TOPページ > ステレオサウンド書店 > 別冊 > ヴィンテージ・アナログ

ヴィンテージ・アナログ

販売価格2,880円(税込)

[13ポイント進呈 ]

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

商品イメージ
商品イメージ
拡大 Prev Next

発売日:2009年9月29日
雑誌コード:67968-60
-------------------------------------------------------------

Top-Sounding Vintage Analog-Audio Components
“心が躍る”アナログ・オーディオ往年の名器たち

-------------------------------------------------------------

●往年のアナログオーディオ・ブランド物語
 トーレンス、デッカ、オルトフォン、SME、シュアー、ガラード、EMTなど、往年のアナログオーディオ・ブランドの歴史と、各ブランドを代表するモデルの特徴・魅力について、ブランドごとに詳しくリポート。
 ・The Big Sound EMT 927Dst プロフェッショナル・ターンテーブル


 愛機を語る 山中敬三(季刊『ステレオサウンド』No.52より抜粋・改訂版)

・トーレンスの歴史物語 山中敬三(季刊『ステレオサウンド』No.67より抜粋・改訂版)

・DECCA STORY 山中敬三

・SME STORY 山中敬三(別冊『British Sound』<1983>より抜粋・改訂版)

・Ortofon HISTORY 1918-1994 編集部
  (別冊『オルトフォンのすべて』<1994>より抜粋・改訂版)

・ガラードの歴史物語 編集部


●ヴィンテージ・アナログオーディオ機器の代表モデル試聴
・トーレンス Reference 瀬川冬樹(季刊『ステレオサウンド』No.56より抜粋・改訂版)

・オルトフォンSPUの歴史 海老澤 徹

・SPUシリーズ8モデルを聴く 新 忠篤/海老澤 徹/小原由夫
掲載機種
SPU-A, SPU-AE, SPU-G, SPU-GT, SPU Classic, SPU Meister Silver, SPU Royal G, ESL C99
(季刊『管球王国』Vol.29より抜粋・改訂版)

・シュアー・カートリッジの変遷 海老澤 徹

・シュアー歴代カートリッジを聴く 新 忠篤/海老澤 徹/小原由夫
掲載機種
M44-7, M44G, V15 Type II, V15 Type III, V15 Type III HE, V15 Type III MR, V15 Type IV, V15 Type V, V15 Type Vx MR
(季刊『管球王国』Vol.30より抜粋・改訂版)

・英デッカの歴代カートリッジについて 海老澤 徹
・英DECCAの歴代カートリッジを聴く 新 忠篤/海老澤 徹/箕口勝善
掲載機種
MK-I Stereo, MK-I Mono, MK-II, MK-III, MK-V London
(季刊『管球王国』Vol.51より抜粋・改訂版)

・オルトフォンSPUシリーズとモノーラルMC型徹底解剖 海老澤 徹
・SPU/CG25Dに最適な昇圧トランス探し 新 忠篤/海老澤 徹/池田 勇
掲載機種
Ortofon T1000/SPU-T100, ADC KS16611-L1, Langevin 408A/402A, Peerless 4722/4629, WE618B/7A, JS No.384/251
(季刊『管球王国』Vol.46より抜粋・改訂版)

使いこなし/メインテナンス篇
・レコードプレーヤー使いこなしのフルコース 瀬川冬樹

レコードプレーヤーの上手なセッティング法から、アンプとの接続のしかた、負荷抵抗/負荷容量/入力感度切替とはどんな機能か、これらを切り替えると音はどう変るのか、MCカートリッジの昇圧手段は何がいいか、ハムや誘導ノイズを減らすアースの取り方は? カートリッジとヘッドシェルの上手なつなぎ方、トーンアームの上手な調整法、カートリッジとトーンアームのマッチングとは? など、まさに微に入り細にわたる、レコードプレーヤー使いこなしのテクニック/ノウハウの集大成版!!??全62ページ
(季刊『ステレオサウンド』No.39/40より抜粋・改訂版)

・トーレンス TD124/ガラード 301ターンテーブル修復術
現在でも愛用者が最も多いヴィンテージ・ターンテーブル??トーレンス TD124とガラード 301。どちらも甲乙つけ難い魅力あふれるモデルだが、製造が中止されてすでに数十年が経つ。したがって、その多くは本来の性能を発揮できない状態にあるのでは? あるいは毎日のように稼働させているとしても、最良のコンディションで動作しているとは限らない。ましてや、もう1年以上も、クリーニングや注油などの保守点検を怠っているとしたら、なおさらだ。それでは、せっかくのハイクォリティ・ターンテーブルも宝の持ち腐れというものである。本欄では、トーレンス TD124とガラード 301について、それぞれの修復のベテランに、実際に修復をしていく過程と、そのときどきのポイントについて解説していただいた。
(季刊『管球王国』Vol.35より抜粋・改訂版)

・ヴィンテージ・オーディオショップ・アンケート
Cover Photo: Garrard Model 301+Ortofon SMG212+Ortofon SPU-G

この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品