TOPページ > ステレオサウンド書店 > 定期誌 > 季刊管球王国 Vol.45 2007年 SUMMER

季刊管球王国 Vol.45 2007年 SUMMER

販売価格2,880円(税込)

[13ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

商品イメージ
商品イメージ
拡大 Prev Next

発売日:2007年7月26日
雑誌コード:67968-33

---------------------------------------------------

主な内容

●JBLエベレストを弩球管球アンプで鳴らす
Preamplifier+PowerAmplifier 9 models
テスター=篠田寛一/和田博巳
JBL創立60周年を記念して登場した「Project EVEREST DD66000」。38cm大口径のダブルウーファーとトゥイーター用のコンプレッションドライバーを基軸とした、JBLのトップモデルです。今回は、このDD66000を現行管球アンプのトップモデル(9種)を揃えて聴き比べます。最高の管球アンプと組合せることで、それぞれどんな個性を引き出すのか注目です。

●ウェスタン・エレクトリック系列のヴィンテージアンプ聴き比べ (2)
ALTEC LANSING篇
テスター=新 忠篤/篠田寛一/土井雄三
ウェスタン・エレクトリック(WE)を源流とするアンプブランドの実力を検証する第2回。今回は本誌でもお馴染みの「アルテック・ランシング」をフィーチュアし、11機種ものラインナップを揃えて試聴します。

●実験工房 特別篇 マルチアンプシステムへの挑戦・第5回
JBL/TAD/ALTEC系/GIP 現行スピーカーユニット試聴
テスター=新 忠篤/篠田寛一/常盤 清
「マルチアンプシステムへの挑戦」シリーズ第5回。今回は、JBL・TAD・ALTEC系・GIP の現行スピーカーユニットを試聴します。ウーファー用エンクロージュアには「G.I.Pラボラトリー7331」を使用。マルチアンプ駆動システムの素晴らしさをぜひ発見してください。

●2007夏の注目新製品試聴
テスター=小原由夫/高津 修/和田博巳
この夏に登場する話題の管球式アンプやプレーヤー、スピーカー、アナログ関連機器などのニューモデルを試聴。新製品のポイントと音質を検証します。

●実験工房 クリーン電源の効果を検証する
アイソレーショントランスとレギュレーター電源
テスター=新 忠篤/岡田 章/篠田寛一
今回の実験工房はクリーン電源にスポットを当て、アイソレーション・トランスとレギュレーター電源11機種の効果を探ります。また、日本のAC電源事情とクリーン電源の種類を掘り下げ、実用的な効果を検証。ご自宅の電源状況に合わせた対処法を考えます。

●Vintage Analogue
1980年代以降に登場した日本製ハイエンド・プレーヤー・システム
日本製ハイエンド・プレーヤーの試聴
テスター=海老澤 徹/新 忠篤/池田 勇
デジタルオーディオの幕開けを告げた80年代。史上かつてない国産ハイエンド・プレーヤーがアナログ・オーディオ界を賑わしました。今回はマランツ、テクニクス、デノンなど5機種の比較試聴で、その世界を探求します。

●マイ・ハンディクラフト
上杉佳郎_CR型フォノイコライザーアンプ TAE4の製作
是枝重治_プリアンプ KSP45/パワーアンプ KSM45の製作

●いま再びアナログワールドへ 新 忠篤/常盤 清

●甦る少年時代の「思い出」 1-V-1ラヂオ MODEL/2007-4-1 上杉佳郎

●小原由夫のあなろぐ狂想曲「テクニクスSP10Mk 導入記」

この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品