TOPページ > レコードショップ > ブルックナー:交響曲第5番(SACDハイブリッド)

ブルックナー:交響曲第5番(SACDハイブリッド)

NEW!!

販売価格4,000円(税込)

[36ポイント進呈 ]

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

商品画像

商品画像
商品画像
拡大 Prev Next

※商品の発送は、「予約」や「お取り寄せ」を含め、ご注文内のすべての商品が揃い次第のご手配となります。注文の分割発送や、注文コードが異なる複数の注文のまとめ発送は承ることができません。

※海外販売不可につき、商品配送先が海外転送業者の場合、また海外転送・転売目的と弊社が判断した場合は断りなくご注文をキャンセルとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

オイゲン・ヨッフム(指揮)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

■品番:ESSD-90265
■仕様:Super Audio CDハイブリッド
■JAN:4907034224548
■レーベル:DECCA
■ジャンル:交響曲
■発売日:2022年9月17日


重量感のある豊かな響き、木管や金管も明晰に聴こえる名録音。

■ブルックナーの伝道者オイゲン・ヨッフム
 ドイツの名匠オイゲン・ヨッフム(1902-1987)は、アナログLP時代にブルックナーの交響曲全集を2度録音した唯一の指揮者でした。オーケストラ作品のみならず、オペラや声楽曲を含むバッハからオルフまでのドイツ・オーストリア音楽を中心に幅広いレパートリーを持っていたヨッフムですが、その名はやはりブルックナーと密接に結びついており、1949年には国際ブルックナー協会ドイツ支部会長に就任し、1954年にはミュンヘンでのブルックナー国際音楽祭に際してメダルを受賞。同じ年には当時未出版だった交響曲第8番第1稿の初演(第1楽章)を担っています。生き生きと躍動し、暖かな人間味に溢れ、柔軟なテンポの伸縮、ダイナミックスやオーケストレーションの変更など、独自の呼吸感を持ったヨッフムのブルックナー解釈は、結果として、多くの人にとってブルックナーの音楽をより身近に感じさせる意味合いを持っていました。録音面でも、すでに1930年代後半のSP時代に第4番・第5番・第7番の大曲 3曲の録音を実現させており、ステレオ時代には上述の2種類の交響曲全集(第1回=1958〜67年にベルリン・フィルおよびバイエルン放送響、第2回=1975〜80年にシュターツカペレ・ドレスデン)を完成させたほか、 ミサ曲3曲を含む主要声楽曲集をも録音しており、 20世紀を代表するブルックナーの権威としての足跡を録音という形でも残しています。これらの録音が世界各地に普及していくことで、ヨッフムとブルックナーの名はますます不可分になっていったのです。

■オットーボイレン修道院での交響曲第5番
 ヨッフムはSP時代の初期録音やステレオの2種類の交響曲全集のほかにも単独でいくつかの曲の録音を残していますが、それらの中で最も有名なのが今回当シリーズで復刻される交響曲第5番でしょう。これは、1964年5月30日と31日、ミュンヘン の南西100キロに位置する、バイエルン州シュヴァーベン地方の小さな町オットーボイレンにある聖ベネディクト修道院の大聖堂で、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団と行った演奏会のライヴ収録で、同修道院の開院1200年を記念しての重要なイベントでもあり、フィリップスによって収録されました。同修道院では1949年以来毎年初夏に宗教曲・声楽曲による演奏会からなるコンサート・シリーズを開催しており、同じシュヴァーベン地方のバーベンハウゼンの出身だったヨッフムはこのシリーズの常連でした。しかも宗教曲だけでなく交響曲も含むブ ルックナーの作品を数多く取り上げることで、このシリーズにブルックナーの交響曲演奏を根付かせるという貢献もしています 。

■第4楽章にクライマックスを置くヨッフムの解釈
 そのオットーボイレン修道院のような、壮麗な教会の伽藍を思わせるような堅固な構成が際立った交響曲第5番は、ヨッフムが最も愛奏したブルックナーの交響曲の一つでもありました。 1929年10月にリューベックで同地の市立管弦楽団と演奏して以来頻繁に取り上げ、1962年にはコンセルトヘボウ管の日本ツアーで演奏して日本初演を果たしていますし、1969年にはフ ランス国立菅とパリ初演も実現させているほか、亡くなる4か月前、生涯最後のブルックナー演奏となった 1986年12月のアムステルダムにおけるコンセルトヘボウ管との演奏会もこの曲でした。ヨッフムは第5番の音楽的な頂点を第4楽章に置いており、最初の3つの楽章で力を使い尽くさず、「最後の終結のために余力を貯えておかねばならない」と考えていました。その点も鑑みて、第4楽章の583小節以降の金管のコラール(トラック[4]21分11秒以降)で金管パートを増員して最後のクライマックスの音響的な輝きを確保したのでした。この部分で聴かれる異例なほど強靭なサウンドは長大な作品の終結部に相応しいと言えましょう。

