TOPページ > レコードショップ > フラットトランスファーシリーズ > 【販売終了】美空ひばり 「愛燦燦」「みだれ髪」マスターCD-R HCSCDR-002

【販売終了】美空ひばり 「愛燦燦」「みだれ髪」マスターCD-R HCSCDR-002


発売日:2013年12月9日
型番:HCSCDR-002
仕様:マスターCD-R
   メディア:太陽誘電社製マスター専用CD-R
   フォーマット:44.1kHz/16bit CD-DA

販売価格8,800円(税込)

[40ポイント進呈 ]

完売しました。

商品についてのお問い合わせ

商品画像

商品イメージ
商品イメージ
拡大 Prev Next

オリジナルジャケット

愛燦燦みだれ髪


「昭和の歌姫」美空ひばりの艶めかしい歌声はもちろん、想い、息遣いまでも堪能できる珠玉のカップリング。

《収録曲》
1. 愛燦燦 1986年3月デジタル録音
 オリジナルEP品番AH-732(発売日1986年5月29日)
 作詞:小椋 桂
 作曲:小椋 桂
 編曲:若草 恵

2. みだれ髪 1987年10月アナログ録音
 オリジナルEP品番AH-891(発売日1987年12月10日)
 作詞:星野哲郎
 作曲:船村 徹
 編曲:南郷達也



このディスクは、美空ひばりさんのマスタリング前のオリジナルスタジオマスターを何とか聴くことが叶えられないかとのオーディオ愛好家の熱い要望に応え、日本コロムビア株式会社と株式会社ひばりプロダクションの特別な許諾とご協力をいただき、ひばりさんの「悲しい酒(セリフ入り)」に続く弟二弾として多くのリクエストをいただいた「愛燦燦」と「みだれ髪」の二曲をカップリングしたスタジオマスター専用CD−Rです。

今回フラットトランスファーしたこれら二曲の録音は、当時、東京・赤坂にあったコロムビアスタジオで行なわれたものですが、日本コロムビアの記録では、ひばりさんはこの曲をスタジオレコーディングとしては一度しか録っていないとあります。最初で最後のオリジナルヴァージョンです。

一般市販されている幾多のディスクは、このスタジオマスターから制作されたマスタリング後のサウンドによるものです。

一曲目の「愛燦燦」は、1986年3月録音。同年5月29日にEP盤(AH-732)として発売されたもの。オリジナルマスターは、AMPEX の1/4インチPCMテープで、再生機器には当時と同MITSUBISHI のX-80 PCMテープレコーダーが使われました。

二曲目の「みだれ髪」は、1987年10月録音。同年12月10日にEP盤(AH-891)としてリリースされたもの。オリジナルマスターは、AMPEX の1/4インチアナログテープで、再生機器には、当時と同じくSTUDERのA80アナログステレオテープレコーダーを使用。CD−Rへの書き込みは、今回も日本コロムビアの名チーフエンジニア・武沢茂氏の手によって、一枚一枚プロフェッショナル専用機器で行なわれています。ディスクは、エラーレートが極めて低い太陽誘電社製プロフェッショナル・オーディオのマスター専用CD-R(TYCD-R80SPMPT)を採用し、さらに前回同様、音質を最優先に考え盤面へのレーベル印刷は行なっていません。

小椋 桂さん作詞・作曲、若草 恵さん編曲による「愛燦燦」は、なんといっても、ひばりさんでなければ表現できなかった、きらびやかさが圧巻のサウンドです。

この曲の歌詞の1番から3番に至ってゆったりとした変化を付けてだんだんと明るく歌い上げてゆくところに、ひばりさんの想いが見えます。デジタル録音のマスターテープから直接書き込んだDDD盤の効果により、当時の美空ひばりさんの歌声がリアルに鑑賞できると思います。

「愛燦燦」を録音した当時のチーフエンジニア・岡田則男さんは、「喝采」「ブルーシャトウ」「真赤な太陽」といった名曲を手掛けた名録音家です。一方の、星野哲郎さん作詞、船村 徹さん作曲、南郷達也さん編曲による「みだれ髪」は、「鳳仙花」「四つのお願い」「酒場川」といった名曲を手掛けて来られた名レコーディングエンジニア・池田伊佐男さん。しっとりとした世界感の表現が特徴的です。

聴き処はイントロのギターの音色、ところどころでかすかに聴こえる鈴の音。また、ひばりさんが歌ったこれまでのキーより半音高い高音域の歌声や、長音での息継ぎがリアルに捉えられた場面など、マスターテープからダイレクトに制作した音の分解能のよさが伝わってくると思います。

「愛燦燦」「みだれ髪」それぞれの楽曲コンセプトの違いを見事に描いた両エンジニアの感性と共に、「昭和の歌姫」ひばりさんの生々しさ溢れる歌声をじっくりとご堪能ください。



【ステレオサウンド・フラット・トランスファー・シリーズをお求めの方へ】
本シリーズの記録メディアには録音の現場で使われているプロ用のCD-Rを使っています。CD-Rは、一般に、音楽ソフトとして販売されているディスクとは構造や仕様が大きくことなるため、お取り扱いには細心の注意を払っていただきますようお願いいたします。保管には、風通しのよい冷暗所が最適です。また、ディスク信号面、レーベル面ともに水濡れは厳禁。湿った状態で擦りますと、無地レーベル面ばかりか銀素材による反射層まで剥離してしまいます。水滴や汗などが付着した場合は、柔らかい布などで軽く押さえたのち、自然乾燥してください。この際、日光をはじめとする強い光にさらさないようお願いいたします。CD-Rは紫外線を嫌います。また、レーベル面にセロファンテープやステッカー、シールなどを貼らないでください。はがす際、レーベル面や保護層、ひいては反射層が破壊される可能性があります。CD-Rが通常の音楽CDにくらべてデリケートであることをご理解いただき、すばらしい音楽をいつまでもお楽しみいただけますよう、ご配慮をお願いいたします。

この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品