ステレオサウンド 通販専用ダイヤル:050-1807-4411
受付時間 10:00-12:00/13:00-17:30(土日祝、年末年始除く)

TOPページ > オーディオ > 山中湖 SR005 [パワーアンプ](完成品)【受注生産・通常納期約90日】※メーカー直送

山中湖 SR005 [パワーアンプ](完成品)【受注生産・通常納期約90日】※メーカー直送

販売価格265,650円(税込)

[1,208ポイント進呈 ]

[ 送料込 ]

【販売期間:2023年10月30日0時0分2024年3月29日23時59分

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

商品画像

商品画像
商品画像
拡大 Prev Next

双3極管6C33C片ユニット相当の6C41Cシングル。
鮮度が高く明敏な応答性に優れた音を聴かせる


●コンセプト
 真空管アンプブランド「カトレア」を主宰する小池儀治氏はハンドメイドの魅力に富むアンプを送り出す設計者です。「山中湖」は小池氏が『管球王国』の「マイ・ハンディクラフト」記事向けに立ち上げた専用ブランドで、SR005はシンプルな回路設計で音楽性の豊かな音を聴かせるアンプを目指した、傍熱型3極管6C41Cシングル・パワーアンプです。6C41CはOTLアンプで著名な6C33Cの片ユニットに相当する内部抵抗の低い真空管です。オールロシア管を採用して、出力6W+6Wにまとめられています。

●回路と使用パーツ
 前段は6SL7によるSRPP回路として、ドイツERO製0.22μF/630Vフィルムコンデンサーを使って6C41C出力段をC結合します。出力管はプレート電圧の最大規格450Vに対して234Vを印加し、自己バイアス動作でロングライフにも配慮しています。全体は無帰還設計です。カソードバイパスコンデンサーにニチコンMUSEシリーズFine Goldを使い、直熱管のような透明度の高い音を目指して音作りを図っています。トランス類はゼネラルトランス製で、出力トランスはオリエントコア、電源トランス/チョークコイルはハイライトコア採用です。電源部はアースラインに銅パイプを使ってレギュレーション向上を図るなど、小池氏の特徴的な手法が本機でも踏襲されています。

●音質について
 SR005は無帰還2段構成らしい鮮度と明敏な応答性に優れた音を聴かせます。大型モニタースピーカーのB&W801D4との組合せで、最新録音のジャズではトランペットの明晰な吹き上げ、彫りの深いピアノの躍動感、ウッドベースの木質の響きとも克明に描き、演奏者が集中する気配を伝えました。繊細さと闊達な鳴りっぷりのよさを両立して帯域バランスが安定し、各音楽分野への広い適応力を持つアンプです。



天板上の左右に出力管の傍熱3極管6C41Cが配置されます。中央手前の前段管6SL7、奥の整流管GZ34ともロシア管を採用します。フロントのウッドパネルはカリン材のチークオイル仕上げです。


リアパネル左に1系統のRCAアンバランス入力端子を装備します。1系統のスピーカー出力端子は8Ωに対応します。シャーシ材は2mm厚のアルミです。


トランス類はすべて国産のゼネラルトランス製です。シャーシはハンマートーンで仕上げられ、真空管は天板から落とし込んで装着しています。左右シンメトリカルなパーツ配置が追求されています。


内部はメイン/サブシャーシともL字アングルで補強されています。出力管カソード回路の20Wメタルクラッド抵抗はL字アングルに添わせるなど、各部で放熱に配慮されています。


製品仕様
◎最大出力:6W+6W
◎入力端子:LINE1系統(RCAアンバランス)
◎入力インピーダンス:110kΩ
◎スピーカー出力端子:8Ω
◎使用真空管:GZ34(Russia)×1、6SL7(Russia)×2、6C41C(Russia)×2
◎寸法/重量:W255×H185×D340mm/11kg

* 製作とメインテナンスは小池氏が担当し、製品は小池氏より直送されます。
* 受注生産品のため、お客様都合によるご注文後のキャンセル/返品は一切お受けできません。
* お客様側の破損による返品・交換はお受けできません。
* 沖縄および離島への送料は別途お見積となりますので、ステレオサウンド販売部までお問合せください。

■製品の仕様に関するお問合せ
物造り工房カトレア 小池儀治 TEL:0555-62-3411


この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品