閉じる
会員様情報
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様
利用可能ポイント
{@ member.total_points @}ポイント
line

NEWS

  • 2024.3.1
    ステレオサウンドストア リニューアルオープンしました。
会員様情報
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様
利用可能ポイント
{@ member.total_points @}ポイント
line

CATEGORY

NEWS
  • 2024.3.1
    ステレオサウンドストア リニューアルオープンしました。
  • New!

Sunday At The Village Vanguard (LP)

販売価格 ¥ 7,040 税込
[ 32 ポイント進呈 ]

ビル・エヴァンス
Bill Evans

■発売日:2023年11月17日
■品番:724-7541
■仕様:LP・180g重量盤
■輸入盤
■レーベル:Concord
■発売元:ユニバーサル ミュージック合同会社
■POS:0888072475410


★現代アメリカ音楽の歴史の中で、「オリジナル・ジャズ・クラシック」という呼称がこれほどふさわしいアルバムはないだろう。このアルバムは、ビル・エヴァンス・トリオの伝説的な最終公演で録音された2枚のリヴァーサイド・アルバムのうちの1枚で、ヴィレッジ・ヴァンガードでの公演の最終日に、ベーシストのスコット・ラファロが悲劇の死を迎えるわずか10日前に収録された作品。 この録音は、エヴァンス、ラファロ、ポール・モチアンのトリオの特徴である三者間の交流の本質を捉えているとして、長い間評価されてきた。この頃のピアノ・トリオは、第一線のソリストの力量をリズミカルな伴奏で披露するのが主流だった。しかし、ビル・エヴァンス・トリオはそれとは異なるアプローチで、インタラクティブでバランスの取れたトリオを作り上げた。このアルバムはさらに、革新的なラファロのソロ作品と作曲に重点を置いていることが特徴である。

〈パーソネル〉Bill Evans (p) Scott Lafaro(b) Paul Motian(ds)
1961年6月25日、ニューヨーク、ヴィレッジ・ヴァンガードにてライヴ録音。

Original Jazz Classics Series ("OJC" Series)
★Original Jazz Classicsが復活! 30年以上にわたり850枚以上の思い出深いジャズ・アルバムを忠実に再現し、高い評価を得てきたOJCシリーズは、1982年にFantasy Recordsの名でオリジナル・ジャズ・クラシックス・シリーズFantasy's Original Jazz Classics("OJC")シリーズとして1982年にスタートし、それ以来コレクター向けのリイシューラインとして大きな成功を収めてきました。その目的は、これまで入手困難だったジャズ・アルバムを、オリジナル・ジャケットとオリジナル・ライナーノーツで紹介することにあります。Fantasy、Prestige、Galaxy、Milestone、Riverside、debut、Contemporary、Jazzland、Pabloといったファンタジー系レーベルの倉庫には、これまでに録音された最も重要なジャズ・アルバムが保管されています。Original Jazz Classicsは、このような膨大な資料をもとに、850を超えるタイトルに成長しました。2023年には、この膨大なコレクションから最も人気のある長期絶版のアルバムがいくつかリリースされ、この永続的なジャズ・シリーズがLPで継続されることになります。

・Cohearent AudioのKevin Grayによりるオリジナル・マスターテープからのオール・アナログ・マスタリング
・RTIでのプレスによる180g重量盤LP
・帯付きのシングル・ティップ・オン・ジャケット仕様


収録曲
Side A
1.Gloria’s Step
2.My Man’s Gone Now
3.Solar
Side B
1.Alice In Wonderland
2.All Of You
3.Jade Visions

この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品