期間限定ポイント10倍キャンペーン開催中! 〜12/25(金)まで

TOPページ > ステレオサウンド書店 > 聴く鏡II 2006-2014

聴く鏡II 2006-2014



■著者:菅原正二
■発売日:2014年4月30日
■仕様:四六版 310頁
■ISBNコード:9784880733296
ステレオサウンドの書籍はこちらから
菅原正二氏 関連アイテムはこちら

販売価格2,970円(税込)

[135ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

商品イメージ
商品イメージ
拡大 Prev Next


菅原正二さん、平成29年度の一関市市勢功労者(教育文化功労)として表彰
●筆者プロフィール

1942年岩手県生まれ。早稲田大学在学中、ハイソサエティー・オーケストラでバンド・マスター、ドラマーとして活躍。その後プロ活動を経て、1970年にジャズ喫茶「ベイシー」を開店、ジャズ・オーディオに独自のスタイルを確立する。ベイシーは日本一音の良いジャズ喫茶として知られるようになり、国内外から多くのジャズファンが訪れる『聖地』となっている。これが、一関市の知名度を向上させ、市勢の発展に貢献していると認められた。

ジャズ喫茶経営の他に、弊社刊行の季刊誌『ステレオサウンド』をはじめとする雑誌や新聞での執筆活動、地元を中心としたコンサート・プロデューサーを務めるなど、その活躍は多岐にわたっている。


目次
■はじめに

■聴く鏡 二〇〇六年〜二〇一一年
○遂げずば止まじ 〜難関を突破せよ〜
○四十歳の「創刊号」はかく語りき
○三十六年目の重大事件
○ポールの休日
○忘却とは完全に忘れ去ることなり
○時の凪
○オーバー・ザ・レインボー
○冬
○受難、災難、さんざん
○エミリーの夏
○無償の愛
○禅問答
○中古生活
○職務質問
○納得いく敗北
○煙が目にしみる
○紙の楽器
○お言葉
○音の記憶
○ウナギの正体、オーディオの正体

■ナウズ・ザ・タイム!

■聴く鏡 二〇一一年〜二〇一四年
○A面とB面
○デンキの味
○最後の砦
○知らぬが仏
○幻を追うハンターの日常
○ジャズな人
○危険な音楽
○スピーカーはグルメ
○エデンの東
○新発見
○バチカン
○音の値打ち

■スウィフティーズ・フォト・ギャラリー
■インタビュー 菅原正二 正体不明
■ジャズ喫茶「ベイシー」の十二年 一九七〇〜一九八二
■ジャズサウンドの要
■レコードには幻想を

この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品