TOPページ > ステレオサウンド書店 > 月刊HiVi 2008年1月号

月刊HiVi 2008年1月号

販売価格1,047円(税込)

[5ポイント進呈 ]

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

商品イメージ
商品イメージ
拡大 Prev Next

▶HiVi[ハイヴィ]のバックナンバーはこちらから

■送料について
送料はこちらからご確認ください。真っ赤な表紙が目印の2008年1月号皆さん、明けましておめでとうございます。今年も月刊HiViをよろしくお願いします。というわけで、さっそくですがHiVi2008年1月号をお届けいたします。今回は2008年AVワールドのトレンドを検証します。それはずばり「ハイビジョンのシネスコ投写」と「CGアニメの超高品位再生」。北米市場で人気を集めているアナモフィックレンズ&シネスコカーブドスクリーンとはいったいどんなものなのか、またそれが魅せる家庭内映画館の楽しみについて、筋金入りの映画ファンが体験してみました。加えて「カーズ」「レミーのおいしいレストラン」といった超絶高画質ブルーレイ・ディスクを一番綺麗に再生する方法とは……といったテーマについてもじっくり吟味。各種BDレコーダーでのアニメ再生画質比較もありますから、ファンは必読です。さらに、大好評「HDオーディオ、動く!」では、いよいよ実力を現したヤマハDSP-Z11&デノンAVC-A1HDを徹底研究。その魅力のほどに迫ります。そうそう、HDオーディオで何かと欠かせない「HDMI」のQ&Aと今お薦めのHDMIケーブルも紹介していますので、こちらもぜひご一読ください。また、「禁断の兄弟対決」では、大画面ファン注目のビクターDLA-HD100、ソニーVPL-VW200は従来モデルから買い替える必要がアリか? ナシかという究極のテーマについて、ユーザーである本誌レギュラー筆者陣が明確な答を出しています。同じ悩みを持つユーザーの皆さんはこちらも要チェックです。てなことで、2008年も読みドコロ満載の月刊HiVi。まずは1月号をぜひお求めください。 (編集部・哲) FEATURE 特集1 2008年新春企画“本質”を極める 〜AVエンタテインメントの新提案に挑む Theme1 映画は絶対シネスコだ! Theme2 CGアニメをリアルに観よう! 特集2 問答無用!「録る」「残す」の最高を探せ 〜ニーズ別最適レコーダーを検証する パナソニックDMR-BW700/800/900 ソニーBDZ-T50/T70/L70/X90 編集部より この秋の第2世代のBDレコーダーは、HDオーディオや1080/24p出力に対応するだけでなく、MPEG4(AVCREC)モードを搭載するなど、贅を凝らした作りが魅力だ。そこで、ここではソニー、パナソニックの全ラインナップを集め、クォリティを徹底チェック。この特集を読めば自分にぴったりの 1台が見つかるはず 特集3 決定! 2007年HiViグランプリ Chapter.1 徹底検証 ヤマハDSP-Z11の本当の力とは Chapter.2 徹底検証 デノンAVC-A1HDの凄い音に驚く Chapter.3 ハイエンドファン待望 AVP-A1HD+POA-A1HDの音を聴いた Chapter.4 パイオニアSC-LX90でJBL K2 S9800を鳴らしたら Chapter.5 10分でわかるHDMI Chapter.6 HDオーディオ時代の必需品、HDMIケーブル完全網羅 編集部より いまやHDオーディオ時代の必需品となった、HDMIケーブル。その選択の重要性はますます高まってきている。具体的に考えると、ハイビジョンプレーヤー/レコーダーとAVセンター間では映像と音声の両者を、AVセンターとプロジェクター/ディスプレイ間では映像だけ、と伝送する信号も異なる。さらにケーブルの長さも前者は1〜2m程度と短く、後者では最低5m、場合によっては10m以上必要という違いもある。加えて製品の価格が多岐に渡るため、製品グレードとのバランスを考えたHDMIケーブルの選択という観点も重要となっている。  