閉じる
会員様情報
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様
利用可能ポイント
{@ member.total_points @}ポイント
line

NEWS

  • 2024.5.16
    本日より6,000円以上のご購入で全国送料無料キャンペーン開始しました!
シューベルト:ピアノ五重奏曲 イ長調 《ます》、幻想曲 ハ長調 《さすらい人》 (CD/SACDハイブリッド)
シューベルト:ピアノ五重奏曲 イ長調 《ます》、幻想曲 ハ長調 《さすらい人》 (CD/SACDハイブリッド)
  • New!
予約商品

シューベルト:ピアノ五重奏曲 イ長調 《ます》、幻想曲 ハ長調 《さすらい人》 (CD/SACDハイブリッド)【予約商品・6月15日頃より順次発送予定】

本商品は予約商品です。
発送時期は商品名に記載の内容をご確認ください。
予約商品は配達希望日時を指定できません。

予約販売価格 ¥ 4,000 税込
[ 36 ポイント進呈 ]
予約受付期間
予約在庫切れ

スヴャトスラフ・リヒテル(ピアノ)
ボロディン四重奏団員
ゲオルク・ヘルトナーゲル(コントラバス)

■発売日:2024年6月15日
■品番:ESSW-90293
■仕様:Super Audio CD ハイブリッド
■JAN:4907034225477
■レーベル:Warner Classics (旧EMI)
■音源提供:株式会社ワーナーミュージック・ジャパン
■ジャンル:室内楽曲
■DSD Mastering / Super Audio CD 層: 2 チャンネル・ステレオ
■美麗豪華・紙製デジパック・パッケージ使用
※海外販売不可につき、商品配送先が海外販売・海外転送業者の場合、また海外転送や転売目的と弊社が判断した場合は断りなくご注文をキャンセルとさせていただきます。あらかじめご了承ください。



20 世紀ピアノ演奏史にそびえたつ巨匠リヒテルのシューベルトの名演を2 曲カップリング。

■20 世紀最大の巨匠、スヴャトスラフ・リヒテル
 20 世紀ピアノ界の巨人的存在、旧ソ連の名ピアニスト、スヴャトスラフ・リヒテル(1915-1987)。バッハから同時代音楽を網羅する膨大なレパートリーを持ち、生涯にわたって尽きることのないエネルギーで精力的に演奏活動を行い、個性的かつ巨大な演奏解釈を披露し続けました。録音には無頓着ながらも、旧ソ連の国有会社メロディアや共産圏のレーベルだけでなく、当時の西側のほぼすべてのメジャー・レーベルに多数の録音を残しており、生前からも発売されていた演奏会のライヴ録音を合わせると、録音ソフトの発売点数は他のどのピアニストよりも多いのではないかと思われるほどで、その意味でも破格の存在といえるでしょう。当シリーズでもドイツ・グラモフォンとEMI に録音された協奏曲の名盤2 枚をリマスターして参りましたが、今回はEMI 録音によるシューベルトの名作2 曲をカップリングしたアルバムをリリースいたします。

■鉄のカーテンに遮られた「幻のピアニスト」から「現代最高の巨匠」へ
 第2 次大戦後の東西分裂によって旧ソ連と西側との間の政治的・文化的交流が分断された結果、リヒテルが旧ソ連国外で演奏できるようになったのは彼が30 代半ばになった1950 年までずれ込んでしまいました。それ以後チェコ、ポーランド、ハンガリーなど東側の共産圏には時折登場するようになりましたが、西側には共産圏のレーベルのライセンスなどで発売されるレコードや、評判が伝えられるのみでその実態がなかなか把握されず「幻のピアニスト」とされていました。そうした中で、1956 年にはドイツ・グラモフォンが西側のどのレコード会社にも先駆けてプラハでリヒテルのソロ録音(シューマンの「森の情景」ほか)の収録を実現させ、さらに1958 年から59 年にかけては、ワルシャワで協奏曲も含むステレオLP3 枚分の録音を行ないました。また1958 年2 月のソフィアでのライヴがフィリップスによって録音され、これらの録音が西側で広く発売されるにつれて、リヒテルは「現代最高の巨匠ピアニスト」と位置づけられるようになり、さらに1960 年後半のアメリカ・デビューと全米ツアーの実現によって、その名声は頂点に達したのでした。

