TOPページ > レコードショップ > ベートーヴェン:交響曲全集 1977年普門館ライヴ(CD)

ベートーヴェン:交響曲全集 1977年普門館ライヴ(CD)

NEW!!

販売価格11,472円(税込)

[52ポイント進呈 ]

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

商品画像

商品画像
商品画像
拡大 Prev Next

※商品の発送は、お取り寄せ商品、予約商品を含め、ご注文内のすべての商品が揃い次第のご手配となります。注文の分割発送や、注文コードが異なる複数の注文のまとめ発送は承ることができません。あらかじめご了承ください。

アーティスト:ヘルベルト・フォン・カラヤン、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

■レーベル:TOKYO FM
■品番:TFMCXR-0041/5
■ジャンル:クラシック交響曲
■形態:5XRCD
■その他の製品情報:国内プレス 2022年リマスター 完全限定生産
■付属品:日本語帯・解説付


TOKYO FM名盤の代名詞、カラヤンのベト全
1977年普門館ライヴがXRCD化!
2022年をもって生産終了する
銘規格XRCD最後の輝きをお聴き逃しなく!


★通常CDプレーヤーで再生可能な高音質規格として1996年にビクター社が開発、高音質ブームの先駆けとして一世を風靡した「XRCD」。専用カッティングマシンの老朽化に伴い製造の継続が困難となり、2022年内をもってXRCD規格そのものの生産終了が発表されています。XRCDにこだわって数多くのタイトルを発売してきたGLOBAL CULTURE AGENCYレーベルの協力のもと、ビクターにてXRCD用のマスタリングを施し製品化。2023年以降は追加生産が不可能となるXRCDの貴重な新譜です。CDともSACDとも違った個性を持つXRCDの魅力をお楽しみください。

★XRCDとして生まれかわったのは、TOKYO FMが録音した帝王カラヤン&ベルリン・フィルの1977年ベートーヴェン・チクルス、東京・普門館での交響曲全曲ライヴ。ティンパニはテーリヒェンとフォーグラー、コンサートマスターはシュヴァルベ、シュピーラー、ブランディスという当時の黄金メンバーが来日し最高のサウンドを披露した伝説的ライヴで、カラヤンが激賞した田中信昭氏率いる合唱団との第九も見事な熱演となっており、まさに聴き継がれるべき記念碑的な録音と言えます。XRCDのキャラクターを生かした音造りにご期待ください。

〈XRCDの特徴〉
CDプレーヤーで再生できる後続の高音質規格としてはSHM-CD、Blu-spec CD、UHQCDがありますが、これらは盤自体の素材を変えて音質の向上を目指したもの。それに対し XRCDは素材を変えるのではなく、音造り自体に特別な製法を用いた規格であることが特徴です。マスタリングからプレスに至るまですべての工程はビクター社内に整備された「XRCD専用」の製造ラインで行われ、徹底した厳しい品質管理を経て商品化。まさに門外不出の規格であり、他とは一線を画した、まったく特別な存在として認識されるべきものだと言えましょう。

トラックリスト

カラヤン/ベルリン・フィル
ベートーヴェン:交響曲全集
1977年普門館ライヴ


[Disc1]
交響曲第1番 ハ長調 作品21
交響曲第3番 変ホ長調《英雄》 作品55
[Disc2]
交響曲第2番 ニ長調 作品36
交響曲第8番 へ長調 作品93
[Disc3]
交響曲第6番 ヘ長調《田園》 作品68
交響曲第5番 ハ短調 作品67
[Disc4]
交響曲第4番 変ロ長調 作品60
交響曲第7番 イ長調 作品92
[Disc5]
交響曲第9番 ニ短調 作品125

ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

[Disc5]
バーバラ・ヘンドリックス(ソプラノ)
ヘルイェ・アルゲルヴォ(アルト)
ヘルマン・ヴィンクラー(テノール)
ハンス・ゾーティン(バス)
田中信昭(合唱総指揮)
日本プロ合唱団連合
東京藝術大学合唱団

録音:1977年11月
[Disc1]13日
[Disc2]14日(2番)、17日(8番)
[Disc3]16日
[Disc4]15日
[Disc5]18日
/東京、普門館(ライヴ)


この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品