期間限定ポイント10倍キャンペーン開催中! 〜12/25(金)まで

TOPページ > ステレオサウンド書店 > 季刊管球王国 Vol.53 2009年 SUMMER

季刊管球王国 Vol.53 2009年 SUMMER


発売日:2009年7月28日
雑誌コード:67968-57
ISBNコード:978-4-88073-207-7

バックナンバーはこちら
Fujisan.co.jpで“月額(都度)払い”で購読

販売価格2,934円(税込)

[133ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

商品イメージ
商品イメージ
拡大 Prev Next

---------------------------------------------------

主な内容

●「極めればシングルアンプ」
パワーアンプ16機種の真価を問う
テスター=篠田寛一/高津 修
出力管の素性が高い純度で表れるシングルアンプは、アンプの原点であると同時に、回路設計やブランドの真価が問われる奥の深い世界です。直熱3極管からビーム管まで多彩な出力管の16モデルを集め、回路設計に対する考察を踏まえながら、音の魅力を徹底的に探ります。
[試聴機種]出力真空管
45=エイフルAsano45Loftin-White Single、山本音響工芸A08S
2A3=サン・オーディオSV2A3、ファルコンFalcon M1、オーディオ・ノートSOUGA
50/n=ヒューガーHG55S
PX25=P&C PX25 Single Stereo
300B=メロディH300B、エアータイトATM300EH、レイミョーPAT777
EL34=ハニワHAMP05、ウエスギU・BROS32MKII
KT88=トライオードTRV-A88SE
PL519=EAR EAR869
211=エアータイトATM211

●2009夏の注目新製品試聴
テスター=新 忠篤/小原由夫/篠田寛一/高津 修/和田博巳
この夏に登場する話題の管球式アンプやスピーカー、トランス、アナログプレーヤーなどのニューモデルを試聴。その特徴と音質を検証します。大型送信管による弩級アンプ、ハイエンド国産アナログプレーヤーほか、注目機が目白押しです。

●英国アナログプレーヤー4モデルにグレードアップで磨きを掛ける
テスター=和田博巳
基本性能に優れ、オプションパーツやグレードアップキットの豊富さも魅力の英国製アナログプレーヤー4モデルを集め、アップグレードで再生能力はどのように高まるのか、そのポテンシャルを徹底的に探ります。
[試聴機種]
ノッティンガムアナログスタジオSPACEDECK CLASSIC、ミッチェルエンジニアリングGyroDec-UNV2、ロクサンXERXES20Plus、リンSONDEK LP12

●連載「マイ・フェイバリット・シングス」第5回 小原由夫
73年リリースのロック名盤、ピンク・フロイド『狂気』の希少な初期オリジナル盤と現代の高音質復刻盤LPを、最新カートリッジと伝統的スタイルのカートリッジ5モデルで試聴。マッチングを探りながら、圧倒のアナログ・サウンドを追求します。
[試聴機種]
デノンDL103、オルトフォンSPU Classic G MkII、EMT XSD15SFL、
ライラSkala、マイソニックUltra Eminent BC

●ワイドレンジ・サウンドシステム時代のWEユニットにこだわる
◎WE555の振動板の違いによる音質比較
◎TA8002(TA4151A+555/TA7322)2ウェイシステムを聴く
◎本邦初! 5A System(TA4165フルレンジ+ASO6341Aバッフル)試聴
──新 忠篤/篠田寛一/土井雄三
製造時期、振動板の違いによるWE555レシーバーの音質比較から、30cmフルレンジのTA4165と2.4m×1.5mの巨大平面バッフルを組み合わせた5Aサウンドシステム試聴まで。いかなるシステムでも至高のサウンドをもたらす、WEの奥深く色褪せない魅力に迫ります。

●EMT製フォノイコライザー・プリアンプJPA66トライアルテスト
テスター=新 忠篤
究極のレコード再生を目指して登場した管球式フォノイコライザーアンプEMT JPA66。長期間のランニング試聴で、SPレコードからRIAA以前の録音カーブに対応する本アンプの能力と音をじっくりと吟味します。

●GIPラボラトリーから大型木製ホーンGIP250登場
テスター=新 忠篤/篠田寛一/常盤 清
能楽堂の床板をヒントにした白木の曲げ加工による木製ホーンがGIPラボラトリーから登場。同社のWE594Aドライバーの復刻モデルGIP594Aを用い、励磁型のGIP4181 Model2ウーファーと組み合わせた2ウェイでホーン・システムの新たな魅力に迫ります。

●実験工房 ライン/インターステージトランス14モデル聴き比べ
テスター=新 忠篤/篠田寛一
ラインレベルの信号径路にインターステージトランスを挿入することで、音は格段と魅力的に変わる可能性があります。手に入れやすい価格の現行8モデル、ヴィンテージ6モデルの計14モデルを集め、試聴を通して音味の変化を探ります。
[試聴機種]
タムラTK135、タンゴNC14、ルンダールLL1621/P-P、橋本電気A105、ノグチトランスFM600CT、マグネクエストRIT5、ノグチトランスFM1010N、ジェームスJS2008N ヴィンテージ=ドイツ製NFLU32a、UTC A20、ノーザン・エレクトリックNE175A REPT、WE REP111C、WE REP93C、WE REP119

●Vintage Analogue
モノーラル時代のオルトフォン/EMTカートリッジを聴く
新 忠篤/海老沢 徹/箕口勝善
1948〜49年に開発されたオルトフォン最初期のモノーラルMC型カートリッジ、タイプA/B/Cを中心に、そのEMT仕様であるOFD25も加えて試聴し、その革新性を探ります。
[機種]
オルトフォンTypeAD、A25D、B25D、CB25D、C25D、C17E、CG25D、
EMT/オルトフォンOFD25、ESL A25D

●連載 アクティヴオーディオの勧め 
第2回 グラフィックイコライザーを有効に活用した、初期LP再生テクニック
テスター=新 忠篤/篠田寛一/常盤 清
RIAAカーブに対応したフォノイコライザーを用いながら、グラフィック・イコライザーを加えて音を調整することで、RIAAカーブ統一以前の初期LPを理想的に再生するテクニックを実地に試します。
[試聴機種]dbx 2231、アキュフェーズDG48

●マイ・ハンディクラフト
上杉佳郎◎EL34プッシュプル・ステレオパワーアンプTAP34
NFBを知り尽くして設計されたISO製のトランスを活かし、シンプルなムラード型回路を採用するEL34・PPステレオパワーアンプ。オーソドックスさに徹した設計で、スピーカーシステムの個性を高い品位で活かしきる再生を実現します。

是枝重治◎WE420A小型ライン・プリアンプLLA53
NF型ラックス式トーンコントロール回路と1段P-G帰還型増幅回路を採用。管球式パワーアンプを想定し、回路の合理性を追求した小型ライン・プリアンプ。シャーシサイズの印象を超えた、活き活きとした鳴りっぷりが楽しめます。

●甦る少年時代の「思い出」 コンパクトなサブソニックフィルター 上杉佳郎

●音遊空間──音楽とオーディオに浸れる極上スポット
ロックバー エピタフ(世田谷区)

●真空管&ヴィンテージ&パーツ・ショップをリポート
◎ウエスタン サウンド インク(東京・代々木)◎サウンドボックス(東京・調布市)
U-Station21(福岡県福岡市)/オーディオ ギャラリー ベストワン(北海道札幌市)
アンティーク・オーディオ 音の市(滋賀県高島市)

この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品