TOPページ > ステレオサウンド書店 > 定期誌 > HiVi 2019年6月号

HiVi 2019年6月号


■発売日:2019年5月17日
■雑誌コード:17511-06
■JAN:4910175110694
HiVi(ハイヴィ)のバックナンバーはこちらから
Fujisan.co.jpで“月額払い”で購読

販売価格1,296円(税込)

[6ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

商品画像

商品画像
商品画像
拡大 Prev Next

ことNetflix映画を観るには「自宅が最善」であることはHiVi4月号の通り。しかしながら、在来型の最新ハリウッド映画を観るならば少し事情は異なるというもの。それは、日本にもドルビーシネマやIMAXレーザーといった上映品質志向の映画館/スクリーンができているから。自宅では到底再現できないと思わせるようなこれらの品質志向の映画館は、AVマニアを大いに刺激する。……というわけで、やはり「AVマニアはシネマを目指す」。

なぜこのタイミングでこの特集を? という理由はやはりドルビーシネマの存在が大きなポイント。MOVIXさいたまにオープンしたドルビーシネマの詳報や、「IMAXツインレーザー」を導入する予定の池袋「グランドシネマサンシャイン」の情報も掲載。これらだけでなく、品質志向の映画館を一覧できる「AVマニアが目指すべき 映画館完全マップ 163」として全国の映画館を地図にまとめました。

そして、それらを“リファレンス”(引用元・基準)として、家庭での映画再生に反映しようというのが本企画の趣旨。ドルビーアトモスの再生の仕方を改めて考え、IMAXシアターに倣い、低音の再生方法=ベースマネージメントを検討していきます。

人気のUHDブルーレイプレーヤー、パナソニック DP-UB9000(Japan Limited)とUDP-LX800の比較視聴記などなど、ハードウェアレビューも充実。HiVi6月号をぜひご一読ください。



「マニアが目指すべき 映画館のワールドリファレンス」として、ドルビーシネマを取材。埼玉県に続き、丸の内(東京)、梅田(大阪府)でのオープンが予定されている

ドルビーシネマやIMAXレーザーは限られているが、品質を重視した映画館は日本全国に存在している。それらを独自の基準で163館掲載のマップにまとめました



家庭でのドルビーアトモスを再生するには、映画館のアトモスを知ることから。というわけで、イオンシネマ幕張新都心の「スクリーン8」をサンプルに詳細を紹介していく

さらに、IMAXシアターを範として、主にベースマネージメントを研究。IMAXシアターよろしく、サブウーファーを複数台使ったイマーシブオーディオの再生に挑む



現在最注目されるUHDブルーレイプレーヤー2機種をじっくりと比較。画質/音質面でどのような違いがあったのか?
 



CONTENTS

●AVマニアはシネマを目指す
●どこが違う? DP-UB9000とUDP-LX800
●注目の新製品速報
ソニー 4K有機ELテレビ KJ-77A9G / KJ-65A9G / KJ-55A9G etc.
東芝 4K液晶テレビ 65Z730X/ 55Z730X / 49Z730X / 43Z720X etc.
デノン AVセンター AVR-X2600H/ AVR-X1600H
マランツ AVセンター NR1710
●本格ミュージックサーバー DELA N10導入記
●最新アイテム徹底レビュー
プライマー プリメインアンプ I15 PRISMA、CDプレーヤー CD15 PRISMA
ハイセンス 4K有機ELテレビ 55E8000
●インタビュー パラダイム Zoltan Ballaさん
●追悼 モンキー・パンチさん


CONTINUITY
●from Writers
●AVセンター、開けてイイですか?
●HiVi35周年モニターリポートB
●「新4K8K衛星放送」がやって来る!I
●ホームシアターFAQ
●Roonの教科書
●Audio Components Topics&Reviews
ディナウディオ スピーカーシステム Evoke 10、Evoke 30
アンフィオン スピーカーシステム Argon3S、Argon3LS
モニターオーディオ スピーカーシステム Studio
コード パワーアンプ Etude
●今月の最新News
●最先端を行くHiVi視聴室
●世界映画Hakken伝 RETURNS
●Stereo Sound REFERENCE RECORD聴きどころ紹介A ●from Readers ●from Editors




この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品