閉じる
会員様情報
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様
利用可能ポイント
{@ member.total_points @}ポイント
line

NEWS

  • 2024.4.11
    5,000円以上のお買上で送料無料! 春のいい音発見キャンペーン開催中
会員様情報
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様
利用可能ポイント
{@ member.total_points @}ポイント
line

CATEGORY

NEWS
  • 2024.4.11
    5,000円以上のお買上で送料無料! 春のいい音発見キャンペーン開催中
  • New!

ステレオサウンド No.230 2024年 SPRING

販売価格 ¥ 2,640 税込
[ 24 ポイント進呈 ]

■発売日:2024年3月5日
■仕様:B5平綴・386ページ
■雑誌コード:65482-96
■JAN:9784880735122


ステレオサウンドNo.230の特集は、「ブラインドフォールド試聴で探る小型スピーカーの魅力」と、「ハイエンド・プリメインアンプ一斉試聴」の2本をお送りします。

その他、デビュー40周年となるミュージシャン・音楽プロデューサーの小室哲哉氏からオーディオと音楽についてお話を伺った特別インタビュー記事や、特に注目すべき最新コンポーネントを詳しく解説する「NEW BIG SOUND」など、魅力満載の1冊となっています。

表紙を飾る製品は、スイス・ジュネーブに本拠を置くハイエンドブランド、ゴールドムンドの最新プリアンプMimesis Referenceと、モノーラルパワーアンプTelos 1800です。

特集1
ブラインドフォールド試聴で探る
小型スピーカーの魅力

本誌でのオーディオ機器の評価は音質だけではなく、デザインや仕上げ、操作感、技術的内容など、あらゆる面から総合的に判断しています。しかし今回はあえてサウンド面に特化した、ブックシェルフ型スピーカーのブラインドフォールド試聴を行ないました。本誌でのブラインドフォールド試聴の実施は、アンプを取り上げた172号(2009年秋号)以来、スピーカーとしては今から55年前の10号(1969年春号)以来です。
試聴モデルは、229号の「ベストバイコンポーネント2023~2024」選出モデルを中心とした計21機種。ペア30万円~80万円未満と、80万円~160万円台という価格帯で2つのグループに分け、各組2名、計4名のオーディオ評論家にブランド/モデル名といった情報を伝えず、目隠しをした状態で試聴していただきました。音だけを頼りに魅力について語っていただいた、モデル名を明かす前の試聴直後の対談と、モデル名を明かした後に執筆いただいた試聴後記から、これまで気づかなかったような新たな魅力発見のストーリーをお楽しみください。

特集2
ハイエンド・プリメインアンプ一斉試聴

プリメインアンプ(インテグレーテッドアンプ)の、特に個性的であり魅力にあふれるハイエンド・モデルにスポットを当て、2名のオーディオ評論家に試聴していただきました。試聴モデルは、90万円~260万円台の計12機種。「ベストバイコンポーネント2023~2024」(80万円以上)での上位選出モデルを中心とした、実力伯仲の魅力機ばかりが対象です。


そのほかの注目記事

「小室哲哉のオーディオルーム訪問」では、プライベート・スタジオに隣接するリスニングルームに訪問しました。リスナーとしての小室哲哉氏が、ゆっくりと好きな音楽に向かい合うためのシステムについてのお話を始め、少年時代からデビュー直前、そして現在に至るまでのオーディオ体験と音楽観などについて語っていただきました。

②最注目の新製品を詳解する「NEW BIG SOUND」。取り上げるのは、ダン・ダゴスティーノのモノーラルパワーアンプ「Relentless 800」、ゴールドムンドのプリアンプ「Mimesis Reference」とモノーラルパワーアンプ「Telos 1800」、そしてイタリアの新鋭ブランド、リビエラのプリアンプ「APL01SE」とモノーラルパワーアンプ「AFM100SE」。また、この春注目の新製品を「Exciting Components」と「New Components Review」で詳報します。
(ステレオサウンド編集部)



ブラインドフォールド試聴で探る小型スピーカーの魅力


本誌でのオーディオ機器の評価は音質だけではなく、デザインや仕上げ、操作感、技術的内容など、あらゆる面から総合的に判断しています。しかし今回はあえてサウンド面に特化した、ブックシェルフ型スピーカーのブラインドフォールド試聴を行ないました。本誌でのブラインドフォールド試聴の実施は、アンプを取り上げた172号(2009年秋号)以来、スピーカーとしては今から55年前の10号(1969年春号)以来です。
試聴モデルは、229号の「ベストバイコンポーネント2023~2024」選出モデルを中心とした計21機種。ペア30万円~80万円未満と、80万円~160万円台という価格帯で2つのグループに分け、各組2名、計4名のオーディオ評論家にブランド/モデル名といった情報を伝えず、目隠しをした状態で試聴していただきました。音だけを頼りに魅力について語っていただいた、モデル名を明かす前の試聴直後の対談と、モデル名を明かした後に執筆いただいた試聴後記から、これまで気づかなかったような新たな魅力発見のストーリーをお楽しみください。