■5 回続けざまに弾いた1963 年の「さすらい人幻想曲」
 リヒテルのレコード発売についてはグラモフォンとフィリップスの後塵を拝したEMI は、1960 年5 月にヘルシンキで行われたリサイタルの際にフランスEMI のA&R 部門で働いていたジャック・ライサーを通じてリヒテルに接触して録音の快諾を得、翌1961 年8 月、リヒテルのロンドン・デビューに合わせてアビーロード・スタジオで録音セッションを設けて、ベートーヴェンの「テンペスト」とシューマンの幻想曲を録音。さらに翌62 年秋の初のイタリア・ツアーではグラモフォンと共同して各地でライヴ録音を敢行し、その中からシューマンのピアノ・ソナタ第2 番と「ウィーンの謝肉祭の道化」を発売しています。そして翌63 年前半の西側のツアーのプログラムにフィーチュアされていたシューベルトの「さすらい人幻想曲」を、2 月と5 月にパリで収録し、同時に収録されたピアノ・ソナタ第13 番と合わせてEMI としては3 枚目のアルバムを発売したのです。初出盤のライナーノーツによると、食事で中断されたくないというリヒテルの意向で、セッションは連日長い夕食の後、午後9 時から翌朝の3 時まで行われました。またほとんどの場合、リヒテルが細かなインサートやリテイクを嫌ったため、楽章単位の長いテイクで収録され、演奏者が満足するまで何度もリテイクが行われています(リヒテルの盟友だった指揮者のルドルフ・バルシャイが見学に訪れた日もあったそうです)。またライサーの回想によると、最初のセッションの時にリヒテルはひどい風邪をひいていたためセッションは難儀し、そのセッションで録音したテイクから別のプロデューサーによって細かく編集されたマスターをライサーが聴き、到底リヒテルのものとは思えない出来だったため、正直にその旨をリヒテルに伝えたところ、リヒテルは自分でマスターを試聴することなく再録音することを決意。当時はフランスにはステレオ機材がなかったため、機材がロンドンから届くのを待ってリヒテルは再度パリに赴き、そこで「さすらい人」全曲を続けざまに5 回弾いて満足した、という裏話を伝えています。いずれにせよ発売されたレコードはフランスのディスク・グランプリ賞を獲得するなど、高く評価されました。「さすらい人幻想曲」はリヒテルが演奏家として最初期の1938 年から弾き始めた愛奏曲で、生涯に58 回取り上げています。この63 年盤は作品の持つエネルギッシュな前進性をクローズアップし、特に第4 楽章コーダのフーガ風の部分の強靭なまでのピアニズムはこの時代のリヒテルならではの力感を伝えています。また歌曲「さすらい人」の旋律が使われた第2 楽章で沈潜していく悲痛な感傷も、他にないほどの深みをたたえています。

■1980 年のシューベルティアーデで収録されたリヒテル唯一の「ます」
 一方、シューベルトのピアノ五重奏曲「ます」は、「さすらい人幻想曲」の17 年後の1980 年6 月、オーストリアのホーエネムス(ホーエンエムスとも)で開催されたシューベルティアーデ音楽祭で収録されました。この音楽祭はその名の通りシューベルトの作品の演奏を目的に1976 年に歌手のヘルマン・プライらによって創設され、シューベルト作品に定評のあったリヒテルは1977 年に同音楽祭に初出演し、1979 年と1980 年にも出演しています。1980 年のリヒテルは1 月にモスクワでリサイタルを2 回開催したあとしばらく休養し、5 月下旬から活動を再開、「ます」についてはモスクワで2 回、キーウで2 回演奏してから、シューベルティアーデ音楽祭に臨みました。共演は1944 年に創設され20 世紀ソ連を代表する名カルテットとして、この時期以降リヒテルとも多数の共演を重ねることになるボロディン四重奏団のメンバー3 人とコントラバス奏者としてドイツを代表する存在だったゲオルク・ヘルトナーゲル(1927-2020)。通常のピアノ五重奏曲とは異なり、ヴァイオリン2 部の代わりにコントラバス、そしてピアノという特異な編成で、ピアノと弦楽パートの対比が顕著なこの作品にあっては、力強く雄渾なリヒテルのピアノ、ボロディンSQ が得意とする堅固な構成感の表出が大きな役割を果たしています。年上のリヒテルの精神の燃焼が世代の若い弦楽奏者を刺激し、5 人の演奏者の間での実に緊密な音楽の対話が実現し、それがシューベルトの室内楽の本質と不可分であることを聞きとることができます。特に有名な第4 楽章の歌曲「ます」の主題による変奏曲は、各変奏が見事に彫琢され、それぞれの性格が実に明確に弾き分けられています。リヒテルがこの作品を弾いたのは生涯で7 回のみであるため、その最後の演奏が鮮明な録音として後世に残されたのは幸運なことでした。

■演奏の生々しさをそのまま捉えた「ます」
 「ます」の録音が行われたホーエネムスのリッターザール(騎士の間)は、12 世紀に遡る名家ホーエネムス家の居城として16 世紀後半に建築されたルネサンス風の宮殿内にあるセレモニー用の大広間で、シューベルティアーデ音楽祭の初期の演奏会場の一つでした(演奏会場が他の会場に移った現在はレストランとして運営)。ほぼ正方形で、前方と後方に窓が6 つずつあり、前方に床を少し持ち上げてステージが設置されていました。椅子は演奏会のたびに持ち込まれて設置されるため正確な収容人数は不明ですが、おそらく250~300 人程度であったと思われ、シューベルトの仲間の集まりという意味合いを持つ「シューベルティアーデ」を冠した音楽祭には相応しい親密な空間だったのではないでしょうか。EMI のオリジナル盤には「ライヴ録音」のクレジットはなく、聴衆のノイズもほぼ聴こえないものの、5 人の演奏者による音楽的感興が実に生々しく捉えられています。またこの録音はEMI としては最初期のデジタル録音の1 枚ともなりました。エンジニアリングは1967 年からEMI Electrola のエンジニアを務め、アルバン・ベルク四重奏団の名盤やオリジナル楽器による録音シリーズのEMI Reflexe の録音を担ったヨハン=ニコラウス・マッテスです。

