TOPページ > ワイン王国書店 > カリフォルニア > ワイン王国 No.88 2015年9月号

ワイン王国 No.88 2015年9月号

販売価格1,620円(税込)

[8ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

商品イメージ
商品イメージ
拡大 Prev Next

発売日:2015年8月5日
雑誌コード:19815-09

---------------------------------------------------

●【特集】新発見!シャンパーニュ&和食 ミラクルな関係
シャンパーニュを味わいや品種などから「爽」「奏」「醇」「艶」「福」の五つに分類。カテゴリーごとに試飲し、和食のどのような素材や味付け、調理法と相性が良いのか……。その傾向を4人のテイスター、阿部 誠氏、谷 宣英氏、森上久生氏、山田久扇子さんが導き出しました。各カテゴリーに合う和食を提案したのは「小田島」(東京・港区)の小田島 稔氏です。ベーシックな味わいに、よりシャンパーニュに合うよう一工夫。誰でも応用できる料理を創作しています。シャンパーニュと和食の、今までとは一味違うミラクルなマリアージュを堪能あれ!

●【現地取材】熱きワインの地カスティーリャ・イ・レオン
多くの世界遺産があり、バラエティー豊かな食文化を誇る、スペインのカスティーリャ・イ・レオン州。近年、その文化的背景を生かしたワインツーリズムも盛んです。州の代表的なワイン生産地を訪れ、造り手の取り組みと、今の姿を追いました。

●【現地取材】自然とともにある ファルツとバーデン
ブドウの芽が吹く5月、ドイツのファルツ地域とバーデン地域を訪ねました。これらの地域では軽快な白ワインを生み出すリースリング、フランスの国境近くではシュペート・ブルグンダー(ピノ・ノワール)の栽培が盛ん。繊細でフレッシュ、軽快な飲み口で、これからの季節にぴったりのワインを造るワイナリーを紹介します。

●【現地取材】カリフォルニア・ワイン・サミット 2015
ワイン・インスティチュート・オブ・カリフォルニア主催の「カリフォルニア・ワイン・サミット2015」が5月に開催されました。これは世界各国のワインジャーナリストやソムリエを対象に、200以上のカリフォルニアワインをセミナーなどを通して試飲するというもの。「シャルドネ」「ピノ・ノワール」などの品種をテーマにしたセミナーをはじめ、注目すべき新世代の造り手などを紹介します。

●5ツ星探求 ブラインド・テイスティング 1000円台で見つけた「アウトドアワイン」31本
情野博之/田中智浩/寺田泰行/永瀬喜洋
「アウトドアワイン」をテーマに、スクリューキャップやペットボトル、紙容器、やや低めのアルコール度数のワインを集めました。国内外のバラエティーに富んだ赤、白、ロゼ、泡104本を気鋭のソムリエ4名がブラインド・テイスティング。高評価の31本を、テイスティングコメントとともに、BBQをはじめ屋外で楽しめる料理とのマリアージュポイントも提案します。清涼感のある白、飲みやすい甘口微発泡、肉にぴったりの赤など個性豊かなワインを紹介!

●第37回 旬感レストランへの招待「マンダリン オリエンタル 東京 センス」
2005年12月、日本橋に開業した「マンダリン オリエンタル 東京」。この世界屈指のラグジュアリーホテルの37階にあり、本格派の広東料理で多くの美食家を魅了しているのが「センス」です。『ミシュランガイド』で1ツ星を獲得している。厨房を率いるのは、昨年11月に料理長に就任したケ徳勝シェフ。そして、その料理をワインで支えるのがシェフソムリエの加茂文彦氏。実力派ペアが発信する、唯一無二の端正なマリアージュとは。

●Aperitif 1 「シャンパンについて」千住 博
●Aperitif 2 「ワインが紡ぎ出す出会い」原田マハ
●Aperitif 3 「煌くシャンパーニュのごとく 魅了する音を奏でたい」金子三勇士
●Aperitif 4 「『きよ田』の鮨と白洲正子さんの思い出」福田和也

