TOPページ > ステレオサウンド書店 > 別冊 > 菅野沖彦著作集<上巻>

菅野沖彦著作集<上巻>

NEW!!


■発売日:2019年11月18日
■雑誌コード:67969-90
■ISBN:9784880734385
ステレオサウンド別冊シリーズはこちら

※弊社から発送の商品は、原則としてもっとも入荷の遅い商品を待っての出荷となります。ご注文確定後の発送商品のまとめ、分割などのご要望にお応えすることはできません。あらかじめご了承ください。

販売価格2,860円(税込)

[13ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

商品画像

商品画像
商品画像
拡大 Prev Next

菅野沖彦氏は、季刊『ステレオサウンド』誌の創刊2号(1967年)以来、四十数年の長きにわたり、オーディオ評論の第一人者として健筆を揮ってこられた。合計すれば数千ページになるはずだが、その中から個別の試聴リポート以外の、特に菅野沖彦氏ならではの視点から考察・執筆された記事を厳選し、集大成した別冊が、この『菅野沖彦著作集』(上下2巻構成)である。まずは、その上巻をお届けしたい。


主な記事内容  ※(初出誌)

●ハイ・フィデリティと無色透明
 (季刊『ステレオサウンド』誌No.2 1967 Spring)
●私のマルチチャンネル・アンプシステム
 (季刊『ステレオサウンド』誌No.6 1968 Spring)
●オーディオ装置拝見
 (季刊『ステレオサウンド』誌No.9 1969 Winter)
●連載 ディレクター論
  対談=岩崎千明/菅野沖彦
  第1回 ルディ・ヴァン・ゲルダーを語る  (季刊『ステレオサウンド』誌No.15 1970 Summer)
  第2回 クリード・テイラーを語る  (季刊『ステレオサウンド』誌No.16 1970 Autumn)
  第3回 ロイ・デュナンを語る  (季刊『ステレオサウンド』誌No.17 1971 Winter)
  第5回 ブルーナシュアーを語る  (季刊『ステレオサウンド』誌No.19 1971 Summer)
●マッキントッシュ・ラボラトリーにみるオーディオ・メーカーの本質
 (季刊『ステレオサウンド』誌No.20 1971 Autumn)
●オーディオ評論のあり方を考える
 (季刊『ステレオサウンド』誌No.28 1973 Autumn)
●オーディオ機器の魅力とは 魅力あるオーディオ機器とは
 (季刊『ステレオサウンド』誌No.31 1974 Summer)
●オーディオファンからみたFMのたのしみと放送局への期待
 (季刊『ステレオサウンド』誌No.32 1974 Autumn)
●オーディオ評論家 そのサウンドとサウンドロジィ
  インタビュアー=黒田恭一/井上卓也/坂 清也
 (季刊『ステレオサウンド』誌No.38 1976 Spring)
●コンポーネントステレオ 世界の一流品
 (季刊『ステレオサウンド』誌No.41 1977 Winter)
●レコーディング・ミキサー側からみたモニタースピーカー
 (季刊『ステレオサウンド』誌No.46 1978 Spring)
●HiFiコンポーネントにおける《STATE OF THE ART賞》の選考について
 (季刊『ステレオサウンド』誌No.53 1980 Winter)
●タンノイ研究(1)――名器オートグラフの復活
 (季刊『ステレオサウンド』誌No.55 1980 Summer)
●タンノイ研究(2)――スーパーレッドモニター対クラシックモニター
 (季刊『ステレオサウンド』誌No.56 1980 Autumn)
●タンノイ研究(3)――アーデンU、バークレイUと管球アンプ
 (季刊『ステレオサウンド』誌No.57 1981 Winter)
●タンノイ研究(4)――タンノイの最新プロ用モニター SRMシリーズを聴く
 (季刊『ステレオサウンド』誌No.58 1981 Spring)
●タンノイ研究(5)――現代に甦るタンノイ・スピリット“GRF Memory”登場
 (季刊『ステレオサウンド』誌No.60 1981 Autumn)
●タンノイ研究(6)――現代に甦ったオートグラフ
 (季刊『ステレオサウンド』誌No.64 1982 Autumn)
●プロが明かす音づくりの秘訣
 (季刊『ステレオサウンド』誌No.60 1981 Autumn)
●道具はすべて使い手に寄り添ってくれる
 (季刊『ステレオサウンド』誌No.66 1983 Spring)
●クリスタルサウンドの響きにアイヒャーのニヒリズムを聴く
 (季刊『ステレオサウンド』誌No.70 1984 Spring)
●音色から音場へ――変貌するアメリカンサウンドのイーストウェスト
 (季刊『ステレオサウンド』誌No.71 1984 Summer)
●エグゼクティヴオーディオのすすめ
 (季刊『ステレオサウンド』誌No.82 1987 Spring)
●あなたにとってのベストスピーカーとは
 (季刊『ステレオサウンド』誌No.82 1987 Spring)



菅野沖彦 (すがの おきひこ)氏のプロフィール
1932年9月27日東京生まれ。幼い頃から音楽が大好きで、卓上型の蓄音器でSPレコードによる音楽を聴くのが楽しみだったという。長じて、録音制作の仕事に就きたいとの希望から『朝日ソノラマ』を出版する朝日ソノプレス社に入社し、録音、編集、マスタリングなどの仕事に長年従事する。その後、フリーの録音制作家を経て、オーディオ・ラボを設立。1971年から「オーディオ・ラボ」レーベルにて、今なお名演奏・名録音として名高い数多くのジャズレコードなどを制作・発売された。一方、オーディオ評論家として『電波とオーディオ』誌を皮切りに、多くのオーディオ専門誌に執筆。なかでも『ステレオサウンド』誌には創刊2号(1967年)から登場。以来、四十数年にわたりオーディオ評論の第一人者として活躍されてきたが、2018年10月13日に惜しまれつつ、逝去された(享年86歳)。主な著書は『オーディオ羅針盤』『音の素描』(音楽之友社)、『新レコード演奏家論』(ステレオサウンド)など。


おすすめ商品

新レコード演奏家論

販売価格 2,619円(税込)

菅野沖彦 著(2005年5月発行)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

菅野沖彦レコーディング・コレクション Part 2 (6枚組CD BOXセット) XRCG-30029〜34

販売価格 19,800円(税込)

XRCG-30029〜34
1970年代に、精力的な活動を繰り広げた「録音家」菅野沖彦氏。その優れた作品をXRCD 24とHRカッティングという最新技術を用いて現代に蘇らせた完全限定品の第2弾。収録曲は、宮沢明子によるモーツァルトのピアノ・ソナタ(全集)。通常CD6枚組 BOXセット+48ページの豪華ブックレットという構成で、菅野録音の世界をじっくりとお楽しみください。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品