ハイエンド・プリメインアンプ一斉試聴


プリメインアンプ(インテグレーテッドアンプ)の、特に個性的であり魅力にあふれるハイエンド・モデルにスポットを当て、2名のオーディオ評論家に試聴していただきました。試聴モデルは、90万円~260万円台の計12機種。「ベストバイコンポーネント2023~2024」(80万円以上)での上位選出モデルを中心とした、実力伯仲の魅力機ばかりが対象です。

小室哲哉のオーディオルーム訪問


「小室哲哉のオーディオルーム訪問」では、プライベート・スタジオに隣接するリスニングルームに訪問しました。リスナーとしての小室哲哉氏が、ゆっくりと好きな音楽に向かい合うためのシステムについてのお話を始め、少年時代からデビュー直前、そして現在に至るまでのオーディオ体験と音楽観などについて語っていただきました。

日本エンジニア列伝


今号の「日本エンジニア列伝」は、マドンナ、デヴィッド・サンボーン、坂本龍一、宇多田ヒカルをはじめ、国内外の名だたるアーティストの作品を手掛け、トータル売上げ6000万枚超という実績を持つゴウ・ホトダ氏が登場。プロデューサー/ミックス・エンジニアとしての輝かしいキャリアを、多くのエピソードとともに振り返っていただきました。

NEW BIG SOUND


最注目の新製品を詳解する「NEW BIG SOUND」。取り上げるのは、ダン・ダゴスティーノのモノーラルパワーアンプ「Relentless 800」、ゴールドムンドのプリアンプ「Mimesis Reference」とモノーラルパワーアンプ「Telos 1800」、そしてイタリアの新鋭ブランド、リビエラのプリアンプ「APL01SE」とモノーラルパワーアンプ「AFM100SE」。また、この春注目の新製品を「Exciting Components」と「New Components Review」で詳報します。



CONTENTS
NEW BIG SOUND
 ●ダン・ダゴスティーノ = Relentless 800   三浦孝仁
 ●ゴールドムンド = Mimesis Reference / Telos 1800   小野寺弘滋
 ●リビエラ = APL01SE / AFM100SE   山之内 正

特集1 ブラインドフォールド試聴で探る
    小型スピーカーの魅力

 序論 古くて新しいブラインドフォールド試聴        小野寺弘滋
 Group 1 ペア30万円以上80万円未満 11モデル     櫻井 卓/和田博巳
 Group 2 ペア80万円以上 10モデル     小野寺弘滋/山之内 正

特別インタビュー 小室哲哉のオーディオルーム訪問
 聞き手・構成 伊藤隆剛

連載 レコード芸術を聴く悦楽   岡崎哲也
連載  ベスト・オーディオファイル AGAIN   リポート 黛 健司
 栗原祥光さん

オルトフォン/マスターカットレコーズ・ジャパン・エディション   小原由夫

特集2 ハイエンド・プリメインアンプ一斉試聴
 プリメインアンプならではの魅力と最近の動向   三浦孝仁
 90万円~260万円台のプリメインアンプ12機種の個性・魅力を探る   傅 信幸/三浦孝仁

SS Interview   聞き手・構成 三浦孝仁
 ティアック株式会社 大島 洋氏/エソテリック株式会社 加藤徹也氏

連載 聴く鏡   菅原正二
連載 続ニアフィールドリスニングの快楽   和田博巳
連載 オーディオショップ探訪 すみやサウンドギャラリー 山之内 正
連載 日本エンジニア列伝 ゴウ・ホトダ氏   構成・伊藤隆剛/聞き手・編集部

春の新着モデル徹底試聴
Exciting Components

 ●タンノイ= Stirling Ⅲ LZ Special Edition   三浦孝仁
 ●エソテリック= Grandioso P1X SE/Grandioso D1X SE   三浦孝仁
 ●ウェスタン・エレクトリック= 91E   高津 修
 ●リン= Sondek LP12-50   山本浩司
 ●ヴァルテレ= DG1S PKG   山本浩司
 ●オルトフォン= SPU GTE 105   三浦孝仁
 ●YGアコースティクス= Sonja 3.2   三浦孝仁

New Components Review 2024 SPRING
話題の新製品を聴く

 小野寺弘滋/高津 修/傅 信幸/黛 健司
 三浦孝仁/山之内 正/山本浩司

SOUND SCOPE   山之内 正
試聴ディスク一覧
SS HOT NEWS

連載 SS NEW MUSIC GUIDE & ESSAY for Audiophiles
 クラシック=東条碩夫/宮下 博
 ポピュラー=小林慎一郎/和田博巳

連載 名盤深聴   高橋健太郎
連載 名曲が染みる   小林慎一郎
連載 名曲には理由(わけ)がある   舩木篤也
新譜紹介 ジャズ・アナログ・レジェンダリー・コレクション第8弾   小原由夫
新譜紹介 エソテリック名盤復刻シリーズ   宮下 博
新譜紹介 SACD『ホロヴィッツ・プレイズ・ラフマニノフ』   宮下 博
新譜紹介 パーヴォ・ベルグルンドの42枚組CDボックス
   『EMIクラシックス&フィンランディア録音全集』が登場   宮下 博
SS Information
連載 音楽の誘拐   許 光俊
ゴールデンサウンド賞受賞によせて
ソナス・ファベール=リヴィオ・ククッツァ氏


この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品