TOPページ > ワイン王国書店 > ワイン王国 No.113 2019年11月号

ワイン王国 No.113 2019年11月号


■発売日:2019年10月4日
■雑誌コード:19815-11
■JAN:4910198151193
ワイン王国のバックナンバーはこちらから
Fujisan.co.jpで“月額払い”で購読

販売価格1,650円(税込)

[8ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

商品画像

商品画像
商品画像
拡大 Prev Next

【特集】ブルゴーニュ 日本で人気のザ・トップ20&ポスト・ブルゴーニュを発掘!

ワイン好きが目指すのは、やっぱり「ブルゴーニュ」。全26村、どれを飲もうか迷うのも楽しいですが、今回はピンポイントに、まずはこれを飲んでほしい!ワイン20本をセレクトしました。
日本で人気のTOP9産地のワインからの20本。ここから今のブルゴーニュを覗こう!
そしてもう一つのお楽しみは“ブルゴーニュのニュアンスを持つ”世界のワイン大検証。
個性の中にブルゴーニュのエッセンスが潜むワイン20本。時には“グラン・クリュにそっくり”のワインもあり!


■ハレの日に行きたいお店「レストラン リューズ」

六本木交差点や東京ミッドタウンから程近い、ビルの地下 1 階にある「レストラン リューズ」。飯塚氏はジョエル・ロブション氏の店で長年経験を積み、2011年に自身の店をオープン。当初はロブション氏の影響が随所に見られましたが、 8年が経過した現在は“リューズらしさ”がより表現された料理やサービスを提供しています。若きマネジャー鈴木周平氏、シェフ・ソムリエの丸山俊輔氏と作り上げる気鋭のグラン・メゾンの世界を紹介します。


【現地取材】飲んで美味しい、訪ねて楽しい! 日本ワインを体験する

ワインの味わいを造り出すテロワール。それを肌で感じることができるのが日本ワインの大き な魅力の一つです。今回は訪問も可能な今注目の7ワイナリーを訪れ、ブドウ栽培、ワイン造りの現場を体感。飲んで美味しいのはもちろん、実際訪れることで再認識できるワイナリーの魅力を紹介します。そのほか日本ワイン愛好家垂涎のワインが楽しめるワインリゾートや、日本屈指のフレンチ「シャトー・ジョエル・ロブション」で味わえる日本ワインとのマリアージュ、日本ワイン片手に音楽に酔いしれることのできるコンサートなど、この秋思う存分日本ワインが楽しめる情報をお届けします。


【現地取材】イタリア モンテルヴィーニ社とプロセッコの郷

北イタリア・ヴェネト州が生んだスパークリングワイン、プロセッコ。モンテルヴィーニ社の案内で、ソムリエの岡 昌治氏とともにアゾロの地を旅しました。ヴェネツィアをはじめ、イタリア中の都市部を中心に流行している「スプリッツ」にも注目!


【現地取材】シャブリ 評論家ミッシェル・ベタンヌ氏 完全テイスティング

フランス・ブルゴーニュ地方を代表する白ワイン、シャブリ。そのフレッシュでピュアな味わいは、クリマごとの特徴、ヴィンテージによる条件の違い、栽培や醸造に関する造り手のこだわりになどにより、実に多彩な表情を見せます。7月、シャブリ・ワイン委員会の協力を得て、フランスの著名なワイン評論家ミシェル・べタンヌ氏とともに、約150本をブラインド・テイスティング。シャブリ・プルミエ・クリュの上位38本、シャブリ上位17本を選びました。


【現地取材】ボルドー メドック、世界の最先端を知る

高級ワイン産地ボルドーの核を成すメドックは、常に進化しています。メドックを知ることは世界の最先端を知ることだ。最新の事情をリポートします。


【現地取材】オレゴン、ワシントン 2019年ハーベストツアーリポート

アメリカ・ワシントン州とオレゴン州を訪ねる「ワシントン・オレゴン・ハーベストツアー2019」。数多くのテイスティングを交えながら、30数名の生産者たちとの交流を深めました。


【現地取材】イタリア 今、弾ける!プロセッコ

イタリアのスパークリングワインの代名詞として定着しているプロセッコ。この夏、世界遺産に登録ともなったプロセッコの丘に向かいました!


Aperitif 1 「未知の風景を探して」大貫勇輔
Aperitif 2 「ワインはいろいろな形で幸せを運んでくれる」舞の海 秀平
Aperitif 3 「ワインは、大勢でも一人でも楽しめる大人のたしなみ」小野塚 勇人



■大橋健一MWと開く ジョージアワインの扉

ワイントレンドに意識の高い世界中の人々の間でジョージアワインへの注目度は高まっています。ワイン造り発祥の地、黒海とカスピ海に挟まれた小国でありながら、未知なるワイン文化の宝庫であるジョージアの魅力について、マスター・オブ・ワインの大橋健一氏に聞きました。日本で飲めるお勧めジョージアワイン36本もお見逃しなく!


■自然にも体にもやさしい オーガニック・ワイン

健康・安全志向が高まるなか、日本におけるオーガニック・ワインの市場が、ここ数年伸び続けています。今後ますます注目されるオーガニック・ワインについて、フレンチレストラン「ティエリー・マルクス」のソムリエ谷川雄作氏に伺いました。ワイン王国がセレクションした、オーガニック・ワイン8本とともに紹介します。


■豊かな自然がはぐくむ オレゴン&ワシントン・ワイン

近年品質の良さや個性の多様性で注目を集めているオレゴン州・ワシントン州のワイン。 その特徴や最新のトレンドをソムリエの田邉公一氏に聞きました。また、蕎麦とワインの店を営むソムリエの杉浦康祐氏に、和食とのマリアージュも提案いただき両州のワインとの相性を検証しました。


■ワイン保存機器の優れモノ!

温度変化や抜栓後の酸化に敏感なワインの保存は、飲食店にとってとにかく頭を悩ませるもの。ワインセラーや抗酸化システムの導入など、ワインの保存と品質管理に高い意識を持っている店舗を訪ね、話を聞いてきました!


■5ツ星探求 ブラインド・テイスティング 1000円台で見つけた「世界のシャルドネ」

白ワイン用ブドウ品種として、万人に愛されるシャルドネ。今回は世界中から1999円以下で購入できるシャルドネを使用したワインを集め、実力派ソムリエ4名がブラインド・テイスティング。先入観なく、本当に美味しいワイン29本を選びました!


■第10回 帰ってきた!イサオとクミコのあっ!ビナメント〜ピエモンテワイン〜
■第18回「ロングパートナー ファームストン デ・ボルトリ(オーストラリア)」
■第43回 TOKYOワインバルクルージング「和食が美味しい店」
■第26回 宮嶋勲のそうだ、京都でワイン「東山」
■32回 「新生 NIKI Hillsワイナリーの挑戦」舟津圭三


Twinkle Line
FACES
WK Library
ワイン王国お勧めショップ




おすすめ商品

HiVi 2020年1月号

販売価格 1,320円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

ブルゴーニュ・コートドールの26村 改訂版

販売価格 2,619円(税込)

ブルゴーニュの魅力を徹底的に紹介する、「ブルゴーニュ・ワイン・ガイド」の決定版

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

シャンパーニュ すべて飲みたい1438本

販売価格 3,025円(税込)

シャンパーニュ すべて飲みたい1438本
日本で買える、飲める320ブランド
安田まり 著 遠藤 利三郎 監修

日本に輸入されているすべての生産者を解説し、発売されている銘柄のラベルや、品種構成、価格も細かく掲載している本書があれば、シャンパーニュ選びに迷うことはありません。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み


この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品