TOPページ > ワイン王国書店 > 長野県のワイン-日本ワインを造る人々2

長野県のワイン-日本ワインを造る人々2


■著者:山本 博
■発売日:2007年12月10日
■ISBN:9784880731759

ワイン王国の書籍はこちら
書店店頭在庫検索ページ一覧

販売価格1,980円(税込)

[9ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

商品イメージ
商品イメージ
拡大 Prev Next

日本ワイン列島は燃えている。
その激動の中で長野県のワインが、「質」において、山梨県の王座を脅かしつつある。
「ワイナリーとブドウ農家の関係」に焦点を合わせ、「なぜ長野県が?」 の疑問に答える。
『北海道のワイン』に次ぐ、待望のシリーズ第二弾!


近年品質の向上が著しい日本ワイン。なかでもここ数年の長野ワインの成長は目覚ましい。
ヨーロッパはもとより、日本ワインに造詣の深い筆者が、長野県各地の15ワイナリーを訪問。

“ワインを醸造するワイナリーと、ブドウを栽培する農家との関係”にフォーカスし、
良質のワインを造ろうと日々励む、彼らの努力を描いたシリーズ第2弾。

各ワイナリーの設立にまつわる物語や歴史、長野県におけるワイン造りの現状の紹介ほか、
「長野県原産地呼称管理制度」や、ワインリストなども掲載。


CONTENTS

●はじめに

●長野県……日本一のワイン王国への飛翔

●第一章 県中央……ACワインの桔梗ヶ原
 桔梗ヶ原の歩み
 林農園(五一ワイン)……日本メルロの生みの親
 井筒ワイン……理念に支えられた筋を通すワイン造り
 信濃ワイン……眠っていた老舗の新時代
 メルシャン……「桔梗ヶ原メルロー」と「北信シャルドネ」
 サントリー塩尻ワイナリー……日本の大ベテランの進展開と底力
 アルプス……クラーク博士の意志と北米からの新風
 Kidoワイナリー……徒手空拳の若手のチャレンジ

●第二章 県東部
 マンズワイン小諸ワイナリー……善光寺ブドウから始まったモダンワイン
 ヴィラデストワイナリー……文筆家・画家の大チャレンジ

●第三章 県北部
 小布施ワイナリー……本場で期待えられたヴィニュロンのワイン
 サンクゼール……キリスト教の教えに助けられて実ったワイン
 たかやしろファーム……農家の共同事業

●第四章 県西部
 安曇野ワイン……北アルプスの山嶺が生んだワイン
 あづみアップル……穂高岳を眺めて育つワイン

●第五章 県南部
 信州まし野ワイン……サンカクヅルも育ててるワイナリー

●長野県原産地呼称管理制度
 国に先駆けた長野県の「ワイン法」
 認定ワイン一覧

●長野県のワイナリー連絡先一覧

●おわりに




この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品