閉じる
会員様情報
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様
利用可能ポイント
{@ member.total_points @}ポイント
line

NEWS

  • 2024.3.1
    ステレオサウンドストア リニューアルオープンしました。
会員様情報
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様
利用可能ポイント
{@ member.total_points @}ポイント
line

CATEGORY

NEWS
  • 2024.3.1
    ステレオサウンドストア リニューアルオープンしました。
  • New!

Continuance [国内盤] (CD)

販売価格 ¥ 3,000 税込
[ 14 ポイント進呈 ]

ジョーイ・アレキサンダー
Joey Alexander

■発売日:2023年11月20日
■レーベル:MACK AVENUE RECORDS
■品番:KKJ-231
■原盤品番:MAC-1208
■国内盤:(国内仕様)
■ジャンル:ジャズ
■形態:CD
■付属品:輸入盤・日本語帯・解説付
■JAN:4909346033320


待望のMackAvenue移籍第2弾!
2003年生まれ、Z世代を代表するジャズ・ピアニスト、ジョーイ・アレキサンダーの7枚目
シオ・クローカーを客演に迎え、音楽的ルーツを深堀りした一枚


★2003年生まれ、Z世代を代表するジャズ作曲家/ピアニスト、ジョーイ・アレキサンダーの7枚目のアルバム『Continuance』がCD・レコードにてMackAvenueからリリース!
★2003年インドネシア・バリ島生まれの20歳。2013年にトランペット奏者ウィントン・マルサリスに見出され、2015年に発表したデビュー作『マイ・フェイヴァリット・シングス』では、12歳という若さで史上最年少にて最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバムを含む、2つのグラミー賞にノミネートされ着実に成長を遂げてきた。その後、メジャーデビューを果たしたVerveレーベルからMackAvenueに移籍し、現在、世界で最も注目され勢いのあるジャズ・ピアニストの一人である。
★今作『コンティニュアンス』で、ジョーイ・アレキサンダーはこれまでの自分をはるかに凌駕した。幼い頃から、ジャズ界で最も熟練したピアニストでもあり、思慮深いインプロヴァイザーであると広く認められてきが、今作では独自のアンサンブルを率いて、心に響くチェンバー・ジャズを主に表現している。
★エンニオ・モリコーネ、ジョン・メイヤー、バート・バカラック、そして意外かもしれないがボニー・レイットなど、ジャズ界以外からインスピレーションを受けた偉大な音楽家にフォーカスを当て、今まで以上に幅広い聴衆とつながることを意識。
★過去4年間に何百回ものギグを共にしてきたクリス・ファン(ベース)とジョン・デイヴィス(ドラムス)のレギュラー・トリオとレコーディングした最初のアルバムでもある。さらに、ゲストミュージシャンに、グラミー賞にノミネートされたトランペット奏者、シオ・クローカーがアルバムの4曲に参加。
★ボニー・レイットで有名なナンバー「I Can't Make You Love Me」(n.4)や、賛美歌「Great Is Thy Faithfulness」(n.6)の息をのむような演奏と、新たに書き下ろした5曲のオリジナル曲を収録。


トラックリスト

ジョーイ・アレキサンダー / コンティニュアンス

1. Blue 6:46
2. Why Don’t We 7:48
3. Hear Me Now 8:27
4. I Can’t Make You Love Me 5:03
5. Zealousy 6:46
6. Great Is Thy Faithfulness 5:05
7. Aliceanna 6:00

Joey Alexander (piano, Fender Rhodes, Mellotron), Theo Croker (trumpet on tracks 1, 2, 3, 5), Kris Funn (upright bass), John Davis (drums)

この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品