TOPページ > ステレオサウンド書店 > 管球王国 Vol.104 2022年 SPRING

管球王国 Vol.104 2022年 SPRING

NEW!!

販売価格2,970円(税込)

[14ポイント進呈 ]

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

商品画像

商品画像
商品画像
拡大 Prev Next


■発売日:2022年4月28日
■仕様:B5判
■雑誌コード:67970-15
■ISBN:9784880734767
バックナンバーはこちら
Fujisan.co.jpで“月額(都度)払い”で購読


2022年春号となる104号の巻頭企画は「高純度な音=シングルアンプ16機種試聴」です。1チャンネル=1本の出力管で動作するシングル駆動アンプは、真空管の特徴やアンプ設計思想をストレートに表す純度の高い音を持ちます。直熱管/多極管アンプを交えて多彩な設計の最新シングルアンプを試聴します。実験工房は「最新MCトランス20種の聴き比べ」。MC型カートリッジの微小な出力信号を昇圧してアナログサウンドを作る鍵となるのがMCトランスです。エントリークラスからハイエンド機まで20種の徹底試聴です。



ヴィンテージ企画は「ウェスタン・エレクトリックWE555/WE594Aと組むウーファー選び」です。WEを代表する中高域ドライバーWE555とWE594Aにマッチするウーファーを、アルテック、ジェンセン、マグナボックスの12インチ/15インチ径との組合せで探ります。WE製以外のウーファーとの2ウェイ構成で実体感と熟成感に富む音を引き出す実践試聴です。




自作派大集合「アメリカンサウンドを志向するUTCトランス搭載2A3シングル」は、ヴィンテージパーツを軸にして黄金期のアメリカの音を再現するコンセプトで製作された2A3シングルアンプの登場です。初期のシングルプレートRCA 2A3をはじめ、希少な2A3出力管による音の変化も試聴しました。熟達した設計者のアンプ製作記「マイ・ハンディクラフト」は、PX25のフランス管に相当する希少な直熱3極管、フランス・マツダ製BF25のシングル・パワーアンプです。104号も経験豊かな本格派のオーディオファン必読の企画が満載です。


主な内容


高純度な音=シングルアンプ16機種試聴
テスター=三浦孝仁/吉田伊織


シングル動作は、真空管アンプの原点ともいえる純度の高い音を作ります。300B、2A3、845などの直熱3極管、KT170やKT88/6550などビーム管も交えた出力管による最新シングルアンプを集めて徹底試聴します。設計思想や出力管の個性が明確に表れるシングルアンプならではの魅力を探ります。


[試聴アンプ]
◎インテグレーテッドアンプ=ヤーランド・ジャパンTJ300/2A3-S4、ジュノンJUNONE 845S
◎パワーアンプ=サンバレーSV-S1616D[多極管仕様]キット 最強ver.、三栄電波Allargand E300CSS2 ver.2、アムトランスTU8900 TK ver.、エイフルAsano 300B Single 、山本音響工芸A03S、サン・オーディオSV300BE、カトレアthe ヨーロッパV、エアータイトATM300R EH、ウエスギU・BROS300AH、タカツキTA-S01、ラックスマンMQ300、フェーズメーションMA2000、オーディオ・ノートSOUGA、オクターブJubilee 300B



実験工房「最新MCトランス20種の聴き比べ」
テスター=新 忠篤/古屋 明
機種解説:児玉眞一郎



現代のMC型カートリッジが持つ高次元のアナログ再生能力を引き出せる最新MC昇圧トランスを探ります。カートリッジ2モデルによる試聴でどのような音が聴けるか、昇圧トランスの使いこなしも含めて徹底試聴でリポートします。


