TOPページ > ワイン王国書店 > ワイン王国 2010年9月号/No.58

ワイン王国 2010年9月号/No.58

販売価格1,572円(税込)

[7ポイント進呈 ]

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

商品イメージ
商品イメージ
拡大 Prev Next

発売日:2010年8月5日
雑誌コード:19815-09

---------------------------------------------------

●[特集]
5つのキーワードで極める !
シャンパーニュのブラン・ド・ブラン40本 !!
白ブドウのみで造られるシャンパーニュ、「ブラン・ド・ブラン」。キリッとさわやかな味わいは日本の蒸し暑い季節にぴったりです。日本を代表するテイスター3氏が40本をテイスティング、その奥深い世界を5つのキーワードからひもときます。これを読めば、「ブラン・ド・ブラン通」になること、間違いなし!です!!

●特別とじ込み付録
フレンチ・カジュアルワイン 2010
フランスが気軽に楽しめる、素敵な「フレンチ・カジュアルワイン」。「ヴァン・ド・フランス」=「ヴァン・ド・ターブル」を指すこのワインを多くの人に知ってもらうため、日本全国の輸入元から、取り扱っているワインを集めました。その数177本! 個性豊かなこれらのワインを、ソムリエールの斉藤順子さん、酒販店の小林史高氏、ワインバイヤー駒場 啓氏の3人がテイスティングし、その味わいと楽しみをお伝えします!

●5ツ星探究 ブラインド・テイスティング
1000円台で見つけたお値打ち世界の“ブラン・ド・ブラン”
ザ・ベストバイワイン36本
五味丈美、情野博之、冨永純子、西村圭太郎
気鋭のソムリエ4人が、1000円台で買える世界各地の白ブドウだけで造られるスパークリングワイン“ブラン・ド・ブラン”をブラインド・テイスティング。すっきりとキレのある酸と細かな泡。コストパフォーマンス抜群の36本を紹介します。誌面では、ソムリエ4人の評価の総合点と、それぞれがお勧めするベストバイワインをコメント付きで紹介。これを読めば、これからの季節にぴったりなブラン・ド・ブランと出合えるはずです!

●Aperitif 1「熟成によって花開く 素晴らしきワインの世界」中村時蔵
●Aperitif 2「ワインの想い出」伊東豊雄
●Aperitif 3「元気になり、健康になる 美しくなるワインの楽しみ方」エリカ・アンギャル
●Aperitif 4「シャンパーニュとダイヤモンド」津延美衣

●[第6回] 旬感レストランへの招待
「レストラン サンパウ」
「旬」のレストランを取材し、極上の料理とワインのマリアージュを「感」じていただく、好評連載。第7回は、モダン・スパニッシュの雄、東京・日本橋の「レストラン サンパウ」の登場です。ミシュランガイドにおいて、スペインで三ツ星、日本でも二ツ星を獲得している名店を牽引する、カルメ・ルスカイェーダシェフの魅力とは? 日本ソムリエ界の若きスター、菊池貴行ソムリエが目指すものとは? スペイン料理&ワインの魅力もたっぷりお伝えします。
最終回 江戸前にぎりをワインで楽しむ
「寿司とワイン」のマリアージュを探る連載企画もついに最終回。今回は、シンコ、キス、スズキ、アナゴの白焼きなど、夏ならではのネタを中心に、にぎりとワインの相性を探りながら、これまでを総括します。オリーヴオイルやユズコショウなどの薬味によって、にぎりとワインの親和性を高める試みは、新たな食の世界の扉を開いたのでしょうか?

●VIVA!イタリア 州別飲み比べ (18)
カラブリアの伝統

●阿川と檀のワイン修業 最終楽章〜ボルドーの古酒を飲む

●もっと知りたい!をかなえてくれる ワインスクール最前線

●5つのワイナリーからひもとく 日本ワインの豊穣

●第3回 便利グッズですぐに作れる“夏”料理とおうちワインが彩る華やかデイリーごはん 沢樹舞
●第4回 行正り香の「今日もワイン ワンプレートでもっと楽しく!」
●第4回 日本ワイナリー「ドメーヌ レ・パ・デュ・シャ」の足跡  池野美映
●第4回 ソムリエール、松木リエのパリ便り 「星の輝きを胸に」
●FACES
●WK Library
●Twinkle Line
●ワイン王国お勧めショップ

この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品