TOPページ > ワイン王国書店 > ワイン王国 No.78 2014年1月号

ワイン王国 No.78 2014年1月号

販売価格1,543円(税込)

[7ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

商品イメージ
商品イメージ
拡大 Prev Next

発売日:2013年12月5日
雑誌コード:19815-01

---------------------------------------------------



●【特集】ワインの女王が君臨する地
 ボルドー・ワイン 100本!
ワインの女王が君臨する地、ボルドー。「ボルドーに始まり、ボルドーに終わる」という言葉があるほど、ワイン愛好家にとってボルドーは特別な土地。フランス最大のワイン産地であり、憧れのシャトーがひしめく63のAOCのうち、現在ワインが生産されている61AOCのボルドー100本を厳選して紹介します。テイスターは、「マクシヴァン」オーナー・ソムリエ佐藤陽一氏、「シャトーレストラン ジョエル・ロブション」シェフソムリエ信国武洋氏、「エスキス」支配人兼ソムリエ若林英司氏、ワインジャーナリスト田辺由美さんの4人。

●イタリアワイン三千年
三千年の歴史をつなぐイタリアワイン
イタリア大使館などの協力の下、今年3回を迎えた「イタリアワイン三千年」プロモーション。プロモーションのリポート、州を代表するワイナリーの紹介、ワイン協会インタビュー、『ガンベロ・ロッソ』来日インタビューなど、盛りだくさんでお届けします。

●15周年特別企画 お祝いメッセージ/豪華読者プレゼント
『ワイン王国』が誕生して15年。創刊号から77号までの表紙で歴史を振り返ります。また『ワイン王国』を支えてくださっている皆様からの123のお祝いメッセージを掲載。そして15年ならではの豪華プレゼントもあります!

●5ツ星探求 ブラインド・テイスティング
1000円台で見つけた「年末年始に飲みたい1本」
ザ・ベストバイワイン29本
太田賢一/神谷葉子/塩田典久/情野博之
クリスマス、大晦日、お正月……。年末年始は家族や仲間と集まる機会がたくさん。美味しい料理をワインとともに味わいながら、楽しく過ごしたいもの。そんな年末年始に飲みたい1本を、料理やシュチュエーションも考えながら、気鋭のソムリエ4 人がテイスティングしました。その数29本! 寒い季節に体も心も温まるようなお気に入りの1本が見つかるはずです。

●Aperitif 1 「走ることとワインは幸せのパワー」高橋尚子
●Aperitif 2 「家族で楽しむ料理とワイン」加賀美セイラ
●Aperitif 3 「物作りのこだわりを教えてくれる師」氏家健治
●Aperitif 4 「思い出はワインの記憶が彩る」松井龍哉

●第27回 旬感レストランへの招待
「キンザ トトキ(自然派レストラン)」
「銀座レカン」総料理長を経て「レディタン ザ・トトキ」のオーナーシェフとして腕をふるっていた十時亨シェフ。マクロビオテックの基礎を学び、今年10月に自店を「ギンザ トトキ(自然派レストラン)」としてリニューアルしました。健康に気を使う人でも楽しく食べられるようなヘルシーで美味しい料理を提供しています。シェフのスペシャリテ「干しアワビの赤ワイン煮」。アワビの旨味を引き出すワインは……? 流シェフの料理の魅力をさらに引き出すマリアージュに迫ります。

●東京五輪決定記念!
「金メダルワインの実力」
2020年、東京での五輪開催が決定し、日本中が喜びに溢れました。『ワイン王国』も、ワインを通してこの喜びに参加したい! そこで、世界的なワインコンクールで金メダルを受賞した実力派ワインを集めました。実際コンクールで審査員の経験もある阿部誠氏、森覚氏が試飲、魅力を語ります。

●好評「女子会」企画 
狙い目は“健やか美し系”ワイン
女子がもっとも関心が高いのが、何といっても健康と美容。そこで今回は「ヘルシー&ビューティー」をキーワードにしました。アルコール度数が低めのワインや自然派やオーガニック、環境にも配慮したワインなどさまざまな角度からワインをセレクト。また女子必見のローフードやカラーコーディネイトのミニセミナーの様子も紹介いたします。

●「知られざるワイン産地」ルーマニア
ワインの神「ヴァッカス」が生まれた地といわれるルーマニア。
ワインの源泉を探る旅の案内役は、駐日ルーマニア大使館のラドゥ・シェルバン大使と遠藤誠氏です。話題のスパークリング、土着品種、甘口ワインなどが登場します。

●第12回「TOKYOワインバル・クルージング」
ロマンティック・バル
今回のテーマはクリスマスの季節にぴったりの「ロマンティック・バル」。主役のワインやお酒のセレクトに店主やソムリエの哲学や個性が感じられる夢のあるバルを紹介します。パリで人気のビストロの暖簾分けで店を開いた、自然派ワインを愛するオーナーソムリエ、チョコレートとハードリカーのマリアージュを説く店主など、ワインのストーリーともてなす側のワイン愛が、ロマンのあるワイン巡りのひと時へと導いてくれることでしょう。

●「ルアンジュ Koo」
北の大地 札幌に誕生 銘醸ワインと旬の食材が彩るフレンチレストラン

●第4回 オーストラリアワインの可能性 天ぷら「西麻布 天ぷら魚新」
●第16回麗しきヴィンテージ「テヌータ・ディ・カペッツァーナ」宮嶋 勲
●最終回 グレイスワイン「やっぱり甲州が好き!」 三澤彩奈
●第18回 イタリア醸造家列伝「バルバラ・タンブリーニ」 宮嶋 勲
●Twinkle Line
●FACES
●WK Library ワイン王国お勧めショップ


『ワイン王国』78号のp120における「お詫びと訂正」
『ワイン王国』No.78号で誤りがありました。お詫びとともに訂正させていただきます。
●120ページ掲載の株式会社ベルーナのデータに誤りがありました。
 誤「コンドール・アンディーノ・トロンテス2012年」3480円(税込/3本セット)
 ↓
 正「コンドール・アンディーノ・トロンテス」830円(税込)

この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品