TOPページ > ステレオサウンド書店 > 定期誌 > StereoSound > ステレオサウンド No.221 2022年 WINTER

ステレオサウンド No.221 2022年 WINTER

販売価格2,640円(税込)

[12ポイント進呈 ]

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

商品画像

商品画像
商品画像
拡大 Prev Next


■発売日:2021年12月13日
■雑誌コード:65482-87
■ISBNコード:9784880734705

ステレオサウンドのバックナンバーはこちら
Fujisan.co.jpで“月額(都度)払い”で購読

★書店店頭在庫は下記よりご確認いただけます。
書店店頭在庫検索ページ一覧

★電子版は下記よりご確認いただけます。
電子版取扱先一覧



ステレオサウンドNo.221は本誌冬号恒例の2大特集、「ステレオサウンドグランプリ」と「ベストバイコンポーネント」を中心に、注目新製品の詳報記事やオーディオメーカーの取材記事など、年末号らしい盛りだくさんの内容でお届けいたします。巻頭には、読者諸兄の投票によって決定される創刊55周年記念企画「オーディオの殿堂」(2022年6月発売224号で発表予定)の告知記事を掲載しています。実施要項をご確認のうえ、ふるってご参加ください。表紙を飾るスピーカーは英国B&Wの801D4。前作800D3から約5年ぶりにリニューアルされた新800D4シリーズのトップモデルです。

ステレオサウンドグランプリ
Stereo Sound Grand Prix 2021

その年に新発売されたすべてのオーディオ製品を選考対象とする「ステレオサウンドグランプリ」。オーディオ評論家5名に本誌編集部代表2名(2名で1票)を加えた計7名(6票)の選考委員による投票と討議により、今年は計28機種がステレオサウンドグランプリを受賞し、そのなかから決選投票によって決定された1モデルがゴールデンサウンド賞に輝きました。2021年に新発売されたオーディオ機器にはどのような傾向があるのか。受賞した28機種のオーディオ機器にはどのような魅力があるのか。そして、2021年最高のオーディオ機器はどの製品なのか。それらの答えが明らかとなります。

ジャンル別・価格帯別
’21→’22 ベストバイコンポーネント 563選
本誌の「ベストバイコンポーネント」は、前年のベストバイに選定され本年12月時点で販売を継続している製品と、この一年間に登場した新製品を選考対象とし、選考委員6名の得点投票によって、それらをジャンル別・価格帯別にランキングする企画です。今年は計563機種のオーディオ機器が選出されました。順位や合計得点だけでなく、各選考委員の配点やコメント文なども参考にして、ご自身の希望に沿うオーディオ機器を見つけるためのガイドとしてご活用ください。

そのほかの注目記事
@B&W新800D4シリーズ全5モデルをはじめ、この冬最注目の新製品を詳報する「New Big Sound」「Exciting Components」
AJBL創業75周年記念モデル「SA750」をトム・メッツガー社長が自らジャズ喫茶「ベイシー」に納品。その様子を店主の菅原正二さんが詳細にリポート!
Bいま注目すべき最新オーディオ機器の開発に携わったエンジニアやプロジェクトリーダーに、製品開発に込めた熱き想いや目指した目標、開発過程の苦労話などを語っていただく連載「つくりては語る」。今回登場するのはラックスマンとテクニクスの製品開発責任者/設計者の方々です。
C昨年から日本への輸入が再開された、スイス屈指のハイエンドオーディオブランド「ゴールドムンド」を新CEOの発言や生産現場の写真を交えてご紹介する「スイスの名門、ゴールドムンドの先進性」
D前号からスタートした千葉雅也氏の連載「オーディオ存在論 失われた音を求めて」の第2回。
E日本各地のオーディオショップを訪問し、その店のコンセプト、展示スペース、取扱い製品といった基本情報に加え、販売担当者の愛聴盤・推薦盤もご紹介する連載「オーディオショップ探訪」。第4回は、神奈川県小田原市のヴィンテージオーディオ専門店「アトリエJe-tee」と、東京・目黒区の学芸大学駅近くに店舗を構えるハイエンドオーディオ店「ホーム商会」です。

