TOPページ > ステレオサウンド書店 > HiVi 2019年3月号

HiVi 2019年3月号


■発売日:2019年2月16日
■雑誌コード:17511-03
■JAN:4910175110397
HiVi(ハイヴィ)のバックナンバーはこちらから
Fujisan.co.jpで“月額払い”で購読

販売価格1,296円(税込)

[6ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

商品画像

商品画像
商品画像
拡大 Prev Next

HiVi3月号の特集は、『イマーシブ体験のためのアンプ=AVセンター』。

イマーシブ(Immersive)とは、「没入型の」「没入できる」という意味。オーディオ/オーディオビジュアルの世界で使われるようになったのは、3次元立体音響規格Auro-3D提唱者のヴィルフリート・ヴァン・ベーレン氏が提唱した「Immersive Sound」という言葉がきっかけであるとされています。

今ではVR(ヴァーチャル・リアリティ)のようなものをして「イマーシブ・コンテンツ」と呼ぶこともあるわけで、映画や音楽によりどっぷりと浸かるという意味で「イマーシブ」はオーディオ/オーディオビジュアルにも重要な要素。

さて、オーロ3Dはともかく、オーディオビジュアル趣味の重要コンテンツ=映画のイマーシブ・サウンドを実現するために重要なのがサラウンドアンプ=AVセンター。これがなければ、家庭でサラウンドシステムを構築するのはなかなか難しいのが現状です。

そこで、ストームオーディオのISP 3D. 16 ELITE、あるいはヤマハのCX-A5200、マランツのAV8805など、パワーアンプを内蔵しない高級セパレート型AVセンターの最新モデルが出揃ったこのタイミングで、改めてAVセンター選びを考えてみよう、というのが本企画の趣旨。

オーロ3D/ドルビーアトモス/DTS:Xに対応していなくとも「イマーシブ体験」はできるはず。ここでは5万円以下で購入できるシンプルな5.1chモデルも含めて、今選んで後悔のないモデルを探していきます。そもそも、5.1chやサラウンドの基本は? と思われた方は、本誌2018年10月号『はじめよう、サラウンド』をお手に取っていただければ幸いです。


最新AVセンターの使い方を正しく理解することが、「イマーシブ体験」への近道。ヤマハの製品を使って、“100点”を目指すための、AVセンター基本講座を実施した

サラウンドシステムのためのAVセンターは、超高級モデルを除いて日本メーカーの独壇場と言っていい。ここでは、製品選びのための、主要メーカーラインナップと特徴を整理していく



やはりユーザーが気になるのは“音”の違い。今号でフォーカスしたのは“エントリークラス”の2〜5万円製品、“ミドルクラス”の5〜10万円モデル。このほか、マニアが気になる“AVプリ”の比較もアリ

作家 福井晴敏さんの「家庭内劇場 墨劇」の最新アップデート記事も掲載。イクリプスのサブウーファーTD725SWMK2を2台導入した、その効果は……



CONTENTS

●イマーシブ体験のためのアンプ=AVセンター
●“100点”を目指すための、AVセンター基本講座
●主要メーカー製品ラインナップ
●結果から考える、各社自動音場補正の使い方
●HDMIパススルー&ARCの効果を検証
●AVセンター比較試聴
・5万円以下で買える、エントリークラス 9モデル
ソニーSTR-DH590/STR-DH790、デノンAVR-X550BT/AVR-X1500H、ヤマハRX-V385/RX-V585/RX-S602、パイオニアVSX-832、マランツNR1609
・10万円以下で買える、ミドルクラス 6モデル
デノンAVR-X2500H、オンキヨーTX-NR686/TX-RZ830、ソニーSTR-DN1080、ヤマハRX-A780/RX-A880
・一体型/セパレート型 ハイグレードモデル決戦
ヤマハRX-A3080 vs. デノンAVC-X6500H
マランツAV8805 vs. ヤマハCX-A5200
・ユーザーとして考える一体型か、セパレート型か
ヤマハCX-A5200/RX-A3080、デノンAVC-X8500H
・トリノフ・オーディオ ALTITUDE16 vs. ストームオーディオISP 3D. ELITE
●デノン開発者が語る、AVセンターの今

●福井晴敏さんの墨劇 重低音増強計画、導入編
●注目の新製品速報 エプソン 液晶プロジェクター EH-TW8400/W
●新製品徹底テスト ルーミン ネットワークプレーヤー X1 その2

CONTINUITY
●from Writers
●「新4K8K衛星放送」がやって来る!F
●AVセンター、開けてイイですか?
●ホームシアターFAQ
●Audio Components Topics&Reviews
フォーカル スピーカーシステム Kanta No.1、ダリ スピーカーシステム OBERON7、OBERON3、OBERON/VOKAL
●HiVi New Style Audio Review
ビクター イヤホン HA-FW10000、フェンダー イヤホン TEN3
●今月の最新News
●HiVism DELA N1Z、N10
●続・新4K8K衛星放送、どうだった?
●世界映画Hakken伝 RETURNS
●SSオーディオ名盤 洋楽ポップス編 レビューB
●from Readers
●from Editors




この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品