TOPページ > ステレオサウンド書店 > HiVi(ハイヴィ) > HiVi 2020年6月号

HiVi 2020年6月号


■発売日:2020年5月15日
■雑誌コード:17511-06
■JAN:4910175110601
HiVi(ハイヴィ)のバックナンバーはこちらから
Fujisan.co.jpで“月額払い”で購読

販売価格1,320円(税込)

[6ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

商品画像

商品画像
商品画像
拡大 Prev Next

HiVi6月号の特集は、「ありがとう、スター・ウォーズ」。

40年以上世界中に愛され続ける「スター・ウォーズ」(SW)シリーズがひとまず完結。そしてついに、このシリーズ全作を4Kの高解像度で楽しめる日がやってきました。同シリーズのUltra HD Blu-rayが発売されたということ。

HiVi2016年6月号で麻倉怜士さんに寄稿していただいたように、「スター・ウォーズ」はLD→DVD→Blu-ray→Ultra HD Blu-rayという「ディスクメディア・サーガ」とともにありました。SWのUltra HD Blu-ray発売は、このメディア・サーガの完結も意味しているのかもしれない、たいへん意義深いものというわけです。

「エピソード9」こと『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』についての賛否はともかく、長きにわたってオーディオビジュアル(AV)文化を牽引してきたSWの功績を称え、感謝を示すことが本特集の主旨。

なお、本号のでは、1989年7月号に掲載した貴重なジョージ・ルーカスのインタビューを再収録しました。今に続くAVの規範をつくったと言える、その言葉を今一度噛み締めていただければ幸いです(インタビューの後編は7月号での掲載を予定しています)。



↑ついに発売された「スター・ウォーズ」シリーズのUltra HD Blu-ray。その全ての音質・画質をチェック。特に注目すべきは「エピソード4〜6」の画質(!)

↑上記の通り、オーディオビジュアルの歴史とは、「スター・ウォーズ」の歴史であると言っても過言ではない。オーディオビジュアル評論家山本浩司さん、本誌ディスククォリティチェック担当の吉田伊織さが約43年の歴史を振り返る



↑89年、HiViで掲載したジョージ・ルーカスのインタビューを当時の記事そのままに再収録。貴重なスカイウォーカー・ランチの様子もアリ!

↑第2特集として、“巣ごもり”需要に合わせた最新AVシステムプランをどうぞ。本格派のシアターバーから、“ちょい足し”前提の今様AVシステム構築プランまで。Amazon Prime Video、Netflixがこれまで以上に楽しめます



CONTENTS
特集:ありがとう、スター・ウォーズ
●『スカイウォーカーの夜明け』レビュー
● UHDブルーレイ、見どころ、聴きどころ
● 新作ニュースも! これからのスター・ウォーズ
● スター・ウォーズとともに歩んだAVの43年
● 再収録:ジョージ・ルーカス インタビュー


● 新製品速報
 LG 8K有機ELテレビ OLED 77ZXPJA
シャープ 4K有機ELテレビ 4T-C65CQ1


● “巣ごもり”時代の最新AVシステムプラン
● マイテックデジタル Brooklyn Bridge + Brooklyn AMPを聴く
● FIBBRで観る『スター・ウォーズ』
● 高画質テレビを生かす、ステレオAVシステム


● 新4K8K衛星放送がやって来る
● 潮晴男、スープラ光HDMIケーブルを試す!
● New Products Review
 ソニー 4K有機ELディスプレイ KJ-65A8H、4K液晶ディスプレイ KJ-65X9500H
 パナソニック 4Kレコーダー DMR-4X1000
 パラダイムスピーカーシステム Premier 700F、Premier 200B

● 今月の最新News
● 世界映画Hakken伝 RETURNS
● Stereo Sound REFERENCE RECORD 聴きどころ紹介14
● from Readers
● from Editors





この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品