TOPページ > レコードショップ > ワーグナー:楽劇《ヴァルキューレ》[日本盤](SACDハイブリッド)

ワーグナー:楽劇《ヴァルキューレ》[日本盤](SACDハイブリッド)

NEW!!

販売価格16,000円(税込)

[73ポイント進呈 ]

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

商品画像

商品画像商品画像
商品画像
拡大 Prev Next

※商品の発送は、お取り寄せ商品、予約商品を含め、ご注文内のすべての商品が揃い次第のご手配となります。注文の分割発送や、注文コードが異なる複数の注文のまとめ発送は承ることができません。あらかじめご了承ください。

サー・ゲオルグ・ショルティ
Sir Georg Solti

■発売日:2023年1月11日
■品番:UCGD-9090/3
■JAN:4988031541470
■仕様:SACDハイブリッド
■レーベル:Decca
■発売元:ユニバーサル ミュージック合同会社


ショルティ生誕110周年・没後25周年記念!

【SA-CDハイブリッド仕様】【グリーン・カラー・レーベルコート】【三方背ケース】【歌詞対訳付きブックレット】

●レコード史上初の壮挙となった、ワーグナーの大作《ニーベルングの指環》のスタジオ全曲録音プロジェクトを担った指揮者、サー・ゲオルグ・ショルティの生誕110周年・没後25周年を記念した大プロジェクトの第2弾。ショルティが1958年から65年にかけて完成させた、史上初の《ニーベルングの指環》スタジオ全曲録音を《ラインの黄金》(11月)、《ヴァルキューレ》(12月)、《ジークフリート》(2023年3月)、《神々の黄昏》(5月)と、今年11月から来年5月にかけて計4作をリリース!歌手、オーケストラ、演奏、録音、等全てにおいて、録音から半世紀以上たった現在でも最高の永遠の記録です。

●この2022年盤では、1958年オリジナルのステレオマスターテープから2022年に制作したDSDマスターを使用。元Emil Berliner Studiosのアンドリュー・ウェッドマンが監督し、テープはStuder A820マシンとWeissアナログ/デジタルコンバーター、そして出力を記録する独自のワークステーションで調整が行われました。一番古いテープで65年経過した38本のオリジナル・マスターテープの中には、編集修理や酸化膜剥離が必要なテープもありましたが、状態の悪いテープは、55℃で10時間焼成することで修復に成功し、24bit/192kHzの高解像度で新たにマスタリングを行いました。

●マスタリングは、1964年と1965年のオリジナル・レコーディング・セッションに関わり、1984年と1997年の2回のトランスファーの監督も行ったエンジニア、ジミー・ロックの下で修行を積んだ、DECCAエンジニアのフィリップ・サイニーが担当。テープヒスやノイズ除去には、iZotope RX-9 や CEDAR Retouch など、以前のプログラムよりもはるかに効果的で侵襲の少ない洗練されたツールが使用されており、ウィーン・フィルの金管楽器や弦楽器の輝かしい倍音をかつてないほど聴かせてくれます。

●日本盤のみ、グリーン・カラー・レーベルコート、オリジナルLPジャケットをあしらった三方背ケース、歌詞対訳付きブックレット付きです。

音声:CD Stereo / SA-CD Stereo

参加アーティスト:
ジェイムズ・キング(テノール:ジークムント)
レジーヌ・クレスパン(ソプラノ:ジークリンデ)
ゴットロープ・フリック(バス:フンディング)
ハンス・ホッター(バス:ヴォータン)
クリスタ・ルートヴィヒ(メッゾ・ソプラノ:フリッカ)
ビルギット・二ルソン(ソプラノ:ブリュンヒルデ)
ヴェラ・シュロッサー(ソプラノ:ゲルヒルデ)
ヘルガ・デルネシュ(ソプラノ:オルトリンデ)
ブリギッテ・ファスベンダー(メッゾ・ソプラノ:ヴァルトラウテ)
ヘレン・ワッツ(アルト:シュヴァルトライテ)他

この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品