閉じる
会員様情報
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様
利用可能ポイント
{@ member.total_points @}ポイント
line

NEWS

  • 2024.3.1
    ステレオサウンドストア リニューアルオープンしました。
会員様情報
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様
利用可能ポイント
{@ member.total_points @}ポイント
line

CATEGORY

NEWS
  • 2024.3.1
    ステレオサウンドストア リニューアルオープンしました。
テイルズ - ライブ・イン・コペンハーゲン (1964)
テイルズ - ライブ・イン・コペンハーゲン (1964)
  • New!

テイルズ - ライブ・イン・コペンハーゲン (1964) (LP)

販売価格 ¥ 5,500 税込
[ 25 ポイント進呈 ]
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

ビル・エヴァンス
Bill Evans

■発売日:2023年11月24日
■レーベル:ELEMENTAL MUSIC、KING INTERNATIONAL
■品番:KKJ-10015
■原盤品番:EMLP-5990543
■国内盤:(国内仕様)
■ジャンル:ジャズ
■形態:LP
■その他の製品情報:180g重量盤 完全限定盤
■付属品:輸入盤・日本語帯・英文完全翻訳・解説付
■JAN:4909346033092
輸入商品のため、入荷時点で、商品(ジャケット・外装ビニール・外装箱・ケース・封入物など含む)に、細かい傷・折れ・擦れ・凹み・破れ・汚れ・角潰れ・再生に影響のないディスク盤面の傷・汚れ・イメージ違い・個体差などが見られる場合がございます。これらを理由にしたご注文のキャンセル、商品や付属特典の返品・交換はお受けいたしかねます。商品の状態・品質につきましてはあらかじめご了承の上、ご購入いただけますようお願い申し上げます。


1964年、ビル・エヴァンスが初のヨーロッパ演奏ツアーで
訪問したデンマークで収録された貴重な音源。
名盤“トリオ65”のチャック・イスラエル、ラリー・バンカーが参加、
エレメンタル・ミュージックからの公式リリース作品!
英文オリジナルブックレットの完全日本語翻訳付き!


★ビル・エヴァンス・トリオによる初のヨーロッパ演奏ツアーの際、デンマーク2箇所で録音された公式リリース作品が登場!

★2023年4月、3枚組LPと2枚組CDで『Treasures: Solo, Trio and Orchestra Recordings from Denmark (1965-1969)』を発売、その作品に収録できなかった全く別個の非常に貴重な録音がエレメンタル・レコードのジョルディ・ソレイ、カルロス・オーガスティン、そして名盤発掘請負人のゼヴ・フェルドマンの共同プロデュースによって今回も日の目を見ることになりました。。ゼヴ・フェルドマンが手がけたビル・エヴァンス・エステートとの正式な発掘発売作品はこの作品で11作目。

★本作は1964年夏、ビル・エヴァンス・トリオ初のヨーロッパ演奏ツアーの際の音源で、未発表の10曲はデンマーク、コペンハーゲンにて、チャック・イスラエル(b)、ラリー・バンカー(ds)を擁したトリオ、ボーナストラックは1969年にエディ・ゴメス(b)、マーティ・モレル(ds)がオーフスを訪れた際の録音。

★LPのA面 1-6は国営デンマーク放送の本部、コペンハーゲンの“ラジオハウス”で1964年8月10日に録音収録されたもので、聴衆を入れずに録音された、ある種のスタジオ・セッション。またB面 1-4は同年8月25日にコペンハーゲン郊外グラッドサクセにあるデンマーク国営TV “テレビ・ビューウン(TV-Byen)”で、聴衆を前にしたライブ・レコーディングとして収録された。また、エディ・ゴメス(b)、マーティ・モレル(ds)のトリオが1969年11月オーフス大学の学生会館のライブ会場で演奏した「Round' Midnight」(『Treasures』未収録)をボーナストラックとして追加収録。合計11曲のアルバム。

★「Waltz for Debby」「My Foolish Heart」「 How My Heart Sings」等の人気曲10曲とボーナストラック1曲。「My Foolish Heart」は「Waltz for Debby」とともに、『Sunday at the Village Vanguard』(1961年6月録音)に収録されており、ラファロ、モチアンとの演奏と比較するのも興味深い。またA面、B面で「My Foolish Heart」等3曲の同じ曲が収録されていてこちらの比較も楽しめます。また、エヴァンスのディスコグラフィーによれば、「I Didn't Know What Time It Was」は、これが最初で最後の録音とのこと。

★美しくデザインされたLPジャケット、カラーページの英文ブックレットには、エヴァンスの研究者、ウォール・ストリート・ジャーナル”音楽記事のレギュラー寄稿家でもある、マーク・マイヤーズによる解説を収録。また、アルバムに参加したチャック・イスラエルやラリー・バンカーの未亡人ブランディン・バンカーの貴重なインタビューや証言も収録。未公開写真もたっぷりと収録、オリジナルブックレットを完全翻訳した日本語ブックレットが付属。 素晴らしい状態で保管されていた放送音源マスターテープから伝説のマスタリング・エンジニア、バーニー グランドマンがLP用にマスタリング。高音質な録音(A面はオリジナルのMONO録音音源を24bit ステレオでリマスタリング)にも注目です。

★LPは日本語オビ、全翻訳日本語ブックレットと解説付きの国内盤仕様のみの発売。

★英文オリジナルライナーノーツ完全翻訳(翻訳:寺井珠重氏)付。解説は杉田宏樹氏。


収録曲
ビル・エヴァンス / テイルズ - ライブ・イン・コペンハーゲン (1964)

Side A
1. Waltz For Debby (Bill Evans) 5:32
2. My Foolish Heart (Ned Washington-Victor Young) 5:15
3. How My Heart Sings (Earl Zindars) 4:51
4. Sweet And Lovely (Gus Arnheim-Jules LeMare-Harry Tobias) 5:33
5. I Didn't Know What Time It Was (Richard Rodgers-Lorenz Hart) 4:40
6. Five [Theme] (Bill Evans) 2:09

Bill Evans (piano), Chuck Israels (bass), Larry Bunker (drums)
Danish Radio, Radiohuset, Copenhagen, August 10, 1964

Side B
1.My Foolish Heart #2 (Ned Washington-Victor Young) 5:06
2 How My Heart Sings #2 (Earl Zindars) 4:32
3 Sweet And Lovely #2 (Gus Arnheim-Jules LeMare-Harry Tobias) 4:24
4.Five [Theme] #2 (Bill Evans) 2:23
5.’Round Midnigh* (Thelonious Monk-Bernie Hanighen-Cootie Williams) 7:06

Bill Evans (piano), Chuck Israels (bass), Larry Bunker (drums)
TV-City, Copenhagen, August 25, 1964.

*BONUS TRACK (#5)
Bill Evans (piano), Eddie Gomez (bass), Marty Morell (drums)
Stakladen, Aarhus, Denmark, November 21, 1969

Bill Evans (piano), Chuck Israels (bass), Larry Bunker (drums)
Bill Evans (piano), Eddie Gomez (bass), Marty Morell (drums)

この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品