●オーストラリアワイン 世界が注目するシラーズの魅力
世界7大陸でもっとも古く多様な気候や土壌を持つオーストラリア。近年、オーストラリアワインを象徴する品種“シラーズ”に大きな変化が生まれています。3 人のソムリエが世界でも注目を集めているシラーズを試飲し、あぶりだされたキーワードは「エレガンス」「プレイサス」「バラエティ」。オーストラリア・シラーズのトレンドがわかる試飲企画です。

●南アフリカワインに注目!
ニューワールドの中で「最もヨーロパに近いスタイル」といわれる南アフリカのワイン。かつて「安くて美味しい」ワインが主流だった南アフリカワインですが、近年はテロワールの研究や栽培・醸造技術の向上が目覚ましく、次々と高品質ワインが誕生しています。進化する南アフリカワインの美味しさ、歴史やテロワールを、ワインジャーナリストの田辺由美さんと、ソムリエの若林英司が語ります。

●ワインの楽しみを学ぶ ワインと食のスクール紹介
ワインの楽しみ、喜びを知った今だからこそ通いたいスクール 。今よりさらに深く学び、仕事に生かすために取りたい資格。そしてワインをより美味しく楽しむために知りたい、食との相性。いつ始めるの? 今でしょ! ワインを知った今だからこそ、スクールに通ってみませんか? アカデミー・デュ・ヴァン/シャルパンテ・カレッジ/自由が丘ワインスクール/Jプレゼンスアカデミー ワイン教室/チーズプロフェッショナル協会

●第3回 お肉とワインの美味しい関係?「焼鳥ワインを探せ」
“肉とワインのマリアージュ”なんて素敵で官能的な響きだろう。この連載では、毎回、異なる肉料理とバリエーション豊かなワインを組み合わせ、両者がもっと美味しくなるコツを紹介。3回は、焼鳥とワインの相性を探ります。マリアージュ六つの極意も紹介!

●第3回 ワインでもっと美味しく マリアージュ新法則「韓国家庭料理」
さまざまなジャンルの料理とワインのマリアージュを検証する連載の3回目は、韓国料理。宮廷料理のようなハレの日の料理ではなく、日々の暮らしの中でいただく韓国の家庭料理に絞り込みました。韓国料理の味わいを形成する「辛さ」「コチジャンの甘辛さ」「ゴマ油」「発酵食品」に合うワインを分析。ワインエデュケーターの冨永純子さんとともに探ります。

●第22回TOKYOワインバル・クルージング「ワインが買えるバル」
ボトルワインをお得に楽しみたい、豊富な種類の中から選びたい─。そんな要求に応えてくれる、ワインショップを併設したバル、ビストロ、レストランを紹介します。ワインと料理でお腹いっぱいになった後に、ワインをお土産に買うことができるのもうれしいですね。店内のセラーをのぞいてみたり、酒屋に移動してワインを選んだりエンターテイメント性があるユニークなお店ばかりを集めました。

●新連載 宮嶋勲のそうだ、京都でワイン「割烹たいら」 宮嶋 勲
●第3回 レストランで極上の時間を「寿司屋は気配りが大切」山田久扇子
●第28回 イタリア醸造家列伝「ドナート・ラナーティ」 宮嶋 勲
●麗しきヴィンテージ 特別編「ルンガロッティ」宮嶋 勲
●第4回 北海道余市 ワイン便り「気象変動に負けないブドウ栽培を目指して」平川敦雄
●Twinkle Line
●FACES
●WK Library
●ワイン王国お勧めショップ


おすすめ商品

今井美樹 Dialogue -Miki Imai Sings Yuming Classics- (Single Layer SACD) SSMS-027

販売価格 4,860円(税込)

/* ストア非表示項目のため記入の必要ありません */

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

HiVi 2019年7月号

販売価格 1,296円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

サウンド・クリエイターのための、デジタル・オーディオの全知識

販売価格 3,024円(税込)

本書は初版や〈増補新版〉では触れられていなかった最新のデジタル事情を踏まえた解説を要所で改訂・加筆した〈増補改訂新版〉です。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み


この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品