閉じる
会員様情報
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様
利用可能ポイント
{@ member.total_points @}ポイント
line

NEWS

  • 2024.3.1
    ステレオサウンドストア リニューアルオープンしました。
会員様情報
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様
利用可能ポイント
{@ member.total_points @}ポイント
line

CATEGORY

NEWS
  • 2024.3.1
    ステレオサウンドストア リニューアルオープンしました。
レスピーギ:交響詩《ローマの祭り》《ローマの松》、リムスキー=コルサコフ:組曲《金鶏》
レスピーギ:交響詩《ローマの祭り》《ローマの松》、リムスキー=コルサコフ:組曲《金鶏》
  • New!
予約商品

レスピーギ:交響詩《ローマの祭り》《ローマの松》、リムスキー=コルサコフ:組曲《金鶏》 (SACD/CDハイブリッド) 【予約商品・3月18日以降順次発送予定】

予約商品です。
お届け時期は目安です。前後する場合がございます。
予約商品は配達日を指定できません。

予約販売価格 ¥ 4,000 税込
[ 18 ポイント進呈 ]
予約受付期間

ロリン・マゼール(指揮)
クリーヴランド管弦楽団

■発売日:2024年3月16日
■品番:ESSD-90289
■仕様:Super Audio CD ハイブリッド
■JAN:4907034225361
■レーベル:DECCA
■音源提供:ユニバーサルミュージック合同会社
■ジャンル:管弦楽曲
■DSD Mastering
■Super Audio CD 層:2チャンネル・ステレオ
■美麗豪華・紙製デジパック・パッケージ使用
※海外販売不可につき、商品配送先が海外販売・海外転送業者の場合、また海外転送や転売目的と弊社が判断した場合は断りなくご注文をキャンセルとさせていただきます。あらかじめご了承ください。



テクニシャンのマゼールが、優れた機能を持つクリーヴランド管を見事に駆使して、絢爛豪華なオーケストレーションを見事に表現。世界初Super Audio CD ハイブリッド化。

■多彩な足跡を残したロリン・マゼール
 ロリン・マゼール(1930-2014)ほど多彩な足跡を残した音楽家も少ないのではないでしょうか。5 歳でヴァイオリンを始め、7 歳で指揮を学び、8 歳でニューヨーク・フィルを指揮した神童としてスタート。戦後は奨学生としてヨーロッパに渡って知見を広め、瞬く間に指揮者としての頭角を現し、音楽の中心地のひとつであったベルリンでオーケストラとオペラの両方のポストを兼任し、カラヤンに対抗する存在となりました。1972 年にはクリーヴランド管弦楽団の音楽監督に就任して米国にも音楽的基盤を広げ、以後欧米の名だたるオーケストラやオペラのポストを歴任。どんな複雑な音楽でも明晰に振り分けることのできる卓越した指揮技術と鋭敏な耳、超人的な暗譜能力を備え、ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートではヴァイオリンを披露、オペラを始めとする作曲にも力を入れ、社会慈善活動にも身を投じ、自らの地所に音楽祭を創設し若手にも手を差し伸べるなど、常に時代の最先端を歩む音楽家としての活動を怠らない人物でした。

■「クリーヴランドのローラーコースター」と称されたクリーヴランド時代
 1970年代のマゼールの活動は、1972年に音楽監督に就任したクリーヴランド管を中心に据えて展開していきます。第2 次大戦後に同管の躍進を支えたジョージ・セルが1970 年に急逝した後、同管はセルが後継者とみなしていたピエール・ブーレーズを音楽顧問に据えますが、根っからのオーケストラ・ビルダーであったセルとは音楽性を異にし、またブーレーズは同時にニューヨーク・フィルとBBC 響の音楽監督を務めていたためクリーヴランドには時間がさけず、暗中模索が続いていました。1972 年のマゼールの就任は、そうした状況を終わらせ、クリーヴランド管に第2 の黄金期をもたらすことになり、「クリーヴランドのローラーコースター」と称賛されます。マゼールは、セルがほとんど取り上げなかった20 世紀音楽を積極的に取り上げてプログラム・ビルディングを刷新し、子供向けのコンサートを開催し地域との交流を活性化させ、スポンサーを呼び込み、定期会員数を劇的に増やし、国内外のツアーを再開し、あらゆる面でオーケストラを活性化させたのです。そしてマゼールの録音を多数発売してきたデッカとの録音契約を実現させ、音楽監督就任シーズンの終わりに、プロコフィエフ「ロメオとジュリエット」全曲版を録音し、やがて実りあるディスコグラフィを築き上げることになります。マゼールはクリーヴランド在任後半の1979 年の記者会見で「私がクリーヴランドに着任した時は、定期会員はチケット収入の28%しかなく、レコーディング契約も海外ツアーもありませんでした。団員のサラリーも薄給で負債もあった。8 年後の今、私たちのLP レコードは60 点にのぼり国際的な賞をいくつもいただき、定期会員は83%に上昇し、国内外のツアーの要請は引きも切らない。そして最も大切なのは、この16 年間で初めてオーケストラが黒字に転じた、ということなのです」と誇らしげに語っています。

