TOPページ > レコードショップ > SACD > ベートーヴェン:交響曲第7番&第8番(1954)(SACDハイブリッド)

ベートーヴェン:交響曲第7番&第8番(1954)(SACDハイブリッド)

NEW!!

販売価格3,065円(税込)

[14ポイント進呈 ]

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

商品画像

商品画像
商品画像
拡大 Prev Next

※商品の発送は、お取り寄せ商品、予約商品を含め、ご注文内のすべての商品が揃い次第のご手配となります。注文の分割発送や、注文コードが異なる複数の注文のまとめ発送は承ることができません。あらかじめご了承ください。

※【お取り寄せ】の記載がある商品は、取り寄せから発送まで通常1週間〜10日ほどお時間をいただきます。また、発売元における在庫切れ、廃番/生産終了等で入荷できないことが確認された場合は、商品をキャンセルとさせていただきます。

アーティスト:ヴィルヘルム・フルトヴェングラー、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

■レーベル:KING INTERNATIONAL
■品番:KKC-4309
■ジャンル:クラシック交響曲
■形態:SACD Hybrid
■その他の製品情報:MONO
■収録時間:66:41
■発売日:2022年11月17日
■JAN:4909346030190


フルトヴェングラーがウィーン・フィルを指揮した最後の演奏会記録、ザルツブルクでの「第7&8」が、SACDハイブリッド盤で登場!

★ベートーヴェンの「第7」「第8」をふった1954年ザルツブルク音楽祭での記録。フルトヴェングラーがウィーン・フィルを指揮した最後の演奏会記録であるこのディスクの意義は大きいといわざるを得ません。演奏は最晩年のフルトヴェングラーの特長が出たもので、遅いテンポと重いリズム。かつての劇的なテンポは控えられ、美しい造形を生み出しております。力強く、情熱的ではあっても、緊迫した凄みはなく、豊かな広がりと気品を有しています。巨匠が到達した諦観の境地、澄み切った感情の美しさがここに聴けます。

★「第7」はキングレコードからLP:K22C-137(1981.10.21)、CD: KICC-2296(1993.7.21)、KICC-1266(2016.6.22)で発売。K22C-137は当初「伊ラウディス原盤による世界初出LP」として発売したもので、音質の良さで大評判となりました。「第8」は LP:K19C-21〜2(1980)、K17C-9421(1984.10)、CD:K35Y-43(1980)、KICC-2296、KICC-1266で発売。2曲とも今回、世界初のSACD化!ミラノ・ディスコスが制作したアナログ・テープ(1/4インチ幅、秒速38cm)の非常に良好な音質をキング関口台スタジオで最新デジタル・リマスタリングによりさらに改善して発売します。ライナー・ノーツは宇野功芳氏のものを転載。

「ぼくは1954年のフルトヴェングラーの演奏に特別の感慨を持っている。1930年代、40年代の燃えに燃えたフルトヴェングラーももちろん良い。しかし晩年の演奏の完成度にも強く惹かれざるを得ない。造型においても表情においても、それまでに見られなかった深みを湛えているからで、とくに1954年の演奏に特徴が顕著なのである。(中略)この「第7」も、まぎれもなく1954年の演奏である。フルトヴェングラー独特の内容を十分に保ちながら、テンポの激しい変転を少しでも抑えようとする理性や意思の力が実感されるからである。・・・ (「第8」について)遅いテンポと腰の重いリズムを一貫させ、音の出し方に絶えず意味があり、すばらしい情熱を内燃させた第1楽章、やはり遅いテンポと分厚いひびきで、すごい内容を感じさせる第3楽章あたりは、彼ならではの名演であり、フィナーレも53年盤をはるかに上まわる。録音もひびきの豊かなぶん、このほうが上で、フルトヴェングラーの「第8」の代表盤といえよう。」(宇野功芳 ライナー・ノーツより)


TRACK LIST
ベートーヴェン:交響曲第7番&第8番(1954)/フルトヴェングラー

交響曲 第7番 イ長調 作品92
交響曲 第8番 ヘ長調 作品93

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1954年8月30日 フェストシュピールハウス、ザルツブルク(ライヴ)


この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品