TOPページ > ステレオサウンド書店 > StereoSound > ステレオサウンド No.220 2021年 AUTUMN

ステレオサウンド No.220 2021年 AUTUMN

NEW!!


■発売日:2021年9月2日
■雑誌コード:65482-86
■ISBNコード:9784880734682

ステレオサウンドのバックナンバーはこちら
Fujisan.co.jpで“月額(都度)払い”で購読

★書店店頭在庫は下記よりご確認いただけます。
書店店頭在庫検索ページ一覧

★電子版は下記よりご確認いただけます。
電子版取扱先一覧

販売価格2,420円(税込)

[11ポイント進呈 ]

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

商品画像

商品画像
商品画像
拡大 Prev Next

ステレオサウンド創刊55周年記念号となるNo.220(2021年秋号)は、下記のとおり、さまざまな立場の筆者が記したエッセイや評論が盛りだくさんの、読み応え満点の一冊に仕上がっています。特集は、本誌では何と23年振りとなる「モンスターパワーアンプの聴き比べ」を行ないました。表紙を飾る真空管式パワーアンプは、日本のハイエンドオーディオブランド、AUDIO NOTE(オーディオ・ノート)のKagura(神楽)2。大型の直熱三極管211を2本搭載する、「モンスター」と呼ぶにふさわしい同ブランド渾身の最高級モノーラルパワーアンプです。

巻頭エッセイ
だからオーディオはやめられない
創刊55周年号の巻頭は、本誌オーディオ評論家5名によるエッセイ集です。「オーディオの何に魅了され、こんにちまで趣味としてのオーディオを続けてこられたのか。どうしてオーディオはやめられないのか」をテーマに、オーディオを趣味とする一人の人間として執筆していただきました。本誌の読者には、長年オーディオを趣味としているベテラン愛好家から、オーディオの面白さや愉しさに気づき始めた初心者まで、さまざまな“マニア度”の方がおられると思いますが、それらのマニアはもちろん、オーディオの魅力にまだ気づかれておられない“初心者未満”の方にも、ぜひ読んでいただきたいエッセイ集です。

特集
最新モンスターパワーアンプが聴かせる超絶サウンド
特集では、滅多に聴き比べることができない現代最高峰のハイエンドパワーアンプを本誌試聴室で聴き比べてみました。試聴したのは、2019年以降に日本国内で新発売された、まさに“モンスター”と呼ぶにふさわしい設計内容を誇る超弩級パワーアンプ7モデルです。今回は本誌リファレンス・プリアンプとの組合せに加えて、同ブランド・同グレードのプリアンプとの組合せでも試聴しています。モンスター級のパワーアンプは、スタンダードクラスのパワーアンプと比べて、どれほど優れたスピーカー駆動力を備え、どれほど魅力的にスピーカーを鳴らすことができるのか。この特集でご確認ください。

そのほかの注目記事
@二本立てでお届けする「本誌創刊55周年記念企画」。一本目は、創刊2号に掲載された「音楽談義 小林秀雄×五味康祐」の再録。二本目は、いまからちょうど40年前の1981年に他界したオーディオ評論家、瀬川冬樹さんの愛用機に関する記事を辿る「瀬川冬樹が愛した名機たち」
AUSB接続によるファイル再生に関わる問題にスポットを当てた第1回につづき、LANケーブルやスイッチングハブなどネットワーク再生に関わる環境整備についてお届けする「傅信幸と土方久明のファイル再生ワークショップ」の第2回。
B気鋭の哲学者であり、近年は作家としても活躍されておられる千葉雅也氏の新連載「オーディオ存在論 失われた音を求めて」
Cオーディオシステムを再構築するまでの顛末を前号で取材した、『世界の中心で、愛をさけぶ』などの恋愛小説で知られる作家・片山恭一氏の特別寄稿「新しいオーディオ生活、その後」
D日本各地のオーディオショップを訪問し、その店のコンセプト、展示スペース、得意分野はもちろん、販売担当者の愛聴盤・推薦盤もご紹介する連載「オーディオショップ探訪」。第3回は、東京・秋葉原に店舗を構える「テレオン第2店 sound 110」と、名古屋市名東区の「サウンドピット」です。

