TOPページ > レコードショップ > ルガーノのフルトヴェングラー(SACD)

ルガーノのフルトヴェングラー(SACD)

NEW!!

販売価格4,690円(税込)

[21ポイント進呈 ]

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

商品画像

商品画像
商品画像
拡大 Prev Next

※商品の発送は、お取り寄せ商品、予約商品を含め、ご注文内のすべての商品が揃い次第のご手配となります。注文の分割発送や、注文コードが異なる複数の注文のまとめ発送は承ることができません。あらかじめご了承ください。

※【お取り寄せ】の記載がある商品は、取り寄せから発送まで通常1週間〜10日ほどお時間をいただきます。また、発売元における在庫切れ、廃番/生産終了等で入荷できないことが確認された場合は、商品をキャンセルとさせていただきます。

■アーティスト:ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、イヴォンヌ・ルフェビュール
■レーベル:KING INTERNATIONAL
■品番:KKC-4299/4300
■ジャンル:クラシック交響曲
■形態:2SACD Hybrid
■その他の製品情報:MONO 解説:宇野功芳 限定発売
■収録時間:DISC1 45:55 DISC1 44:55
■付属品:日本語帯・解説付
■発売日:2022年3月18日


フルトヴェングラーの1954年ルガーノ・ライヴが、2枚組SACDハイブリッド盤で登場!
世界初出LPのマスターテープから全3曲を完全復刻!
最晩年のフルトヴェングラーの心の中を垣間見るような「田園」
フルトヴェングラーのみならず、すべてのモーツァルトの演奏の中でも特筆大書すべき、屈指の名演「K.466」・・宇野功芳の名解説も全文を掲載!



TRACK LIST
ルガーノのフルトヴェングラー 完全全曲

[DISC 1]
ベートーヴェン:交響曲 第6番 ヘ長調 作品68「田園」
[DISC 2]
モーツァルト:ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 K.466
R.シュトラウス:交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」作品28

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
イヴォンヌ・ルフェビュール(ピアノ)
録音:1954年5月15日 テアトロ・アポロ、ルガーノ(ライヴ)


★1954年の11月30日に世を去る大指揮者が咲かせた最後の花々。この年の5月、フルトヴェングラーはベルリン・フィルを率いて最後の演奏旅行に出ました。4日にパリ・オペラ座で「運命」「未完成」などを指揮、14日にはトリノでブラームスの「第3」ほかを振り、15日にはルガーノのテアトロ・アポロで(前半に)ベートーヴェンの「田園」、(後半に)モーツァルトの「ピアノ協奏曲K.466」、R.シュトラウスの「ティル」を演奏しています。このルガーノにおける全曲の実況録音を収めたのが本ディスクです。しかもこのディスクのマスターは (イタリア・チェトラが発売した)世界初出LPと同じ、ミラノ・ディスコスが制作したアナログ・テープ(1/4インチ幅、秒速38cm)。もともと非常に良好な音質をキング関口台スタジオで最新デジタル・リマスタリングによりさらに改善、2枚組のSACDハイブリッド盤として発売します。

★発売履歴・・・世界初出となったのがイタリア・チェトラの2枚組LP(LO529)。その音源(マスターテープ)からキングレコードが、「田園」はLP: SLF-5017〜8(1980.6)、 K17C-9419(1984.10)、KIJC-2014〜5(1992.3.5), CD: K35Y-44(1980) ,KICC-2295(1993.7.21),KICC-1267(2016.6.22)で発売。「K.466」はLP: SLF-5017〜8、K17C-9424(1984.10)、KIJC-2014〜5、CD:K33Y-192(1986.10.5)、KICC-2295,KICC-1267で発売。「ティル」はLP: SLF-5017〜8、K17C-9424、KIJC-2014〜5で発売しましたが、CD化はされておりませんでした。

★これまでキングレコードから何回も発売を繰りかえしてきた名盤ですが、そのきっかけとなったのは1980年の最初から執筆された宇野功芳の名解説(7000字)。今回初めてCD化される「ティル」も含めて、その貴重な全文をブックレットに転載します。

「(田園は)最晩年のフルトヴェングラーの心の中を垣間見るような演奏なのだ。彼の心の中はこれほどまでに淋しかったのだ。それがぼくを共感させるのである。」
「(モーツァルトのK.466は)1954年におけるフルトヴェングラーの代表盤のひとつであり、彼は最晩年に至って初めて理想のモーツァルトを鳴らし得たのであった。」
「「(ティルは)演奏だけに焦点を当てれば、ぼくは第1にこの1954年のベルリン盤を採りたいのである。」
(宇野功芳 ライナー・ノーツより)

この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品