TOPページ > ステレオサウンド書店 > 季刊ステレオサウンド No.171/2009年 SUMMER

季刊ステレオサウンド No.171/2009年 SUMMER

販売価格2,096円(税込)

[10ポイント進呈 ]

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

商品イメージ
商品イメージ
拡大 Prev Next

発売日:2009年6月11日
雑誌コード:65482-37

------------------------------------------------------------

ステレオサウンド No.171(2009年夏号)は、オーディオ評論家が本気度満点で取り組んだ「組合せ特集」をメインに、表紙を飾った日本の新ブランドKISOアコースティックの小型スピーカーHB1、同じく日本のオーディオ・ノートから登場した超弩級アナログプレーヤーGinga、リンLP12の新アップグレード・パッケージRADIKAL+URIKAなど、この夏注目の新製品が目白押しです。
どうぞご期待ください。

特集 マイ・プレミアム・サウンドシステム
今号の目玉企画は“マイ・プレミアム・サウンドシステム”と題した「組合せ特集」です。今回は一般的なお薦めシステムの提案記事ではなく、登場するオーディオシステムがいずれも、「オーディオ評論家自らが実際に使ってみたいと思える組合せ」であることが大きな特徴です。内容は2部構成。Part 1はトータル価格の制限を設けずに“自分の音”を徹底追求し、最高の組合せを目指す[ベストサウンディングシステム]。Part 2はトータル価格の上限を100万円または200万円に設定し、その予算内で自分にとってもっとも満足できる組合せをつくる[ベストバリューシステム]。いずれも、オーディオ評論家が自分自身のオーディオと向き合った末に完成した本気度満点の組合せです。もちろん、読み応えも満点。深くじっくりとお楽しみください。

注目の日本製高級小型スピーカー
KISOアコースティック HB1 デビュー
表紙を飾っているウッディな小型スピーカーシステムは、岐阜県在住のオーディオ愛好家が立ち上げた新ブランドのデビュー作。高峰楽器製作所とのコラボレーションによって生まれたこの楽器的スピーカーを、どこよりも詳しくご紹介いたします。

リンLP12新アップグレード・パッケージ登場
オリジナル機の誕生以来、基本設計を守りながら着実なアップグレードをつづけてきたリンのアナログプレーヤーLP12が、新アップグレード・パッケージの登場で大きな飛躍を遂げました。新DCモーター+電源部「RADIKAL」と内蔵フォノイコライザー「URIKA」のセットがもたらした進化とは?

このほかレギュラー企画も盛りだくさん。50回目を迎えた「レコード演奏家訪問」、石井伸一郎氏が読者宅を訪問した「イコライザーのすすめ」、ストラヴィンスキー「春の祭典」によってフィナーレを飾る「オーディオファイルのための管弦楽入門」の最終回、ゲストに歌手の岩崎宏美さんをお迎えした「音のたまもの」などお馴染みの[連載]記事、オーディオ・ノートGingaなど注目の新製品をピックアップした「エキサイティングコンポーネント」、新着製品を網羅した「TEST REPORT」。そして、JBLのチーフシステムエンジニア、グレッグ・ティンバースへの特別インタビュー記事など、充実した内容でお届けするステレオサウンド171号を、どうぞよろしくお願いいたします。

(ステレオサウンド編集部)

------------------------------------------------------------

CONTENTS

・巻頭言 一期一会 菅野沖彦

●夏の新着モデル徹底試聴
Exciting Components
パス=SR1──柳沢功力
FMアコースティックス=FM711MK2──傅 信幸
ウィーン・アコースティックス=ザ・ミュージック──傅 信幸
オクターブ=ジュビリー・モノ──高津 修
エラック=FS609CE──和田博巳
オーディオ・ノート=ギンガ──三浦孝仁
モニターオーディオ=プラチナムPL200──和田博巳
ハンス・アコースティックス=T60──三浦孝仁

●[特集]マイ・プレミアム・サウンドシステム
菅野沖彦/傅 信幸/三浦孝仁/柳沢功力/和田博巳
PART1 ベストサウンディングシステム篇
PART2 ベストバリューシステム篇

・[連載] サウンドアクセサリー

・オーディオサポートショップ 第36回 細谷信二

・ブランド研究 第8回 小原由夫

・[連載] いい音のためのベストツール イコライザーのすすめ
読者訪問篇 石井伸一郎

・[連載] アナログの宇宙 海老澤徹

・[連載] 夢工房 第4回
ウェスタン・エレクトリックで作る夢の大型スピーカー 佐伯多門

・新たな振動板を手にしたJBLの躍進
グレッグ・ティンバース特別インタビュー 編集部

・[連載] ニアフィールドリスニングの快楽 和田博巳

・第42回[デジタルプレーヤーの未来]

