【2022 秋の3連休スペシャルキャンペーン】
1回のご購入金額5,000円以上で送料無料! [〜10月11日午前10:00迄]

TOPページ > ワイン王国書店 > ワイン王国 2022年5月号 No.128

ワイン王国 2022年5月号 No.128

販売価格1,650円(税込)

[8ポイント進呈 ]

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

商品画像

商品画像
商品画像
拡大 Prev Next



■発売日:2022年4月5日
■雑誌コード:19815-05
■JAN:4910198150523
ワイン王国のバックナンバーはこちらから
Fujisan.co.jpで“月額払い”で購読

★書店店頭在庫は下記よりご確認いただけます。
書店店頭在庫検索ページ一覧



【特集】
ハレの日に行きたいレストランSpecial
料理&ワイン ベストペアリング33


素敵なレストランで過ごすひととき。料理とワインが彩る特別な時間をこれまで以上に大切に、また愛おしく感じる機会が増えているのではないでしょうか。暖かい日差しが降り注ぐ春、最近お目見えしたレストランに行ってみませんか? 気が付けば、とても魅力的なお店があちらこちらにオープンしています。料理とワインの無限のマリアージュ、ワクワクするような新しい世界を発見してください。


■1000円台で見つけた「ロゼワイン」

町中の花や、暖かな陽気に心躍るこの季節。春の陽気にぴったりなロゼワインを、ソムリエ4人がブラインド・テイスティングしました。どんな料理にも寄り添ってくれるロゼワインは、デイリーワインとしてぴったり! とっておきの30本を紹介します。


■百彩繚乱!ロゼワインの楽しみ

普段着の食卓からハレの日まで、テーブルを彩ってくれるロゼワイン。近年では料理に合わせることを意識したロゼワイン造りに力を入れる生産者も増えてきているのだとか。「銀座レカン」シェフソムリエの近藤祐哉氏に、ロゼワインの楽しみ方を指南していただきました。また幅広い食事に合うとされるロゼですが、今回はちらし寿司、てまり寿司といった家庭でもよく食べられるカジュアルなお寿司との相性もご紹介します。


■ワインとアシェット・デセールの甘美なマリアージュ

アシェット・デセール(皿盛りデザート)をより美味しく格上げしてくれる甘口ワイン。日本ではまだなじみの薄い組み合わせですが、甘口ワインはこのために存在することを実感する甘美なマリアージュを見せます。ペアリングの極意を、老舗フレンチレストラン「トゥールダルジャン 東京」のソムリエ、工藤順平氏に聞きました。


モバイルワインでピクニック!

ミニボトル、缶、紙パックなどピクニックにぴったりの持ち運びに便利なワインを「モバイルワイン」と命名し、その楽しみ方、魅力を「パレスホテル東京」ソムリエの山田琢馬氏に聞きました。気軽なだけでなく高品質でバリエーションも豊富! さあ、モバイルワインを持って、春の風を感じに行こう!


■美味しくワインを飲むための必需品
「ワインセラー&ワイングッズ」


ワイン好きのゲストに最良の状態でワインを提供したり、家庭で美味しいワインライフを送るために必要なことは、品質の高い“ワイン選び” だけではありません。ワインセラー、ワイングラス、品質保管グッズ…… ワインの保存環境をケアし、ワインのコンディションと飲むシチュエーションを常に最高の状態に保てれば、一杯のワインは感動の一杯になるというもの。飲食店でのセラー導入事例から、おうち飲みに役立つ注目アイテムまで。ワインを取り巻く“ワイン以外” のエトセトラをご紹介します。


■花開くトスカーナ 〜生産者インタビュー〜

1970年代からイタリアワインの近代化を牽引し、その品質を高めてきたトスカーナ。革新し続けダイナミックに進化してきたトスカーナは、イタリアワインの揺るぎなきリーダーです。世界の注目を集めるトスカーナの造り手に、ワインジャーナリストでイタリアワインに精通する宮嶋勲氏がオンラインでインタビューしました。


■第2回 もう迷わない 料理とワインのマッチング「春サラダ」

家庭の食卓によく登場するポピュラーな料理を、気軽にワインと合わせたい! ワイン選びに失敗しない、簡単にマリアージュを極めるコツを、ペアリングマイスター®の森上久生氏が徹底検証して指南します。第2回は「芽吹きの季節に味わう春サラダ」。野菜、具材、ドレッシングの組み合わせにワインをペアリングするコツを伝授!


■第2回 品種のいろは「サンジョヴェーゼ」

ソムリエと樋口真一郎氏(髭男爵)と一緒に、ワイン用ブドウ品種の基礎知識から味わい方までとことん学ぶ本連載。第2回のテーマは「サンジョヴェーゼ」。イタリア・トスカーナ州を代表する黒ブドウ品種であるサンジョヴェーゼとはどんな品種? 「パレスホテル東京」ソムリエの瀧田昌孝氏と樋口氏とともに、その魅力に迫ります。




■第11回 素晴らしきかな、ソムリエ人生!
「イスルン」マネジャー兼シェフソムリエ 菊池貴行氏


人とのコミュニケーションが苦手だった子ども時代。それを克服したい、その思いがソムリエの道を開かせたという「イスルン」マネジャー兼シェフソムリエ 菊池貴行氏。東京からスペイン、そして三重へと活動のステージへの扉を着々と開いていった菊池氏のソムリエ人生をたどります。


■第6回 ソムリエON&OFF 「オルトレヴィーノ」オーナー・シェフ 古澤一記氏

気になるあの人気ソムリエのオン&オフを紹介する本連載。第5回は鎌倉の「オルトレヴィーノ」オーナー・シェフ 古澤一記氏。ソムリエでもある古澤氏はワイン選びにも定評があり、毎日多くのお客さんを料理とワインでもてなしています。古澤氏のセンスが光るご自宅にもお邪魔してこだわりのインテリアや趣味の車のことなど素敵な鎌倉ライフについて伺いしました。


■第24回 帰ってきた! イサオとクミコのあっ!ビナメント

ワインジャーナリストの宮嶋勲氏と、イタリアワインを主とするトータル・ワイン・コーディネーターの山田久扇子さんが、イタリアワインと食のペアリングを探求する人気連載“イサオとクミコ”の第2シーズン。第24回のテーマは設立250年を迎えたヴェネト州の「マアジ」のワインと、「資生堂パーラー ザ・ハラジュク」の料理。アッビナメントの魅力を探ります。


電子版 読み放題「dマガジン」
特別限定付録「人気店のソムリエが推す!春のおうちワイン」を公開中!!
dマガジンはこちら




Apéritif 1「 ワインが教えてくれた『分かち合う喜び』」内藤裕子
Apéritif 2「 旅の出会いと思い出の傍らにはいつもワイン」鈴木壮麻
Apéritif 3「 今を必死に生きるため、仕事もワインも大切に」仲山今日子



■第33回ロングパートナー
 豊通食料×「メゾン・ロッシュ・ド・ベレーヌ」「ドメーヌ・ド・ベレーヌ」(フランス・ブルゴーニュ)
 小永井健吾氏(加工食品部ワイングループリーダー)

Twinkle Line
WK Library
ワイン王国お勧めショップ



この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品