そこで今回は、(1)音声編として1〜2m、(2)映像編として5m以上のふたつのカテゴリーにHDMIケーブルを分類して徹底比較テストを実施した。さらに、テスターの小原さんには、価格帯別で(1)音声編は5千円以下/2万円以下/2万円超、(2)映像編は10万円以下/10万円超にオススメケーブルを2本ずつ選定してもらった 特集4 買い替える? 買い替えない? 禁断の新・旧兄弟機対決 Battle.1 ソニーVPL-VW100とVW200を買い替える必要はあるか? Battle.2 ビクターDLA-HD1とHD100はどっちが買いか? Battle.3 買い替えか、現状維持か。本誌筆者陣がおおいに悩む 編集部より この冬は、ホームシアターの花形であるプロジェクター市場も大豊作です。透過型液晶タイプがぐっと高画質になったのも驚きですが、反射型液晶を使用した上級モデルもぐっと進化してリニューアルした模様。これから購入する方はもちろん、昨年までにトップモデルを購入されたユーザーのみなさんも、「ウチのやつ、もちろんお気に入りだけど、一体どれだけよくなってるの?」か、正直気になるところでしょう。お宅の愛機はひとまずおいて、ちょっとニューモデルのいいところをチェックしてみませんか? 今回の徹底分析は、まさに自宅で従来モデルを「愛機」としている筆者の皆さんによる、買い替えるべきか否かのお悩みレポートとなりました 特集5 「ホームシアターインテリア2007」イベントリポート AV機器とインテリアの美しい融合を提案する、注目のイベントが開催されました INTEREST スピーカーの芸術品KEF Muonを聴く 「THX DEMO DISC II」の5.1ch音楽コンテンツ紹介 HiVi CAST LIVE パナソニックTH-AE2000 in 東京が開催されました トレッキー絶賛! 「スタートレック」HD DVDボックスに感動 注目SACD研究1 「藤田恵美/camomile」 注目SACD研究2 「Pure-AQUAPLUS LEGEND OF ACOUSTICS」 HiViセレクトショップに新製品が登場 新着アイテム 詳明解 パナソニックDMR-BW800(BD/HDDレコーダー) 東芝GSC-A100F(カメラレコーダー) ラックスマンC-600f/M-600A(セパレートアンプ) タンジェント クラリティシリーズ(スピーカーシステム) BOSE Lifestyle V30(サラウンドシステム) パイオニアPD-D9(CD/SACDプレーヤー) モニターオーディオGSW12(サブウーファー) TOPICS CLIP CONTINUITY 何かが道をやって来る 麻倉怜士 開国シアター進化論 小原由夫 情報発信コーナーChivi NO TITLE 勝見洋一 プライベート・アイ 藤原陽祐 「墨劇」福井晴敏の二百吋と重低音のあるジンセー 御法川裕三のイタリアン・ジョブ INFO BOX 新連載 HiVi25年史〜日本のAVはこう進化した from Editors VSV 今月の1枚 SPECIAL REVIEW 「トランスフォーマー」 「オーシャンズ13」 「プレステージ」 「ボルベール〈帰郷〉」 「TAXi 4」 「プロヴァンスの贈りもの」 「西遊記」 JUST NEW DISC COMING SOON Writer's Selection DVD CHECK HD DISC CHECK VSV INTERVIEW 「天使がくれたもの」主演・清水由紀 映画の光と影「バベル」 堀切日出晴の世界映画HAKKEN伝 トゥルーハイビジョン番組ガイド DVDアイドル図鑑「この娘に胸キュン!!」 ゲームもいい音で「突撃! ごーいちゲーマーズ」  アニメの歴史を紐解く「ジャパニメーション万華鏡」 マスター博巳の「温新知故」  HDで観る映画の新見解「ハイビジョン・シネマ劇場」 銀幕月報

この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品