サマーフェア2021開催中! 〜7/31まで

TOPページ > レコードショップ > ヒューバート・ロウズ/春の祭典(SACDハイブリッド)KCTCD1005

ヒューバート・ロウズ/春の祭典(SACDハイブリッド)KCTCD1005


■発売日:2021年1月20日
■型番:KCTCD1005
■JANコード:4909346023963
■仕様:SACD/CDハイブリッド盤
CTI作品ラインナップ

※ご注文のタイミングによっては発売元からのお取り寄せとなり、お届けにお時間をいただく場合がございます。また、発売元における在庫切れ、廃番/生産終了等で入荷できないことが確認された場合は、商品をキャンセルとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

※弊社から発送の商品は、原則としてもっとも入荷の遅い商品を待っての出荷となります。ご注文確定後の発送商品のまとめ、分割などのご要望にお応えすることはできません。あらかじめご了承ください。

販売価格3,850円(税込)

[18ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

商品画像

商品画像
商品画像
拡大 Prev Next

「ルディ・ヴァン・ゲルダー(RVG)による、70年代前半CTIのベスト・オブ・ベストと言える優秀録音」 - 和田博巳

CTIレーベルの特徴である"クラシックのジャズ化"、その傑作のひとつとして名高いヒューバート・ロウズの代表作。ストラヴィンスキーの三大バレエの一作をアレンジし、他の収録曲もすべてクラシックの楽曲のジャズ化という徹底したコンセプトで制作された一枚。フォーレの『パヴァーヌ』、ドビュッシーの『シランクス』、バッハの『ブランデンブルク協奏曲第三番』第一楽章、第二楽章を収録。ボブ・ジェームス、ジャック・ディジョネットら実力派ミュージシャンらが参加、原曲の持つエネルギーを損なうことなく、巧みなアレンジで展開。



60年代後半に名プロデューサー、クリード・テイラーによって設立され、70年代〜80年代のクロスオーバー/フュージョンの数々の傑作を世に送り出した名レーベルCTIレコードの名盤を日本初SACDハイブリッド化するシリーズ『CTI SA-CD HYBRID SELECTION』第2弾。
オリジナル・レコーディングのエンジニアはジャズ・レコーディングの巨匠として知られたルディ・ヴァン・ゲルダー(RVG)が担当。

【本リリース最大の特徴】
・タワーレコード・オリジナル企画盤。完全生産限定盤
・日本初SACDハイブリッド化であり、第2弾3タイトルは世界初SACDハイブリッド化
第2弾ラインナップ:
ヒューバート・ロウズ『春の祭典』
デオダート『ラプソディー・イン・ブルー』
ミルト・ジャクソン『グッドバイ』
・RVGスタジオのオリジナルマスターテープからコピーした極上のコンディションのマスターをDSDにダイレクト変換し、同DSDデータをそのままSACD化。オリジナルアナログ音源のサウンドを限りなく忠実に再現したSACD
・CD層も新たにDSDデータからPCM化したものを使用
・盤印刷面:緑色コーティング仕様
・マスタリング・SACD化監修含むシリーズ総監修は和田博巳氏

*使用音源とマスタリング:
・キングレコードに厳重保管された極めて良好なコンディションのマスターテープ(オリジナル・マスターからのコピー。RVGスタジオのマスターテープと比較しても音の劣化が少ないと思われる高音質なマスター)を使用
・マスタリング・エンジニア:辻裕行氏
キングレコード関口台スタジオで2020年10月にマスタリング


収録曲
1. パヴァーヌ
2. 春の祭典
3. パンの笛
4. ブランデンブルグ協奏曲 第3番 第1楽章
5. ブランデンブルグ協奏曲 第3番 第2楽章

この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品