SUMMER FAIR 2021
サマーフェア開催中! 〜7/31まで

TOPページ > レコードショップ > メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲、サン=サーンス:ハバネラ、ラロ:スペイン交響曲(SACD/CDハイブリッド)ESSD-90241

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲、サン=サーンス:ハバネラ、ラロ:スペイン交響曲(SACD/CDハイブリッド)ESSD-90241

NEW!!


アルテュール・グリュミオー(ヴァイオリン)
ベルナルト・ハイティンク、マニュエル・ロザンタール(指揮)

■発売日:2021年6月10日
■品番:ESSD-90241
■JAN:4907034223725
■レーベル:DECCA
■音源提供:ユニバーサルミュージック合同会社
■ジャンル:協奏曲

※本商品は人気商品につき、おひとり様2枚までのご購入とさせていただきます。また、家庭での一般的な試聴用途の範囲を超えると思われる、同一のお名前、同一のお届け先への複数回のご注文などは、お断りする場合がございます(ご注文キャンセルのお知らせメールが送信されます)。また、海外への発送、転送サービス等をご利用のご注文も承れません。あらかじめご了承ください。
※弊社から発送の商品は、原則としてもっとも入荷の遅い商品を待っての出荷となります。ご注文確定後の発送商品のまとめ、分割などのご要望にお応えすることはできません。あらかじめご了承ください。

販売価格3,972円(税込)

[18ポイント進呈 ]

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

商品画像

商品画像
商品画像
拡大 Prev Next

生誕100 年記念リリース。洗練の粋を極めたグリュミオーの名盤=アナログ時代の定番をベスト・カップリングでSuper Audio CD ハイブリッド化。

■ESOTERIC ならではのこだわりの Super Audio CD ハイブリッド・ソフト
 オリジナル・マスター・サウンドへの飽くことなきこだわりと、Super Audio CD ハイブリッド化による圧倒的な音質向上で高い評価をいただいているESOTERIC による名盤復刻シリーズ。発売以来決定的名盤と評価され、現代にいたるまで、カタログから消えたことのない名盤をオリジナル・マスターからDSDマスタリングし、世界初のSuper Audio CD ハイブリッド化を実現してきました。

■甘美で美しい音色はまさに洗練美の極致
 フランコ・ベルギー楽派の伝統を20 世紀に継承した名ヴァイオリニスト、アルテュール・グリュミオー(1921.3.21-1986.10.16)。その甘美で艶を帯びた美しい音色は、まさに優美そのもの、洗練美の極致であり、ヴァイオリンという楽器の一つのイメージを体現させ定着させたヴァイオリニストでした。楽譜に書かれたことを、ルバートやポルタメントなどの誇張なしにきっちりと再現しつつも、決して即物的にならず、節度をもったロマンティシズムを湛えたグリュミオーのヴァイオリンは、バッハからストラヴィンスキーにいたる幅広いレパートリーにおいて作品の本質をしっかりと見据えた解釈を可能にし、20 世紀のヴァイオリン演奏史に大きな足跡を残しています。当ディスクは、2014 年に発売し好評をいただいたモーツァルトの『ヴァイオリン協奏曲第3 番/第5 番《トルコ風》/協奏交響曲』を収録したアルバム以来、当シリーズ2 度目のグリュミオーのSuper Audio CD ハイブリッド盤となります。

■新興フィリップス・レーベルの看板アーティスト
 ブリュッセル音楽院でアルフレッド・デュボアに学び、さらにパリでジョルジュ・エネスコに師事したグリュミオーは、1939 年にアンリ・ヴュータン賞、フランソワ・ブリュム賞を受賞し、さらに翌1940 年にはベルギー政府からヴィルチュオジテ賞を授与されました。戦後間もなくパリでモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3 番を弾いてパリ・デビューを飾り「ティボーの再来」と称えられ、フランスを演奏活動の拠点に置きつつ、1949 年には母校の教授にも就任しました。その頃から英EMI などにレコーディングを開始したグリュミオーでしたが、何といってもその個性あふれる演奏が注目されるようになったのは1953年に始まるオランダのフィリップス・レーベルへの一連の録音でした。折しも78 回転SP 盤に代わるLPという新しい再生メディアの黎明期であり、録音再生技術の向上とともにより鮮明な再生音を家庭で手軽に味わうことが出来るようになった時代。グリュミオーの洗練された演奏は、繊細な音色までをも細かく収録することのできるこの新しいメディアの、そして戦後の新興レコード会社の一つ、フィリップス・レーベルの象徴ともなったのです。1953 年に開始されたグリュミオーのフィリップスへの録音は、彼がなくなる3 年前の1983 年まで約30 年間にわたって継続され、協奏曲・室内楽・ソナタ・小品・無伴奏作品に至る、ヴァイオリンの主要なレパートリーを網羅することになりました。

