TOPページ > ワイン王国書店 > ワイン王国 2022年9月号 No.130

ワイン王国 2022年9月号 No.130

NEW!!

販売価格1,650円(税込)

[8ポイント進呈 ]

売り切れ/SOLD OUT

入荷お知らせメール
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

商品画像

商品画像
商品画像
拡大 Prev Next


■発売日:2022年8月5日
■雑誌コード:19815-09
■JAN:4910198150929
ワイン王国のバックナンバーはこちらから
Fujisan.co.jpで“月額払い”で購読


■特集 真夏のシャンパーニュ!
シャキッと極辛口ノン・ドザージュと、氷を入れて楽しみたいシャンパーニュ32本


真夏に飲みたい辛口のシャンパーニュ。上級者向けと思われがちなノン・ドザージュ(極辛口タイプ)ですが、今回はビギナーをはじめ多くの人が素直に美味しい!とうなる、飛び切りのシャンパーニュを選びました。また、近年SNS でも話題になっている、氷やフルーツ、野菜を入れて楽しむシャンパーニュは、今や夏の風物詩。氷を浮かべて、リゾート気分で乾杯!


■1000円台で見つけた「夏に飲みたいスパークリングワイン」

いよいよ夏本番! 暑い季節に欠かせないスパークリングワインを94 本集め、4人のソムリエがブラインド・テイスティングしました。久々のお出かけに持っていくもよし、おうちでのんびり飲むもよし。さまざまなシチュエーションで活躍する、この夏を楽しくする30本をご紹介します。


■ハレの日に訪れたいレストラン 第21回「ガストロノミー “ジョエル・ロブション”」

日本を代表するグランメゾン「ガストロノミー “ジョエル・ロブション”」。昨年11月、関谷健一郎氏がシェフに就任し、新たな展開を見せています。この料理をさらに魅力的なものにするべく取り組んでいるのが、ソムリエチーム。ロブション氏の哲学を継承する新シェフと、ゲストが豊かな時間を過ごせるよう、日々の努力を重ねる若手ソムリエ、三上雅行氏が語る今のロブションとは。


【新連載】クミコの“ようこそ、私の食卓へ!”

多くのイタリア人家庭の食卓を訪れてきた、トータル・ワイン・コーディネーターの山田久扇子さんが紹介する、ワインと料理のおもてなしの新連載。第1回は「夏のリゾート」をテーマに、イタリア・ヴェネト州のワイン『パスクア 11ミニッツ ロゼ トレヴェネツィエ 2019年』とおもてなし術をレクチャーします。


【新連載】Mr.メルロのワイン道

「シャトー・メルシャン」のチーフワインメーカーとして醸造部門を統括し、数多くのワインを手掛けてきた味村興成氏。退職後「自分が好きなワイン」を造るべく、ほれ込んだ塩尻の地でワイン造りを開始しました。味村氏が造るワインはメルロ一択。メルロにこだわり抜いたワイン造りを伝える新連載です。


■夏を楽しむワイン&ビール!

暑い日が続き、気分もめげそうになりますが、そんな時こそワイン&ビールで夏を楽しみましょう! ローヌ・ワイン、スペインのカバ、シチリア・ワイン、ビールと、『ワイン王国』がお勧めする、夏に飲みたいアイテムがずらりとそろいました。


【現地取材】AOCボルドー、ボルドー・シュペリュール

ボルドーと言えば、格付けシャトーのワインに目が行きがちですが、AOCボルドー、AOCボルドー・シュぺリュールの白、ロゼ、赤とロゼの中間的なクレレにも、高品質なものがたくさんあります。フランス在住のジャーナリスト・松浦敏雄氏が日刊紙『フィガロ』の元ワインコラム記者、ベルナール・ブルチ氏とともに試飲し選んだ、AOCボルドー白、ロゼ、クレレ、クレマン・ド・ボルドー55本を紹介します。また、注目の8生産者を訪ねました。