(ステレオサウンド編集部)

CONTENTS

決定! ステレオサウンドグランプリ
STEREO SOUND GRAND PRIX 2021

小野寺弘滋/傅 信幸/三浦孝仁/柳沢功力/和田博巳
原田 勳(本誌編集主幹)/染谷 一(本誌編集長)

CRITICS' APPLAUSE

告知 創刊55周年記念企画「オーディオの殿堂」

特集
ジャンル別・価格帯別 '21→'22
ベストバイ・コンポーネント563選
小野寺弘滋/傅 信幸/黛 健司/三浦孝仁/柳沢功力/和田博巳

選出方法について
●スピーカーシステム───138機種
●デジタルディスクプレーヤー───44機種
●デジタルディスクトランスポート───10機種
●D/Aコンバーター───31機種
●デジタルファイルプレーヤー───17機種
●プリアンプ───49機種
●パワーアンプ───67機種
●プリメインアンプ───45機種
●アナログプレーヤー───25機種
●フォノカートリッジ───41機種
●フォノイコライザーアンプ───30機種
●その他のコンポーネント───38機種
●サウンドアクセサリー───28機種


NEW BIG SOUND
B&W = 801D4/802D4 ――― 三浦孝仁
B&W = 803D4/804D4/805D4 ――― 黛 健司
ブルメスター = 159 ――― 小野寺弘滋

私、プリメインアンプの味方です
トム・メッツガー社長、SA750をジャズ喫茶「ベイシー」に納品!   菅原正二

連載 レコード芸術を聴く悦楽   岡崎哲也


連載 つくりては語る
 ラックスマン 末吉達哉氏/児玉正博氏/古木邦彦氏/長妻雅一氏/田村通浩氏 ――― 聞き手・構成 三浦孝仁
 テクニクス 井谷哲也氏/水俣直裕氏/北戸英理氏 ――― 聞き手・構成 和田博巳

スイスの名門、ゴールドムンドの先進性――― 小野寺弘滋

2021東京インターナショナルオーディオショウリポート   宮下 博

スピーカー調整記 新たに発覚したリスニングルームの問題   黛 健司

連載 聴く鏡   菅原正二
連載 オーディオ存在論   千葉雅也
連載 続・ニアフィールドリスニングの快楽   和田博巳
連載 日本エンジニア列伝 浜田純伸氏   構成・伊藤骰п^聞き手・編集部
連載 オーディオ・ショップ探訪 アトリエ Je-tee/ホーム商会   山之内 正

冬の新着モデル徹底試聴
Exciting Components
●パラダイム = Founder 120H ――― 小野寺弘滋
●アキュフェーズ = C2900 ――― 小野寺弘滋
●イプシロン = Phaethon ――― 柳沢功力

速報 CHプレシジョン = D1.5 ――― 三浦孝仁
New Components Review 2022 WINTER
話題の新製品を聴く
小野寺弘滋/高津 修/傅 信幸/黛 健司/三浦孝仁
柳沢功力/山本浩司/和田博巳

SOUND SCOPE   山本浩司
SS HOT NEWS   三浦孝仁
試聴ディスク一覧

連載 SS NEW MUSIC GUIDE & ESSAY for Audiophiles
クラシック=東条碩夫/宮下 博/諸石幸生
ポピュラー=小林慎一郎/和田博巳

連載 名盤深聴   高橋健太郎
連載 名曲が染みる   小林慎一郎
連載 名曲には理由がある   舩木篤也
エソテリックSACD名盤復刻シリーズ、今季は一挙4作品を発売   宮下 博
SS Information
SS Sound Accessory Information
LPレコード『クロスオーバー黄金時代 1977〜1987 FUSION』制作中   小原由夫
連載 音楽の誘拐   許 光俊
第27回 日本プロ音楽録音賞 受賞作品決定


この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品