TOPページ > レコードショップ > モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3&4番、アダージョ K.261、ロンド K.269(CD)

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3&4番、アダージョ K.261、ロンド K.269(CD)

NEW!!

販売価格3,000円(税込)

[14ポイント進呈 ]

売り切れ/SOLD OUT

入荷お知らせメール
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

商品画像

商品画像
商品画像
拡大 Prev Next

商品の発送は、お取り寄せ商品、予約商品を含め、ご注文内のすべての商品が揃い次第のご手配となります。注文の分割発送や、注文コードが異なる複数の注文のまとめ発送は承ることができません。あらかじめご了承ください。

アーティスト:ユリア・フィッシャー、ヤコフ・クライツベルク、オランダ室内管弦楽団

■レーベル:PENTATONE
■品番:KKC-6573
■原盤品番:PTC-5187016
■国内盤:(国内仕様)
■ジャンル:クラシック協奏曲
■形態:CD
■その他の製品情報:DDD ディジパック仕様
■収録時間:60:45
■付属品:輸入盤・日本語帯・解説付


日本語解説書付
名器グァダニーニの美音を堪能。
ユリア・フィッシャーの誉れ高き名盤、
モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3&4番がCDフォーマットで再発売!


★類稀な才能の持ち主の天才ヴァイオリニスト、ユリア・フィッシャーが20代前半に録音した名盤「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番&第4番、アダージョ K.261、ロンド K.269」がCDフォーマットで再発売

★ミュンヘン生まれのユリア・フィッシャーは、3歳でヴァイオリンを、その後ピアノも習いはじめ、すぐにその才能を開花させヴァイオリン、ピアノそれぞれで国際的なコンクールに複数回優勝しているという逸材。その後順調にキャリアを重ね、PENTATONEレーベルからのデビュー盤となったロシアン・アルバムで、一躍世界のひのき舞台に躍り出ました。確かな技術と情熱的な語り口が魅力のフィッシャーですが、モーツァルトでは艶やかな美音を披露し、ふくよかな音色は唯一無二の至芸といえます。当録音では多くのカデンツァをユリア・フィッシャー自身が書いており、モーツァルトの作品に対する強い思いも表れ、さらに当時使用していた名器グァダニーニの音色を存分に味わえます。演奏のすばらしさはもちろんのことPENTATONEが誇る技術チームによる極上の録音をお楽しみいただけます!


収録曲

モーツァルト:
●ヴァイオリン協奏曲第3番 ト長調 K.216
第1楽章:アレグロ(カデンツァ:ユリア・フィッシャー)
第2楽章:アダージョ(カデンツァ:ヤコフ・クライツベルク)
第3楽章:ロンド、アレグロ(カデンツァT:サム・フランコ、カデンツァU:ユリア・フィッシャー)
●ヴァイオリン協奏曲第4番 ニ長調 K.218
第1楽章:アレグロ(カデンツァ:ユリア・フィッシャー)
第2楽章:アンダンテ・カンタービレ(カデンツァ:ユリア・フィッシャー)
第3楽章:ロンド、アンダンテ・グラツィオーソ(カデンツァ:ヨーゼフ・ヨアヒム)
●ヴァイオリンと管弦楽のためのアダージョ ホ長調 K.261(カデンツァ:ユリア・フィッシャー)
●ヴァイオリンと管弦楽のためのロンド 変ロ長調 K.269(カデンツァ:ユリア・フィッシャー)

ユリア・フィッシャー(ヴァイオリン/1750年製グァダニーニ)
ヤコフ・クライツベルク(指揮)、オランダ室内管弦楽団、ゴルタン・ニコリッチ(コンサートマスター)
セッション録音:2005年/ヴァールゼ教会(アムステルダム)
レコーディング・プロデューサー:ヨブ・マールセ
バランス・エンジニア:ジャン=マリー・ヘイセン
レコーディング・エンジニア&エディティング:セバスチャン・ステイン


この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品