■アナログ時代の決定盤、メンデルスゾーンとラロ
 当ディスクに収録した3 曲はいずれもグリュミオーの十八番ともいうべき作品で、複数の録音が残されており、それぞれに個性的な魅力を備えた名演ですが、やはり40 代に入ったグリュミオーが脂の乗った活動ぶりを見せた1960 年代の録音がアナログ時代に最も広く親しまれてきた演奏と言えましょう。この時代のグリュミオーは、バッハからストラヴィンスキーにいたる幅広いレパートリーのレコーディングを続々と行なう八面六臂の活躍ぶりで充実を極めていたからです。メンデルスゾーンは1954 年モノラル(モラルト/ウィーン響)、1960 年(ハイティンク/コンセルトヘボウ管)、1972 年(クレンツ/ニュー・フィルハーモニア管)と3 種類の録音が残されており、いずれもグリュミオーのひめやかで瑞々しいヴァイオリンが、メンデルスゾーンの作風と合致した名演ですが、この1960 年盤は最も艶やかなソロが聴けるもので、若き日のハイティンクがコンセルトヘボウ管を指揮して実に立体的な演奏に仕上げた点が聴きもの。ラロは1954 年モノラル(フルネ/ラムルー管)、1963 年(ロザンタール/ラムルー管)の2 種類の録音がありますが、ステレオ盤はスペイン風のローカリズムとフランス風の洗練とを両立させたこの曲のイメージを最もバランスよく表出しています。官能と粋が絶妙にブレンドした《ハバネラ》ともども、フランスの隠れた名匠マニュエル・ロザンタール(1904-2003)が名門ラムルー管からきわめてフランス的な色彩感あふれるサウンドを引き出して、グリュミオーともども音楽を熱く盛り上げている点もこの演奏の価値を幾重にも高めています。

■最高の状態での Super Audio CD ハイブリッド化
 レコーディング場所はクレジットに明記されていませんが、比較的オーケストラに近接したバランスで収録されており、厚みのあるオーケストラを背景にヴァイオリン・ソロがくっきりと浮かび上がるさまは、アナログ時代から親しまれてきたフィリップス・サウンドならでは。サン=サーンスとラロは2019 年に一度Super Audio CD ハイブリッドで発売されていますが、メンデルスゾーンは世界初のSuper Audio CD ハイブリッド化となります。今回の Super Audio CD ハイブリッド化に当たっては、これまで同様、使用するマスターテープの選定から、最終的なDSD マスタリングの行程に至るまで、妥協を排した作業が行われています。特にDSD マスタリングにあたっては、D/A コンバーターとルビジウムクロックジェネレーターとに、入念に調整されたESOTERIC の最高級機材を投入、またMEXCEL ケーブルを惜しげもなく使用することで、オリジナル・マスターの持つ情報を余すところなくディスク化することができました。

■『ヴァイオリンの美感を伝える数少ない演奏家』、『ラロはこの曲のベスト・レコード』
「グリュミオーは最近の若いヴァイオリニストが登場するまでヴァイオリンの美感を伝える数少ない演奏家だった。ヴィブラートの効いたみずみずしい響き、柔らかいアーティキュレーションと冴えたフレージングの鮮やかな交替、そして洗練された感覚がどの曲からも優美な情感と官能的になる一歩手前で踏みとどまる嗜みの良さをそなえていた。それはメンデルスゾーンのホ短調協奏曲のように古典的な爽快感と清澄なロマンティシズムの結びついた音楽で目覚ましい効果を上げている。」
「ラロはこの曲のベスト・レコードと思われるすばらしい演奏である。グリュミオーはその磨き抜かれた華麗な音色と、洗練味のある粋な感覚で魅力いっぱいのソロを聴かせており、爽やかで流麗そのものといった表情で曲想を見事に生かしている。ロザンタールの指揮も、グリュミオーに劣らず粋で、豊かな色彩感のある響きでソロを支え、またソロとの掛け合いもぴったりと息の合ったもの。ハバネラも極めてデリケートながら情熱的な気迫もあって、甘美な雰囲気に満ちている。」

