TOPページ > ステレオサウンド書店 > 季刊ステレオサウンド No.185/2013年 WINTER

季刊ステレオサウンド No.185/2013年 WINTER

販売価格2,365円(税込)

[11ポイント進呈 ]

[ 送料個別 350円 ]

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

商品イメージ
商品イメージ
拡大 Prev Next

発売日:2013年3月1日
雑誌コード:65482-51

------------------------------------------------------------
ステレオサウンドグランプリ2012/ジャンル別・価格帯別 2012-2013 ベストバリュー・コンポーネント 552選

2012年を締めくくるステレオサウンドNo.185では、小誌冬号恒例の年に一度の2大スペシャル企画、この一年間のオーディオ製品の状況を知るうえで不可欠の「ステレオサウンドグランプリ」と「ベストバイ・コンポーネント」をお届けします。それに加えて、表紙を飾る超弩級SACD/CDプレーヤー「dCS Vivaldi」をはじめとする、2012年秋から冬にかけて登場した数多くの注目新製品を紙数が許すかぎりご紹介しています。オーディオ愛好家の方々はもちろん、久しぶりにオーディオ機器の購入を検討されている方々も、オーディオのいまが分かるステレオサウンドNo.185をぜひご購読ください。

ステレオサウンドグランプリ
Stereo Sound Grand Prix 2012
その年に新発売されたすべてのオーディオ製品を選考対象とする「ステレオサウンドグランプリ」。新・選考委員長の柳沢功力先生を中心に、選考委員4名と小誌編集部代表2名(2名で1票)を加えた計7名(6票)の投票と討議によって、今回はこれまでで最多の30モデルがその栄誉に輝きました。今年登場したオーディオ製品がどのような特徴・傾向を持ち、受賞した各製品がどのような評価を受けたのか。2012年のオーディオ界を総括する「ステレオサウンドグランプリ2012」をじっくりとお楽しみください。

特集 ジャンル別・価格帯別 2012-2013 ベストバイ・コンポーネント 552選
小誌規定の選考条件を満たすオーディオ製品を、得点投票によってジャンル別・価格帯別にランキングする「ベストバイ・コンポーネント」。今回は昨年と同じ選考委員6名によって、合計552機種が選ばれました。順位だけではなく、各選考委員の投票内容やコメント原稿なども参考にしていただきながら、ご自身にとってもっともふさわしいオーディオ製品をお探しいただくためのガイドとしてご活用ください。

今号では製品紹介以外でも、オーディオメーカーや設計者をクローズアップした記事と音楽ソフトの記事が充実しています。メーカー・設計者関連では、ブランドの誕生から25年を迎えたエソテリックの工場訪問、米国西海岸のハイエンドスピーカーメーカー「マジコ」を主宰するアーロン・ウォルフの設計哲学、TADのスピーカー部門チーフエンジニア、アンドリュー・ジョーンズへのロングインタビューなど。音楽ソフト関連では、50-60年代クラシック録音の金字塔「マーキュリー・リヴィング・プレゼンス-コレクターズ・エディション(50枚組)」のほか、「菅野沖彦レコーディング・コレクション(4枚組)」「カラヤン&カラス グレート4オペラズ(9枚組)」「EMIクラシックスSACDシングルレイヤー」「ユニバーサル・ミュージック100%ピュアLP」など、オーディオ愛好家必携のパッケージソフトを詳しくご紹介するとともに、レギュラーの読み物企画をフルラインナップ。この年末年始は、音楽とオーディオ、そしてステレオサウンド185号とともにお過ごしください。

(ステレオサウンド編集部)

------------------------------------------------------------
お詫びと訂正
トーレンス・アナログプレーヤーTD309の記事内容に誤りがありました。


ステレオサウンド185号の「Test Report」433ページで紹介した、トーレンス=アナログプレーヤー「TD309」の記事内容に誤りがありました。

本文中に「サスペンションの柔らかいフローティングシステムとちがって」との記述がありますが、TD309は脚部にフローティング機構を内蔵するプレーヤーシステムです。

これは編集部の校正ミスであり、読者および関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫びし、訂正させていただきます。
------------------------------------------------

CONTENTS
●ステレオサウンドグランプリ
STEREO SOUND GRAND PRIX 2012
柳沢功力/傅 信幸/三浦孝仁/和田博巳/小野寺弘滋
原田 勳(編集主幹)/染谷 一(編集長)