[試聴MCトランス] フェーズメーションT550、山本音響工芸SUT02、オルトフォンST90、ゼネラルトランスFM-MCT1、モーツァルトMC MkII、オーロラサウンドSP03L、オルトフォンST70、CSポートCMT1、エアータイトATH3s、ダイナベクターSUP200、宮島ラボラトリーETR-STEREO、イケダ サウンドラボズIST201、フェーズメーションT1000、エアータイトATH2 Reference、マイソニックStage1030BL、オーディオテクニカAT-SUT1000、アストロ電子企画MC999VIP II A、オーディオ・ノートSFz、フェーズメーションT2000、EMT STX 5/10
[試聴MCカートリッジ] フェーズメーションPP2000、オルトフォンThe SPU Century



「ウェスタン・エレクトリックWE555/WE594Aと組むウーファー選び」
テスター=土井雄三/新 忠篤/杉井真人


ウェスタン・エレクトリック(WE)を代表する中高域用フィールド(励磁)型ドライバーであるWE555とWE594Aにマッチするウーファー選びです。12インチ/15インチ、パーマネント型/フィールド型の計5種のウーファーをWE555とWE594Aそれぞれに組み合わせてベストサウンドを探ります。リファレンス・パワーアンプは300Bシングル構成のWE91Bで、万全にメインテナンスした個体で試聴しています。

[[試聴ウーファー]
◎12インチ=アルテック803A(パーマネント型)、ジェンセンA12(励磁型)、マグナボックスModel 522(励磁型)
◎15インチ=ジェンセンB15X(励磁型)、マグナボックス製レスリー用(励磁型)
[試聴エンクロージュア]
アルテックH825
[組み合わせたホーンとネットワーク]
WE555=KS12024ホーン、アルテックN800D
WE594A=アルテック31Aホーン、アルテックN500C



マイ・ハンディクラフト
『管球王国』筆者が熟達した設計の新作・管球式アンプを発表します。回路の詳細と製作過程を解説し、完成アンプの試聴室でのインプレッションを交えて紹介します。

是枝重治◎仏マツダBF25シングル・パワーアンプFascination104の製作

希少な直熱3極管フランス・マツダBF25のシングル・パワーアンプです。キーパーツであるトランス類はラックス製OY15-35K-HS出力トランスなど良質なヴィンテージ品を是枝氏が自ら補修、再塗装して搭載しています。是枝氏が「天上人のような美しい音の真空管」と形容するBF25で鮮度の高い音を聴かせます。

ステレオサウンドストア/StereoSound STORE】で期間限定販売します。




自作派大集合「アメリカンサウンドを志向するUTCトランス搭載2A3シングル」
小川一朗/久保田純一/新 忠篤

管球アンプ自作派の方々に自信作をご披露いただく「自作派大集合」は、ヴィンテージUTC製トランスを生かした2A3シングルアンプを共同作業で製作したおふたりの登場です。数少ない米国製シングル用出力トランスUTC S14などヴィンテージパーツが製作の出発点。アメリカンサウンドの再現を目指したアンプで、5種のヴィンテージ2A3の音の違いも試聴しました。



2022春の注目新製品試聴
テスター=傅 信幸/三浦孝仁/吉田伊織

この春に登場する話題のニューモデルを試聴して特徴と音質を検証します。今号は注目の管球式管球アンプやアナログプレーヤーシステム、MC型カートリッジが登場します。



連載「クラングファルベに寄せて」小林正信
第3回「平面バッフルの必然性」


ドイツ製を中心とするヴィンテージオーディオについて綴る本連載は、機器を使いこなす実践的な情報もお届けします。今回は平面バッフルの考察です。「オイロダイン」を理想的に鳴らすためのバッフル寸法が1辺2mとされる「定説」ははたして妥当か。補強の仕方や響かせ方も含め、平面バッフルで良い音を作るための原理と具体策を考えます。




記事訂正のお知らせ
本誌104号94頁の「マイ・ハンディクラフト」記事本文中に誤表記がありました。
真空管CZ501Dのヒーター電圧を「4・5V管」としておりましたが、正しくは「3・5V管」です。
関係各位ならびに読者の皆さまにお詫びして訂正いたします。

この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品