TOPページ > ワイン王国書店 > ワイン王国 No.80 2014年5月号

ワイン王国 No.80 2014年5月号

販売価格1,650円(税込)

[8ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

商品イメージ
商品イメージ
拡大 Prev Next

発売日:2014年4月5日
雑誌コード:19815-05

---------------------------------------------------

●トスカーナハンティング108本!
ピエモンテと双璧をなす、イタリアで高品質なワインを生産する州、トスカーナ。歴史と伝統、そして革新と近代化を巧みに重ね合わせて、時代に訴える素晴らしいワインを生み続ける産地です。今宵、イタリアワイン界最強のワインハンター4人がワイン王国に集結! トスカーナ全域からその見識を駆使して狙いを定めた108本の美味しいトスカーナ・ワインをハンティング。収穫した獲物を並べ、その醍醐味を語り尽くします。

●【現地取材】 トスカーナテイスト 百花繚乱
トスカーナ州は日本でも圧倒的な知名度を持つワイン産地の一つ。「キアンティ」「キアンティ・クラッシコ」「ヴィーノ・ノビレ・ディ・モンテプルチャーノ」「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」「ヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミニャーノ」など伝統的な産地に加え、新興生産地「ボルゲリ」も存在感を主張してきています。年に1回開催される新ヴィンテージお披露目会「アンテプリマ」と、現地のワイナリー取材でトスカーナ・ワインの最新情報をお伝えします。

●5ツ星探求 ブラインド・テイスティング 1000円台で見つけたロゼワイン ザ・ベストバイワイン29本
情野博之/塚元 晃/福村真弓/松木リエ
桜が咲き、春の訪れとともに飲みたくなるのがロゼワイン。美しい色合いに心が浮き立ちます。甘さがあるものから辛口、スパークリングなどバリエーションも豊富で、気分次第で楽しめるのも魅力の一つです。そんなロゼワインを気鋭のソムリエ4人がブラインド・テイスティングしました。ささまざまなタイプから集めた81本の中から、高評価のワイン29本を紹介。ぜひお気に入りのワインを見付けてください。

●Aperitif 1 「日本茶とワインは共通点がたくさんある」 ステファン・ダントン
●Aperitif 2 「シャンパーニュが怖い……」 会田愛子
●Aperitif 3 「ジャズとワインの新たなマリアージュ」 原 哲夫
●Aperitif 4 「“愛の妙薬”を手に入れるつもりで」 松下京介

●第29回 旬感レストランへの招待
「ジョエル・ロブション」
恵比寿にオープンして10年、円熟の時を迎えたグラン・メゾン。大御所ジョエル・ロブションの哲学を伝え、クラシックとモダンを兼ね備えた料理とワイン、そしてサービスを提供する総料理長アラン・ヴェルゼロリ氏とシェフソムリエの信国武洋氏。10年の歴史を語る特別料理、そして読者の皆さまへの特別企画「グラスワインのサービス」をご案内します。

●アマローネの里を訪ねて
「アンテプリマ・アマローネD.O.C.G 2010」開催
ヴェネト州を代表するアマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラは、2010年にDOCG.に昇格しています。アマローネは収穫後3年間は熟成が義務付けられており、毎年1月1日に新ヴィンテージがリリースされます。今回はヴェローナで毎年1月に開催されるアマローネの新ヴィンテージの試飲会やアマローネの生産者を紹介します。

●新連載
和食とワインでお・も・て・な・し
「春の食材」と「だし」とワインの可能性を探る
世界無形文化遺産に登録され、注目を浴びている「和食」。「和食とワイン」は、今や日常の光景になりつつあります。そこで『ワイン王国』では、味付けや調味料などといった和食の基本の観点から、ワインとの相性を考える連載を今号からスタート。記念すべき第1回のテーマは「だし」です。

●新連載 
和の芸術「伝統料理」新たなる発見
「鮨」
2013年にユネスコ無形遺産に登録された「和食」。世界中で人気が高まっており、海外では和食にワインを合わせて楽しんでいます。日本のお家芸とも言える繊細で熟練の技が光る伝統料理にフューチャーし、ワインとのマリアージュを探る新連載。第1回は「鮨」。さまざまなブドウ品種のワインと鮨ネタを一つずつ試飲試食し、徹底検証しました。これからは鮨にもワインを合わせて楽しんでください。

●ミネラルウオーター、コーヒー、ハーブティー……
ノンアルコールドリンク「充実化」計画!
人気店舗に必須のもの。それは料理とワイン、だけではありません。今、お客さまの満足度を高める第3のカテゴリーにノンアルコールドリンクが挙げられます。ミネラルウオーター、コーヒー、ハーブティーなど。ノンアルドリンクの充実と提供の工夫を、第一線で活躍するソムリエと、店舗マネジャーに聞きました。

●第4回「知られざるワイン産地」ギリシャ
人気連載「知られざるワイン産地を発見!」。これまであまり注目されていなかったものの、消費量がぐんと伸びている国々のワインを紹介します。第4回は、リゾート地としても人気の高いギリシャ。案内役は、「アカデミー・デュ・ヴァン」講師も務める遠藤誠氏、横浜のギリシャ郷土料理レストラン「スパルタ」のソムリエール、阿久津曜子さんです。現地の料理とのマリアージュなどもご紹介します。

●第14回「TOKYOワインバル・クルージング」
一国集中主義のバル
今回は、1つの国や地域に特化したバルやレストランに注目。日本、ニュージーランド、スペイン、ポルトガル、グルジアといった国別、さらにはカリフォルニアやプーリアといった地域別ワインをそろえた店を紹介いたします。店長やソムリエの、その国のワインや文化に対する熱い思いを、誌面を通してぜひ味わってください。

●第4回「ルアンジュ Koo」
●春の滋味溢れる食材とワインサロン
●第18回 麗しきヴィンテージ「オルネッライア」宮嶋 勲
●第2回 フランス・ボルドーの季節を巡る「シャトー ラグランジュの足跡」 椎名敬一
●第20回 イタリア醸造家列伝「ルーカ・ダットーマ」 宮嶋 勲
●Twinkle Line
●FACES
●WK Library
●ワイン王国お勧めショップ

この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品