TOPページ > ステレオサウンド書店 > HiVi 2020年4月号

HiVi 2020年4月号


■発売日:2020年3月17日
■雑誌コード:17511-04
■JAN:4910175110403
HiVi(ハイヴィ)のバックナンバーはこちらから
Fujisan.co.jpで“月額払い”で購読

販売価格1,320円(税込)

[6ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

商品画像

商品画像
商品画像
拡大 Prev Next

HiVi4月号の特集は、「ゼロから考える、オーディビジュアル」。本ページをご覧の方々は、すでに趣味としてのオーディオビジュアル製品を所有されていることでしょう。だからこそ、あえてゼロベースで現在のオーディオビジュアルを見つめ直していただきたい、というのが本特集の趣旨です。

例えば「ストリーミング」。Netflixのドラマや映画、ハイレゾ音源のストリーミングサービスの開始などは、特にオーディオビジュアルの趣味人が注目すべき新たな動きと言えるでしょう。どちらも、これまでもこれからも興味がない、というスタンスではあまりにもったいないというわけです。

とはいえ、これまでもこれからも気になる4Kテレビ。東京オリンピック直前のこのタイミングで、「2020の高画質テレビ選び」も入念にご紹介します。

どんなソース/サービスでどんな作品を観るか? 聴くか? それに応じて最適な選択が多様に考えられる、そういった時代が到来しています。本特集ではその一環で「アクティブスピーカー」にも注目しました。これらを、既成概念にとらわれない選択の一助にしていただければ幸いです。



↑まずは気になる「8Kテレビ」の動向を。ソニーのKJ-85Z9Hを8pにわたって徹底的にレビュー

↑東京オリンピックを控えた今、大型テレビの購入を考えている方も多いのでは? そこで、おさえておくべき「高画質テレビ選びの極意」を紹介。リビングで使うのに最適なモデルは? 動きの激しいスポーツ観戦を中心に考えるなら? 低遅延でゲームを楽しむなら? など用途別に7つのケースを掲載



↑オリンピックを観るならば4K放送の受信は準備したいところ。改めて4K/8K衛星放送の受信方法も紹介

↑オーディオ面で注視すべきは、2020年もやはり「イマーシブ・オーディオ」。ドルビーアトモスなどの基本概念を復習するとともに、「ドルビーアトモス ミュージック」の試用レポートなどをお届けする



↑音楽も映画も「ストリーミング」で楽しむべきものが多数。Netflixはもちろん、海外のHBO Maxの動きにも注目

↑現在「ゼロから」スピーカー選びをするなら、アクティブスピーカーは有力な候補になる。ここではスタジオの定番ジェネレックを例に、ホームオーディオでの活用方法を検討していく



↑テレビがNetflixなどの再生機にもなる昨今、その横にスピーカーを置くだけでも立派なAVシステムになる。薄型テレビにマッチする置き方の検討は連載「高画質テレビを活かすステレオAVシステム」にて



CONTENTS
特集 ゼロから考える、オーディオビジュアル
●2020の高画質テレビ選び
●イマーシブ・オーディオ
●ストリーミング
●アクティブスピーカー

●ソニー初の8KテレビKJ-85Z9H、その全貌に迫る

●高画質テレビを活かす、ステレオAVシステム
●DELA S100&D100導入記
●僕がFIBBRを使うワケ
●ショップが語るイクリプスの魅力〜後編
●変革の年! 第92回アカデミー賞

●from Writers
●ホームシアターFAQ Revisited
●Roonの教科書
●新4K8K衛星放送がやって来る
●New Products Review
 プリメインアンプ アキュフェーズ E-800
 スピーカーシステム マジコ A1
 ワイヤレススピーカー LUXMAN B-sidef arro studio Collection S5
 サウンドバー デノン DHT-S216
●今月の最新News
●世界映画Hakken伝RETURNS
●Stereo Sound REFERENCE RECORD 聴きどころ紹介K
●from Readers
●from Editors




この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品