(ステレオサウンド編集部)

CONTENTS

告知 創刊55周年記念企画「オーディオの殿堂」

巻頭エッセイ
だからオーディオはやめられない
 小野寺弘滋/傅 信幸/三浦孝仁/柳沢功力/和田博巳

特集
最新モンスターパワーアンプが聴かせる超絶サウンド
 小野寺弘滋/櫻井 卓/三浦孝仁

SPECIAL PRODUCTS REVIEW
アキュフェーズ=DP1000 + DC1000 --- 柳沢功力
ソウルノート=ZERO LINK ULTIMATE SYSTEM
Z3 + D3 + X3 --- 山之内 正

速報 B&W「800D4」シリーズ --- 三浦孝仁

連載レコード芸術を聴く悦楽  岡崎哲也


季刊『ステレオサウンド』誌 創刊55周年記念企画
1. 音楽談義 小林秀雄×五味康祐 創刊第2号(1967年春号)より再録
2. 没後40年 オーディオの詩人「瀬川冬樹」が愛した名機たち --- 黛 健司


新連載オーディオ存在論   千葉雅也

特別寄稿 新しいオーディオ生活、その後  片山恭一

短期集中連載
第2回 傅信幸と土方久明のファイル再生ワークショップ

デノン独自の最新D/A変換回路「Ultra AL32 Processing」とは?
開発者・DENON 大塚 旬氏/飯原弘樹氏  聞き手・構成 黛 健司

A Long Vacation 40th Anniversary Edition/大滝詠一
Side A シングルレイヤーSACD登場   小林慎一郎
Side B 制作工程について内藤哲也氏に聞く   聞き手・柿崎景二/構成・伊藤隆剛

注目の若手エンジニア 松下真也(Piccolo Audio Works)のこと   編集部

連載 聴く鏡   菅原正二
連載 続・ニアフィールドリスニングの快楽   和田博巳
連載 日本エンジニア列伝 梅津達男氏   構成・伊藤隆剛/聞き手・編集部
連載 オーディオ・ショップ探訪 山之内 正
サウンドピット/テレオン第2店 sound 110


秋の新着モデル徹底試聴
Exciting Components
●フィンク・チーム = KIM --- 傅 信幸
●ビビッド・オーディオ = KAYA S12 --- 小野寺弘滋
●ジェフ・ロゥランド = Capri SC --- 傅 信幸
●マッキントッシュ = MA12000 --- 黛 健司
●JBL = SA750 --- 小野寺弘滋
●フェーズメーション = EA1200 --- 和田博巳
●ラックスマン = M10X --- 三浦孝仁


New Components Review 2021 SUMMER
話題の新製品を聴く
 小野寺弘滋/高津 修/傅 信幸/黛 健司/三浦孝仁
 柳沢功力/山之内 正/山本浩司/和田博巳

SOUND SCOPE   黛 健司
試聴ディスク一覧
SS HOT NEWS


連載 SS NEW MUSIC GUIDE & ESSAY for Audiophiles
 クラシック=東条碩夫/宮下 博/諸石幸生
 ポピュラー=小林慎一郎/和田博巳

連載 名盤深聴   高橋健太郎
連載 名曲が染みる   小林慎一郎
連載 名曲には理由がある   舩木篤也
エソテリックSACD名盤復刻シリーズ、3作品発売   宮下 博
タワーレコードの独自企画SACDが続々登場   宮下 博
LPレコード『Nobu's Popular Selection』を聴く   宮下 博
SS Information
連載 音楽の誘拐   許 光俊
新刊予告『Western Electric Sound』分冊化決定
         Part-1[スピーカー篇]本年11月発売!! 編集部



※都合により連載「つくりては語る」は休載させていただきます。

この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品