果もあります。今注目のノン・アル&低アルワインの可能性を紹介します。


■冷ワイン! ひんや〜りが美味しいワイン、カクテル風が楽しいワイン!

日ごとに日差しが強くなり、ちょっと動くと汗ばむ季節。心と体をやさしくうるおしてくれる「冷やして楽しむワイン=冷ワイン」がお勧めです! ロックスタイルやフルーツを使ったカクテルなど、楽しいアレンジを、ソムリエの本多康志氏が披露します。


■プロに聞くワインセラー選びの極意

春から始まる新しい暮らし! 初めての一人暮らしや転勤などの引っ越し、冬から春仕様への模様替えなど4月は新生活がスタートする時期です。わくわくする家電選び。 洗濯機に掃除機、冷蔵庫……そして私たちワイン愛好家にとって欠かせないのがワインセラーです。ボトルを立ててディスプレイできるセラーや、横置きでエチケットをしっかり見せる機種、ワインレッドやアーモンドホワイト、高級感あるステンレスフレームなどカラーバリエーションも豊か。新生活は、とっておきのワインとワインセラーで始めませんか?


■スペインDOウティエル・レケーナ
 和食との相性で知る滋味深いボバルの魅力


スペインの原産地呼称 DOウティエル・レケーナを代表する土着品種、ボバル。海あり山あり、お米の産地でもあるバレンシア県の食文化は、日本の和食に通じるところがあります。「銀座 スリオラ」シェフソムリエの菊池貴行氏をテイスターに迎え「旬菜 おぐら家」の和食との相性から、今後注目が期待されているボバルの可能性を探ります!


■5ツ星探求 ブラインド・テイスティング 1000円台で見つけた「ロゼワイン」

今回のテーマは、春にぴったりのロゼワイン! フランスでは、白ワインの消費量を上回るほど人気です。いろんな食事に合うので、デイリーにもプレゼントにも大活躍。ソムリエ4人が世界のロゼワインをブラインド・テイスティングし、その中で厳選した30本を紹介します。

電子版 読み放題「dマガジン」にて、特別限定付録「編集部が実践! 5ツ星ワイン&料理 “ダントツこれ合う!”」を公開中!!
dマガジンはこちら



■第13回 帰ってきた!イサオとクミコのあっ!ビナメント

イタリアワインと食のペアリング探求で人気の“イサオとクミコ”の第2シーズン連載。第13回は、広尾の「鉄板焼き 見」の料理と、イタリアワインの可能性を探りました!


Aperitif 1 「大人になってから目覚めた、遅咲きのワイン愛」菊地成孔
Aperitif 2 「“グラス片手に執筆”が私のスタイル」金原ひとみ
Aperitif 3 「人生の節目に、いつもワインがある」堀内進之介



■第20回 「ロングパートナー オルカ・インターナショナル ウッドワード・キャニオン(ワシントン)」
■第29回 宮嶋勲のそうだ、京都でワイン「天ぷら 八坂 圓堂」
■最終回 「新生 NIKI Hillsワイナリーの挑戦」舟津圭三


Twinkle Line
FACES
WK Library
ワイン王国お勧めショップ





この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品