・CRITICS' APPLAUSE

●特集 ジャンル別・価格帯別
2012-2013 ベストバイ・コンポーネント552選
小野寺弘滋/傅 信幸/黛 健司/三浦孝仁/柳沢功力/和田博巳

スピーカーシステム──141選
デジタルディスクプレーヤー──63選
デジタルディスクトランスポート──12選
D/Aコンバーター──33選
デジタルファイルプレーヤー──11選
プリアンプ──42選
パワーアンプ──76選
プリメインアンプ──43選
アナログプレーヤー──17選
フォノカートリッジ──32選
フォノイコライザーアンプ──16選
その他のコンポーネントー──39選
サウンドアクセサリー──27選
選出方法

・dCS Vivaldiシステム詳報 驚異的な次元へ──────三浦孝仁

・連載 ファインチューニングのすすめ-----藤本一夫

・マーキュリーCDボックス発売によせて-----嶋 護

・追悼 小林悟朗さん-----檀ふみ/原本薫子

・技術を技で磨く-エソテリックが歩んだ、革新と信頼の25年-----宮下 博

・「ありのままの再現」を目指して
アーロン・ウォルフ(マジコ主宰者)の設計哲学に迫る───三浦孝仁

・ロングインタビュー TAD アンドリュー・ジョーンズ氏-----山本浩司

・秋のオーディオショウ・リポート-----宮下 博/松浦正和/編集部

・SSインタビュー───────────黛 健司/三浦孝仁/山本浩司/編集部
ダリ/ダールジール/ディアパソン/タンノイ/エアー

・連載 音技の国の散歩道 冬の道 デジタルアンプはクール?────高津 修

・連載 聴く鏡危険な音楽───────────菅原正二

・冬の新着モデル徹底試聴
Exciting Components
ディナウディオ=Evidence Platinum-----黛 健司
YGアコースティクス=Sonja 1.2-----和田博巳
クォード=ESL2912-----柳沢功力
エラック=FS407/BS403-----傅 信幸
アキュフェーズ=DP550-----傅 信幸
ヴィオラ=Crescendo---和田博巳
コンステレーション・オーディオ=Centaur Mono---柳沢功力
CHプレシジョン=A1-----小野寺弘滋
オクターブ=MRE220-----傅 信幸
ターレス・トーンアーム=TTT-Compact with Simplicity---小野寺弘滋

・SS HOT NEWS
ダン・ダゴスティーノ=Momentum Pre────編集部
マークレビンソン=No.52────編集部

・「ゴールドベルク変奏曲/グレン・グールド」ガラスCD試聴記────嶋 護

・TEST REPORT 2013 WINTER
話題の製品を聴く
小野寺弘滋/高津 修/傅 信幸/黛 健司/三浦孝仁
宮下 博/柳沢功力/山本浩司/和田博巳

・アクセサリーレビュー アコースティック・リヴァイブ=RLT1----三浦孝仁

・試聴ディスク一覧

・JUST NEW COMPONENTS

・ステレオサウンド『High Resolution Master Sound 02』発売----山本浩司

・連載 SS MUSIC REVIEW & ESSAY

・New Discs
クラシック=東条碩夫/宮下 博/諸石幸生
ジャズ=原田和典
ポピュラー=高橋健太郎/和田博巳

・The Best Sounding CD 嶋護の一枚

・連載 音楽に心躍る日々─────小林慎一郎

・連載 スタジオの音が聴こえる─────高橋健太郎

・連載 現代の名演奏家たち────────舩木篤也

・往年の菅野録音4作品がXRCDボックスで復刻──────嶋 護

・エソテリックSACDボックス『カラヤン&カラス グレート4オペラズ』発売──────宮下 博

・EMIクラシックのシングルレイヤーSACD続々登場────────諸石幸生

・ユニバーサルミュージック「100%PureLP」いよいよ発売────────小林慎一郎

・今冬の新譜より イザベル・ファウストのバッハ────────吉井理恵

・金子三勇士・SACD第2作『MIYUJI2012』登場────────編集部

・BDミュージック、スタート──────藤原陽祐

・速報 クラレックス「JBL Everest専用スピーカーベース」──────黛 健司

・書評『ニアフィールドリスニングの快楽』和田博巳 著───山本浩司

・書評『ジャズ・ダンディズム』野口久光 著────────菅原正二

・SSインフォメーション

・連載 音楽の誘拐───────────────許 光俊

・第19回「日本プロ音楽録音賞」受賞作品決定────編集部




この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品