(『レコード芸術別冊・クラシック・レコード・ブックVOL.3 協奏曲編』、1985 年)



「ラロはデリケートで粋な純フランス風の演奏だ。そのため、スペイン風の濃厚な味わいや豊麗な音色を求めることはできないが、これほど上品で線が細く、女性的で小味なラロは例がない。ロザンタール指揮するラムルー管弦楽団は、金管を強奏する乾いた響きがいかにもラテン的。」

(『レコード芸術別冊・クラシックCD カタログ’89(前期)』、1989 年)



「より切れ味鋭くヴィルトゥオジティを発揮した演奏や、情熱的でスペイン色の強い演奏はないわけではないが、ラロの曲の魅力を最も洗練された表現と甘美で、しかも極めて品格美しい音によって味わうことのできるのは、このグリュミオー2 度目の録音だろう。当時40 歳代前半だったグリュミオーの演奏は、第1 楽章を始めとする技巧的な部分においても間然とすることがないし、艶やかな音をしなやかに駆使して抒情豊かに、陰影細やかに歌われた表現はスペイン的な情緒にも不足を感じさせない。ロザンタールがオーケストラを存分に鳴らして、そうしたグリュミオーのソロと見事なコントラストを作って、演奏を盛り上げている。」

(『ONTOMO MOOK クラシック不滅の名盤1000』、2007 年)



「《スペイン交響曲》は、高音域の輝きと繊細なニュアンス、低音域はあっさりと仕上げ全体に上品な印象を与える。グリュミオーというヴァイオリニストの美質の全てが凝縮されているように感じられる。」

(『ONTOMO MOOK 最新版 クラシック不滅の名盤1000』、2018 年)



収録曲
フェリックス・メンデルスゾーン
ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64
[1] 第1 楽章: アレグロ・モルト・アパッショナート
[2] 第2 楽章: アンダンテ
[3] 第3 楽章: アレグレット・ノン・トロッポ〜アレグロ・モルト・ヴィヴァーチェ

カミーユ・サン=サーンス
[4] ハバネラ 作品83

エドゥアール・ラロ
スペイン交響曲 ニ短調 作品21
[5] 第1 楽章: アレグロ・ノン・トロッポ
[6] 第2 楽章: スケルツァンド(アレグロ・モルト)
[7] 第3 楽章: 間奏曲(アレグレット・ノン・トロッポ)
[8] 第4 楽章: アンダンテ
[9] 第5 楽章: ロンド(アレグロ)

アルテュール・グリュミオー(ヴァイオリン)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 指揮:ベルナルト・ハイティンク(メンデルスゾーン)
コンセール・ラムルー管弦楽団 指揮:マニュエル・ロザンタール(サン=サーンス、ラロ)

[録音]
[メンデルスゾーン]1960 年5 月11 日〜14 日、アムステルダム、コンセルトヘボウ、グローテ・ザ−ル、
[サン=サーンス、ラロ]1963 年4 月1 日〜5 日、パリ

[初出][メンデルスゾーン]835 055 LY [サン=サーンス、ラロ]835 184 LY
[日本盤初出][メンデルスゾーン] SFL5505[1960 年12 月] [サン=サーンス、ラロ]SFL7680[1963 年11 月]

[オリジナル・アナログ・レコーディング]
録音スタッフの記載なし

[Super Audio CD プロデューサー] 大間知基彰(エソテリック株式会社)
[Super Audio CD リマスタリング・エンジニア] 東野真哉(JVC マスタリングセンター(代官山スタジオ))
[Super Audio CD オーサリング] 藤田厚夫(有限会社エフ)
[解説] 諸石幸生、浅里公三

[企画・販売] エソテリック株式会社
[企画・協力] 東京電化株式会社


この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品