■ミシェル・ベタンヌ氏と「シャブリ2020年」「シャブリ・プルミエ・クリュ2019年」42本を選ぶ

シャブリワイン委員会の事務局長フランソワーズ・ルールさんと、フランス屈指のワイン評論家ミシェル・ベタンヌ氏の協力を得て「AOCシャブリ2020年」「AOCシャブリ・プルミエ・クリュ2019年」、合わせて98本を試飲し、上位42本を選定。フランス在住のジャーナリスト・松浦敏雄氏がそれぞれのワインの魅力を紹介します。4生産者も訪問し、その実力をひもときます。


■溢れるエネルギー オーガニックワインに開眼!

サステイナブルな観点からも人気のオーガニックワイン。数々のワインに親しんできた、ダンサーで俳優の大貫勇輔氏は、話題のオーガニックワインや、その味わいに興味津々! 世界各国から選りすぐった13 本を、ワインディレクターの田邉公一氏と一緒に試飲しました。昨年、田邉氏の教えの下でワインエキスパートの資格を取得した大貫氏。息の合った“師弟コンビ”がオーガニックワインの魅力を解き明かします。




■第4回 もう迷わない 料理とワインのマッチング「エスニック」

家庭の食卓によく登場するポピュラーな料理を、気軽にワインと合わせたい! ワイン選びに失敗しない、簡単にマリアージュを極めるコツを、ペアリングマイスター®の森上久生氏が徹底検証して指南します。第4回は「エスニック」。タイ料理やベトナム料理など、独特の調味料を使った人気料理と、夏向きワインをペアリングするコツを伝授! コンビニやデパ地下、宅配などで美味しいエスニック料理をそろえて、暑い日にぜひトライしてください。


■第4回 品種のいろは「ピノ・ノワール」

樋口真一郎氏(髭男爵)がソムリエと一緒に、ワイン用ブドウ品種の基礎知識から味わい方まで、とことん学ぶ本連載。第4回のテーマは「ピノ・ノワール」。エレガントな味わいで、多くのワインラヴァーを魅了してやまない、フランス・ブルゴーニュを代表する品種について、銀座「ESqUISSE」(エスキス)総支配人の若林英司氏に教えてもらいました。


■第13回 素晴らしきかな、ソムリエ人生! 「銀座レカン」シェフソムリエ 近藤佑哉氏

素直、謙虚、誠実。「銀座レカン」シェフソムリエ、近藤佑哉氏の人となりを表すなら、このような言葉が浮かびます。真っすぐに力をはぐくんで来たかに見える穏やかな好青年、しかし内心にメラメラと燃える炎を垣間見ることができました。若くして業界を代表するトップソムリエの一人として、スターダムを歩む近藤氏の「ソムリエ人生」を聞きました。


■第8回 ソムリエ ON&OFF 「パレスホテル東京」西村圭太郎氏

気になるあの人気ソムリエのオン&オフを紹介する連載。第8回は「パレスホテル東京」ソムリエの西村圭太郎氏が登場! これまでの経歴とサービス哲学、趣味の釣りの話まで、意外な素顔を大公開。


電子版 読み放題「dマガジン」
特別限定付録「ソムリエの、夏の“1杯目”ランキング」を公開中‼
dマガジンはこちら




Apéritif 1 「“恵まれなかった年”をはねのける素晴らしきワイン」伊原剛志氏
Apéritif 2 「“ワインを音楽で表現する”という新たな挑戦」松波匠太郎氏
Apéritif 3 「ワイン好きにこそ体験してほしいオー・ド・ヴィ」江口宏志氏



■第35回 ロングパートナー
フィラディス×「シャルトーニュ・タイエ」(フランス・シャンパーニュ)
 石田大八朗氏(代表取締役社長)


■第42回 宮嶋勲のそうだ、京都でワイン「魚料理 あぎやお」

Twinkle Line
WK Library
ワイン王国お勧めショップ



この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品