・[連載] 音技の国の散歩道

・夏の道 アナログディスク再生の世界から(2) 高津 修

・[連載] 聴く鏡 中古生活 菅原正二

・ハイエンドショウトウキョウ2009スプリング リポート 編集部

・[連載] オーディオファイルのための管弦楽入門 最終回 嶋護

・イーゴリ・ストラヴィンスキー バレエ音楽「春の祭典」

・KISOアコースティック HB1デビュー 菅野沖彦

・デジタルオーディオ技術の極点
ゴールドムンド メディアルーム完成 編集部

・深い静寂の気韻
リンからLP12新アップグレード・パッケージ登場 山本浩司

・[連載] レコード演奏家訪問 第50回 伊東理基氏/佐原偉元氏・佐原さとみさん 菅野沖彦

・[連載] 音のたまもの 第8回 ゲスト:岩崎宏美(歌手) 小林悟朗

・[連載] 新世代リスニングルーム探訪 第3回 石井伸一郎

・TEST REPORT 2009 SUMMER
話題の新製品を聴く

スピーカーシステム
アヴァロン=アスペクト
B&W=XT8
ダリ=イコン8
ディナウディオ=フォーカス220・
イクリプス=TD712zMK2
ファルコンラボ=モデル707
ハニワ=HSP2H07、HSP2H06
クリプトン=KX1000P
マーク&ダニエル=マクシマス・ミニプラス
ポッドスピーカーズ=ビックポッド、スモールポッド
ソナス・ファベール=トイ・タワーII

SACDプレーヤー
エソテリック=SA50
マランツ=SA13S2

CDプレーヤー
デンセン=B420
ハンス・アコースティックス=CD25
トライゴン=TR‐CDII

プリアンプ
コンラッド・ジョンソン=ET2
マッキントッシュ=C500
ニューフォース=P8S

パワーアンプ
アキュフェーズ=A65
オーディオ・ノート=ソウガ
コンラッド・ジョンソン=LP66S
デジタルドメイン=B9
ムジカ=pow1000モノ
ニューフォース=ステレオ8・5V2

プリメインアンプ
オーディア=フライト3
CEC=AMP3800
ヘーゲル=H100
マッキントッシュ=MA6600
オクターブ=V40SE
オーヴァー=PM1
ユニゾン・リサーチ=ユニコ・プリモ

ADプレーヤー
アコースティック・ソリッド=ソリッド・クリスタル
EAT=フォルテ+イケダIT407
プロジェクト=1エクスプレッションII

フォノカートリッジ
ベンツ・マイクロ=エースSM、エースSモノ
スミコ=パロ・サントス・プレゼンテーション

フォノイコライザー
ナグラ=BPS
パス=XP15

ヘッドフォン
スタックス=SR404リミテッド

CDレシーバー
オーディオ・アナログ=エニグマ2.0

・SOUND SCOPE
KEF=iQ90/iQ30特製突き板仕上げ──高津 修
パイオニア=PDX‐Z10──三浦孝仁

・試聴ディスク一覧

・速報 ウィルソンオーディオから新型WATT/PUPPY登場 三浦孝仁

・[連載] SS MUSIC REVIEW & ESSAY

・New Discs
クラシック=菅野沖彦/東条碩夫/宮下 博/柳沢功力
ジャズ=原田和典
ポピュラー=高橋健太郎/和田博巳

・The Best Sounding CD 嶋護の一枚

・[連載] 聴き方の達人 岩田由記夫

・[連載] 音楽に心躍る日々 小林慎一郎

・オーディオファイル名盤2作品がアナログレコードで再登場 三浦孝仁

・HDトラックスの動向 デイヴィッド・チェスキー・インタビュー 三浦孝仁

・ドイツ・グラモフォンの名盤がエソテリックSACDで復活 編集部

・比較試聴で探るブルースペックCDの実力 宮下 博

・「VIVID」が発信する高音質ディスクのかたち 三浦孝仁

・SSインフォメーション

・ユーズド・コンポーネント・マーケット

・JUST NEW COMPONENTS

・[連載] 行間の音楽 舩木篤也

・[連載] 音楽の誘拐 許 光俊

・CS-PCM音楽放送番組表

この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品