■リヒテルの膨大なディスコグラフィの中でも録音条件の良い「さすらい人」
 1963 年の「さすらい人」が録音されたパリのサル・ワグラムは、この時代のパリのセッション録音ではメゾン・ド・ミュチュアリテと並び多用されたホール。オーケストラ向きの大きなキャパシティの会場であるにもかかわらず、当時フランスEMI(VSM)のメイン・エンジニアでクリュイタンスやフランソワなど多くの録音を手掛けたポール・ヴァヴァスールはリヒテルの演奏が持つpp からff までの幅広いダイナミック・レンジを余すところなく捉えています。強奏のパッセージでも響きが濁ることなく、リヒテルの圧倒的なまでの緻密な指さばきが実に明瞭に聴きとれるという点で、リヒテルの数多いスタジオ録音の中でも最高の条件のレコーディングといえましょう。「ます」も「さすらい人」も発売当初から高く評価されたためカタログから消えることはなく、デジタル録音だった「ます」はLP 発売の1 年後にCD で発売され、「さすらい人」もCD 初期の1987 年にCD 化されています。両曲とも1996 年には海外ではART システムで新規リマスターが行われる一方で、「ます」は日本のHS2088 システムでもリマスターされるなど、技術の進歩に応じて最適の器に盛り込まれてきました。それでもSuper Audio CDハイブリッドでの発売と、それを意図したリマスターは今回が初めてとなります。これまで同様、使用するマスターの選定から、最終的なDSD マスタリングの行程に至るまで、妥協を排した作業をおこないました。特にDSD マスタリングにあたっては、「Esoteric Mastering」を使用。 入念に調整されたESOTERIC の最高級機材Master Sound Discrete DAC とMaster Sound Discrete Clock を投入。またMEXCEL ケーブルを惜しげもなく使用することで、オリジナル・マスターの持つ情報を伸びやかなサウンドでディスク化することができました。


収録曲
フランツ・シューベルト
Franz Schubert

ピアノ五重奏曲 イ長調 D667 (作品114) 《ます》
Piano Quintet in A major, D 667 (Op. 114) "The Trout"
[1] 第1 楽章: Allegro vivace
[2] 第2 楽章: Andante
[3] 第3 楽章: Scherzo (Presto)
[4] 第4 楽章: Thema mit Variationen (Andantino)
[5] 第5 楽章: Finale (Allegro giusto)

幻想曲 ハ長調 D760 (作品15) 《さすらい人》
Fantasie in C major, D 760 (Op. 15) "Wanderer"
[6] 第1 楽章: Allegro con fuoco ma non troppo
[7] 第2 楽章: Adagio
[8] 第3 楽章: Presto
[9] 第4 楽章: Allegro

スヴャトスラフ・リヒテル(ピアノ)
Sviatoslav Richter, Piano

ボロディン四重奏団員:
Members of the Borodin Quartet:
ミハイル・コペルマン(ヴァイオリン)[Quintet]
Mikhail Kopelman, Violin
ディミトリー・シェバリーン(ヴィオラ)[Quintet]
Dmitri Shebalin, Viola
ヴァレンティン・ベルリンスキー(チェロ)[Quintet]
Valentin Berlinsky, Cello
ゲオルク・ヘルトナーゲル(コントラバス)[Quintet]
Georg Hörtnagel, Double Bass

[録音] 1-5: 1980 年6 月18 日、オーストリア、ホーエネムス城、リッターザール(デジタル・レコーディング)
6-9: 1963 年2 月11 日~13 日・16 日・18 日、5 月11 日~12 日、パリ、サル・ワグラム
[初出] 1-5: ASD 4032(1981 年) / 6-9: ASD 561 (1963 年)
[日本盤初出]1-5: EAC90052 (1981 年10 月21 日) / 6-9: AA7070 (1964 年4 月)

[オリジナル・レコーディング]
[レコーデイング・プロデューサー]1-5: ジョン・モードラー 6-9: ピーター・アンドリー
[レコーディング・エンジニア]1-5: ヨハン=ニコラス・マッテス 6-9: ポール・ヴァヴァスール

[Super Audio CD プロデューサー] 大間知基彰(エソテリック・マスタリング・センター)
[Super Audio CD アソシエイト・プロデューサー] 吉田穣(エソテリック・マスタリング・センター)
[Super Audio CD リマスタリング・エンジニア] 東野真哉(エソテリック・マスタリング・センター)
[Super Audio CD リマスター] 2024 年3 月 エソテリック・マスタリング・センター、「Esoteric Mastering」システム

[解説] 浅里公三 那須田務
[企画・販売] ティアック株式会社
[企画・協力] 東京電化株式会社


この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品