閉じる
会員様情報
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様
利用可能ポイント
{@ member.total_points @}ポイント
line

NEWS

  • 2024.5.16
    本日より6,000円以上のご購入で全国送料無料キャンペーン開始しました!
商品画像
商品画像

管球王国 Vol.107 2023年 WINTER

販売価格 ¥ 2,970 税込
[ 27 ポイント進呈 ]

■発売日:2023年1月27日
■仕様:B5判
■雑誌コード:67970-21
■ISBN:9784880734880


2023年冬号となる107号の巻頭企画は「最新スピーカー8機種と管球アンプ16セットの組合せ試聴」です。ブックシェルフから大型フロア型まで、最新設計の注目スピーカーを真空管アンプで駆動すると、どのような音の世界が広がるのか。3極管からビーム管まで最新アンプとの組合せで、スピーカーとアンプ各々のポテンシャルを探ります。

実験工房は「30万円迄のCD/SACDプレーヤー18機種を聴く」です。エントリークラスのデジタルディスク・プレーヤーからどれほど充実して高品位な音が聴けるか。それぞれの個性を真空管アンプを使った試聴で探ります。ヴィンテージ企画は「ライントランス ヴィンテージ/現行 15種の聴き比べ」です。CDプレーヤーとプリアンプの間に挿入して、より良いデジタル再生の音を作るライントランスの試聴です。ヴィンテージ・トランスは、UTC、トライアッド、ウェスタン・エレクトリック(WE)の12種。音楽の感動を高めるCD再生の音に注目です。

自作派大集合「音楽の旨味を引き出す6BM8シングルアンプ」は、MT型3極5極複合管6BM8シングル・パワーアンプ、管球式フォノイコライザーとプリアンプを製作した読者の登場です。クラフトによる管球式アンプでCDとレコードがいかにイメージに沿う音で聴けるかを試聴室で探ります。熟達した設計者のアンプ製作記「マイ・ハンディクラフト」は、ヒーター50Vの3極5極複合管50BM8プッシュプル・パワーアンプ、前段を半導体で構成する6BQ5プッシュプル・モノーラルパワーアンプが登場します。107号も経験豊かな本格派のオーディオファン必読の企画が満載です。




最新の注目スピーカー8機種それぞれに2種の管球式アンプを組み合わせて、マッチングで生まれるサウンドの魅力を探りました。


現行3種/ヴィンテージ8種のライントランスを昇圧を伴う結線で使って、より良いデジタル再生の音を追求しました。


CONTENTS
「最新スピーカー8機種と管球アンプ16セットの組合せ試聴」
 テスター=三浦孝仁/吉田伊織
最新設計のスピーカーを選び、出力管種や回路構成が異なる真空管アンプで鳴らすことで、スピーカー本来の音と、アンプとの組合せによって広がる音の魅力をリポートします。インテグレーテッドからセパレート型、ステレオ/モノーラル機まで幅広い真空管アンプを選定して組み合わせ、スピーカーの本領とマッチングの妙を探ります。

[試聴スピーカー]
JBL 4312G Ghost Edition、ハーベス HL-Compact7ES3 XD、B&W 805D4、ファイン・オーディオ Classic X、マジコ A3、ソナス・ファベール Olympica Nova V、TAD TAD-CE1TX、ピエガ Coax 611
[試聴アンプ]
サン・オーディオ SV-PM200、三栄電波 Allargando CS400M-EX+Allargando E300CSS II、ラックスマン LX380、カトレア SU 02P+SU 000、レーベンCS600X、トライオード EVOLUTION 300 30th Anniversary、ジュノン JUNONE 845S、オクターブ V70SE、アイオン Triton EVO、オーディオ・ノート Overture PM2、マッキントッシュ C22V+MC275VI、オーロラサウンドP REDA III+PADA-300B、エアータイト ATC5+タカツキ TA-S01、ウエスギ U・BROS280R+U・BROS330AH、フェーズメーション CM2200+MA2000、エアータイト ATC7+ATM2211J



実験工房「30万円迄のCD/SACDプレーヤー18機種を聴く」
 テスター=新 忠篤/岡田 章
 機種解説:兒玉眞一郎
デジタルディスクを音楽性豊かに聴くための、基本性能が充実したCD/SACDプレーヤー選びです。真空管アンプとの組合せで、いかに充実した音が聴けるか。価格30万円までの国内外のモデルを集めて、個性と実力を探ります。

