TOPページ > ワイン王国書店 > ワイン王国 2013年3月号/No.73

ワイン王国 2013年3月号/No.73

販売価格1,572円(税込)

[7ポイント進呈 ]

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

商品イメージ
商品イメージ
拡大 Prev Next

発売日:2013年2月5日
雑誌コード:19815-03

---------------------------------------------------

●[特集] バローロ56本! 新潮流、村から“クリュ”へ
歴史と伝統、そして革新が息付く、ワインの王様「バローロ」に今、「クリュ」という新たな潮流が起きています。複数の畑をブレンドする伝統的な製法に対し、小さな区画でテロワールの個性を強調する「クリュバローロ」。イタリアワインに造詣の深い3人のテイスターが、56本のテイスティングを通して「クリュ」の魅力を解き明かします。

●特別付録
バローロDOCG「エノジェアのクリュ地図」
「ワインの王」を生み出すイタリアの銘醸地バローロ。2012年ヴィンテージからラベル表示が認可された「追加地理言及(クリュ)」の地図とともに、全170クリュの標高や植樹品種、代表的なワイン、グーグルアースアドレスなどを網羅した特大サイズ(A1変型)のマップです。イタリアの「マズナゲッティ出版社」が手掛けた詳細で壮大な地図の日本語翻訳版、ワイン愛好家必携です。

●現地リポート
より軽やかに、フード・コンシャスに
カリフォルニア・ワイン 進化形
 カリフォルニア・ワインは今、よりナチュラルに、軽やかに進化しています。新鮮な地元の食材を使ったナチュラルな料理とマッチするソーヴィニヨン・ブランの流行や、新しい食の流れをキャッチしたワイナリーが実施する、ワインと食のペアリング・プログラムなど。現地での取材を通して見えてきた、新しいカリフォルニア・ワインの潮流を紹介します。訪れるたびに新しい発見のあるカリフォルニアから目が離せません!

●5ツ星探究 ブラインド・テイスティング
1000円台で見つけたチリワイン
ザ・ベストバイワイン32本
情野博之、谷 宣英、飛田泰秀、友田晶子
高い品質を持ち、しかもお手ごろ価格で楽しめると人気のチリワイン。豊かなブドウの風味と力強い味わいは、まさにニューワールドの代表格です。個性豊かなチリワインを気鋭の有名ソムリエ4人がブラインド・テイスティング。104本から32本を厳選しました。

●Aperitif 1「50年来の親友が教えてくれた“最高の定番ワイン”」 岡部 正
●Aperitif 2「空間によって変化するワインに魅力がある」 後藤 武
●Aperitif 3「ワインの魅力も人それぞれ! 思い出に彩られ熟成されるもの」 関口絢子
●Aperitif 4「心身ともに豊かにしてくれる ワインは真の“エナジードリンク”」 吉江一彦

●新連載 Cover Story
〜ワインの生まれる郷から〜
 今号から表紙がリニューアル! 世界中のワイナリーを巡る旅がスタートします。初回はカリフォルニアの「イングルヌック」。映画監督のフランシス・フォード・コッポラ氏がなぜ、この地でワインを造り始めたのか? 運命の出会いが語られます。

●第22回 旬感レストランへの招待
「メゾン エメ・ヴィベール」
2012年9月、広尾にオープンしたフランス料理店「メゾン エメ・ヴィベール」。パリ16区のネオ・クラシックな館をイメージした華やかな空間を舞台に、エスコフィエを敬愛する岡田秀俊シェフが腕を振るいます。メートル・ドテルの高野真司氏とのコンビネーションが生み出す、現代のクラシックとは?

●TOKYOワインバル クルージング
“神楽坂”編
こだわりワインが充実のバル。グラスワイン1・2杯、つまみ2・3皿の“ちょい飲み”にもいいバル。1人飲みもOKな気軽なバル。好評連載中の「TOKYOワインバル クルージング」、第7回は江戸情緒ただよう「神楽坂」をピックアップ!

●あなたの知らない
「ロゼワインの魅力」発見!
 世界的に、今ロゼワインの人気が上昇しています! 食のライト志向化や家庭の料理に合わせやすいなど、ロゼワイン人気を後押しする要素はたくさんありますが「本当にブームが起きているの?」「料理と合わせやすいというのは本当?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。そこで『ワイン王国』では、計23種類のロゼワインをテイスティングし、あらゆる料理に寄り添うロゼワインの魅力に迫りました。

●ディジェスティフ(食後酒)の愉楽
 食後のひとときに流れる、ゆったりとした時間。その傍らに食後酒があれば、ディナーの余韻はより深く記憶に刻まれるはずです。皇帝や貴族が愛したコニャック、アルマニャック、グラッパ、大航海時代のロマンを感じさせるシェリーやポート。液体が語る壮大なストーリーに耳を傾けながら、今宵はしっとり、ディジェスティフのグラスを傾けてみませんか?

●最終回 洗練の中華料理とワインのマリアージュ「銀座 飛雁閣」
●第11回 宮嶋勲氏が案内するイタリアワイン、麗しきヴィンテージ
●新連載 山梨発!グレイスワイン・三澤彩奈の「やっぱり甲州が好き!」
●第13回 イタリア醸造家列伝 「ルイジ・モイオ」 宮嶋 勲
●Twinkle Line
●FACES
●WK Library
●ワイン王国お勧めショップ

この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品