■コンセルトヘボウ管弦楽団との充実を刻んだライヴ
 ヨッフムは、生涯にわたってオランダの名門ロイヤル・コンセルトヘボウ管とも強い絆を保持していました。すでにメンゲルベルク時代の1941年11月にデビューし、戦後の困難な時代を導いたエドゥアルド・ヴァン・ベイヌムの急逝を受けて、1961年からはベルナルト・ハイティンクとともに常任指揮者に就任しています。当アルバムのブルックナー第5番はこの時期に収録されており、隅々まで指揮者の意図が浸透し た絶好調の演奏は両者の良好な関係を物語るものでしょう。ヨッフムは同じ年にコンセルトヘボウ常任指揮者の職を辞しますが、それ以降もオーケストラとの密接な関係は続き、1960年代にはバッハのマタイとヨハネ受難曲、ベートーヴェンの交響曲全集やミサ・ソレムニスなどの重要作の録音を実現させており、いわばコンセルトヘボウ管の伝統を継承する老賢者とでもいえる立場でオーケストラを関わり続けたのでした 。

■大聖堂の雰囲気と明晰さを両立させた奇跡の録音
 この録音は、残響の多い石造りの巨大な大聖堂での録音にもかかわらず、オーケストラの各パートが極めて明晰に収録されているのが特徴で、会場の残響成分も過度にならない範囲でミックスされているため、雰囲気豊かな響きの中でも演奏の細かなニュアンスが犠牲になることはありません。演奏会当日の写真を見ると、指揮者の背面に高いマイクスタンドが立てられ、それと並行して左右に2本マイクスタンドが立てられていること、またオーケストラの上からもワイヤーに吊るされたマイクが数多く下げられていることが見て取れ、ライヴ録音であるにもかかわらず、セッションに匹敵するような精密なマイク設定が行われていることがわかります(TV放送のための映像収録も行われました)。ヨッフムの演奏自体も、テンポの設定やオーケストラのバランスづくりは通常の会場での演奏と同じ姿勢で臨んでいるため、「残響が多いからテンポを遅くする」というセオリーはこの録音ではあてはまりません。 演奏後の拍手はないものの、聴衆や演奏ノイズも適度に含まれており、ライヴならではの雰囲気や緊張感と再生音としての充実度が両立した名録音といえましょう。それゆえ、フィリップスが1989年に「レジェンダリー・クラシックス」という過去の名演再発シリーズで初めてCD化したのは当然のことで、それ以来、24ビット/96kHzリマスター 2001年)、Super Audio CD ハイブリッド(2004年)、そして2018年には再度Super Audio CDハイブリッド盤として発売されているほどの人気盤です。今回、通算3度目となる Super Audio CDハイブリッド化に当たっては、 これまで同様、使用するマスターの選定から、最終的なDSDマスタリングの行程に至るまで、妥協を排した作業をおこないました。特にDSDマスタリングにあたっては、新たに構築した「Esoteric Mastering」を使用。入念に調整されたESOTERIC の最高級機材Master Sound Discrete DACとMaster Sound Discrete Clockを投入。またMEXCELケーブルを惜しげもなく使用することで、オリジナル・マスターの持つ情報を伸びやかなサウンドでディスク化することができました。


収録曲

アントン・ブルックナー
Anton Bruckner

交響曲 第5番 変ロ長調
Symphony No. 5 in B flat major
[1] 第 1 楽章 : Introduction (Adagio Allegro)
[2] 第 2 楽章 : Sehr langsam (Adagio)
[3] 第 3 楽章 : Scherzo (Schnell) Trio (Im gleichen Tempo)
[4] 第 4 楽章 : Finale (Adagio Allegro moderato)

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
Royal Concertgebouw Orchestra
指揮:オイゲン・ヨッフム
Conducted by Eugen Jochum

[録音]1964年5月30日〜31日、ドイツ・ オットーボイレン、聖ベネディクト修道院大聖堂でのライヴ・レコーディング

[初出]Philips: 835 225/26 AY(1964年)
[日本盤初出]フィリップス:SFL7801〜2(1964年11月)

[オリジナル・レコーディング]
[レコーディング・プロデューサー]J. ヴァン・ヒネケン
[バランス・エンジニア]ヘンク・ヤンセン
[レコーディング・エンジニア]セース・フイジンガ

[Super Audio CD プロデューサー]大間知基彰(エソテリック株式会社
[Super Audio CD リマスタリング・エンジニア]東野真哉(エソテリック株式会社)
[テクニカルマネージャー 加藤徹也](エソテリック株式会社)
[Super Audio CD リマスター]2022年6月 エソテリック・オーディオルーム、「Esoteric Mastering」システム

[解説]浅里公三、広瀬大介
[企画・販売]エソテリック株式会社
[企画・協力]東京電化株式会社


この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品