[試聴CD/SACDプレーヤー]
ヤマハ CD-S303、マランツ CD6007、サウンドウォーリア SWL-CA1、ティアック CD-P750、デノン DCD900NE、マランツ CD60、アーカム CDS50、アトール CD50 Signature、ヤマハ CD-S1000、デノン DCD1700NE、CEC CD5、ラックスマン D-N150、アトール CD100 signature、エヌモード X-CD5、ニュープライム CDP9、プライマー CD15 PRISMA、ロクサン K3 CD PLAYER、トライオード TRV-CD6SE



「ライントランス ヴィンテージ/現行 15種の聴き比べ」
 テスター=土井雄三/新 忠篤/杉井真人
CDプレーヤーとプリアンプの間に挟んで使うライントランスの聴き比べです。ヴィンテージ/現行の15モデルで1次インピーダンス150Ω:2次インピーダンス600Ωの結線を基本に試聴して、デジタル再生の音をいかに濃厚かつ情感豊かに変化させられるかを探ります。

[試聴ライントランス]
◎現行=タムラ TD1、ルンダール LL1527XL、ゼネラルトランス FMN150W
◎ヴィンテージ=UTC O12/A22/HA108X、トライアッド A61J、ウェスタン・エレクトリック(WE)111C(プレスケース)/111C(鋳物ケース)/177C/119E/170B/80B/93A/91A?
[試聴システム]
○プリアンプ=アルテック 1567A
○パワーアンプ=アルテック 1520T
○スピーカー=アルテック 604E+612C(銀箱)


写真はケース天板を開けた内部です。



連載「クラングファルベに寄せて」小林正信
 第6回「手軽にドイツ伝統の音を入手する(アンプ編)」


前号のスピーカー編に続けて、比較的手軽に入手できるドイツ系ヴィンテージ・アンプの紹介です。映写装置や拡声装置用に作られた高品質な真空管式のジーメンス&ハルスケ製は多く現存します。安価で入手しやすいポータブル映写装置用としては出力管がEL41、EL84、EL95のSf.V6シリーズがあり、オーディオ機器組み込み用の小型アンプもあります。内部写真と回路図も交えて解説します。



マイ・ハンディクラフト
真空管アンプの音と設計に精通する『管球王国』筆者による新作・管球式アンプ2モデルを発表します。回路の詳細と製作過程を解説し、完成アンプの試聴室でのインプレッションを交えて紹介します。

是枝重治◎50BM8プッシュプル・パワーアンプFascination 107の製作
MT型3極5極複合管50BM8×4本で構成するコンパクトなパワーアンプです。シャーシはステンレスの板金加工、脚部はアルミ棒からの削り出しで手間をかけて製作され、トランスケースは鮮やかなブルーのカラーリングで瀟洒で上質な意匠にまとめられています。出力は6.1W+6.1Wで、現代スピーカーを鮮度が高く潤いある音で鳴らします。




唐木延志夫◎ハイブリッド型6BQ5 プッシュプル・モノーラルパワーアンプSP04VTの製作
前段を高音質なオーディオ専用オペアンプOPA604で構成して、MT型5極管EL84/6BQ5の魅力を引き出すモノブロック機です。真空管/オペアンプ部で独立の電源トランスなど充実した設計を投入してコンパクトなシャーシにまとめ上げ、出力は14Wです。現代スピーカーの優れた駆動力を持ち、明るく気持ちのよい真空管サウンドを聴かせるアンプです。






自作派大集合「音楽の旨味を引き出す6BM8シングルアンプ」
 新 忠篤/井上 洋/小林 昭
3極管接続/5極管接続やNFBの切替えなどを盛り込み、高品質な出力トランスを使って独力で初めて製作したMT型3極5極複合管6BM8のシングルアンプで、CD/LPレコード/SPレコードがいかにイメージ通りの気持ちよい音で聴けるか。試聴しながらアンプ製作の楽しさとノウハウを語り合います。


管球王国107号 回路図の訂正とお詫び
管球王国107号(4月27日発売)に掲載した記事「自作派大集合」の158ページで「6BM8シングル・パワーアンプ 全回路図」の1箇所に誤りがありました。
6BM8・3極管部のカソード抵抗値「27kΩ」は誤りで、正しくは「2.7kΩ」です。
関係各位ならびに読者の皆さまにお詫びして訂正いたします。



2023冬の注目新製品試聴
 テスター=傅 信幸/三浦孝仁
この冬に登場する話題のニューモデルを試聴してポイントと音質を探ります。ハイグレードなSACD/CDプレーヤーほか、MCカートリッジやフォノイコライザーなどアナログ関連の注目機が登場します。


この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品