■絢爛豪華なオーケストレーションの魅力を余すところなく収録
 デッカによるクリーヴランド管との録音は、メータ/ロス・フィル、ショルティ/シカゴ響に続く3 つ目の米国メジャー・オケとの契約となったもので、アメリカにおける同社(ロンドン・レーベルで発売)のシェア拡大を狙った施策の一環でした。レパートリーも、マゼールが最も得意とした20 世紀のオーケストラ作品が中心に置かれ、複雑で色彩的なオーケストレーションがデッカならではの明晰極まるサウンドで収録されたそれらのアルバムは、瞬く間にオーディオファイルの間で高く評価されるようになりました。1976 年と1979 年に収録されたレスピーギの交響詩「ローマの祭り」「ローマの松」とR=コルサコフの組曲「金鶏」もそうしたアルバムの一つです。レスピーギでは、イタリアらしい実に雰囲気豊かな明るめの開放的なサウンドの起伏が捉えられ、レスピーギがあちこちに仕掛けたドラマティックな音響効果を伴う聴かせどころが丁寧な筆致で明らかにされていきます。「金鶏」ではレスピーギとは対照的に濃密なロシア風かつオリエンタルなエキゾシチズムに満ちたサウンドが作品の魅力を余すところなく伝えています。

■空間性を感じさせるマソニック・オーディトリアムでの録音
 録音は、クリーヴランドのマソニック・オーディトリアム(現在の名称はクリーヴランド・マソニック・テンプル)で行われました。1921 年に建設されたこのホールは、クリーヴランド管(1918 年創設)の初期の本拠地になった会場で、ロックやポップスのコンサートも行われる多目的ホールであったため、1931 年にセヴェランス・ホール(座席数2,000)が開場し本拠地となってからは時おりの特別演奏会で使われる程度でした。セヴェランス・ホールの音響を愛したセルはエピック/コロンビアの録音をセヴェランス・ホールで行なっていましたが、マソニック・オーディトリアムは座席数が2,500 で空間がより大きく響きも豊かであるため、マゼール時代以降の録音会場に選ばれ、1977 年に始まるコロンビアへの録音、1979 年に始まるテラークへの録音も含めて、セッション録音ではドホナーニ時代に至るまでほぼ一貫して使われていました。会場の空間性の大きさは、「祭り」の第1 曲や「松」の第4 曲で登場する金管のバンダ(この録音では左チャンネルに配置)の距離感が見事に音響として演出されている点や、「松」第3 曲で事前録音の鳥の鳴き声の響き方、「祭り」と「松」両方に使われているオルガンの圧倒的な存在感からもお分かりいただけると思います。大きな空間性を感じさせつつも、広大かつ自然なダイナミックレンジや音の伸び、さらには各パートの楽器の明晰さを確保できているのはデッカの高度なマルチ収録(デッカ自作のSTORM というミキシング・デスクを使って24 チャンネルで行われた模様)とミキシング技術の賜物で、同じようにマルチ収録を行っていたコロンビア録音のサウンドがギラギラした人工的なサウンドに傾きがちだったのとは対照的。今回のアルバムがCD 化されたのは、レスピーギの2 曲についてはCD 初期の1986 年で、その後2000 年に「デッカ・レジェンド」シリーズで24 ビット・リマスターで再発され、この時に「金鶏」が初CD 化されました。今回のエソテリックでの発売は24 年ぶりのリマスターとなり、初Super Audio CD ハイブリッド化となります。今回のハイブリッド化に当たっては、これまで同様、使用するマスターの選定から、最終的なDSD マスタリングの行程に至るまで、妥協を排した作業をおこないました。特にDSD マスタリングにあたっては、「Esoteric Mastering」を使用。 入念に調整されたESOTERICの最高級機材Master Sound Discrete DAC とMaster Sound Discrete Clock を投入。またMEXCEL ケーブルを惜しげもなく使用することで、オリジナル・マスターの持つ情報を伸びやかなサウンドでディスク化することができました。


収録曲
オットリーノ・レスピーギ
Ottorino Respighi
[1]-[4] 交響詩《ローマの祭り》
Feste Romane [5]-[8] 交響詩《ローマの松》
Pini di Roma

ニコライ・リムスキー=コルサコフ
Nikolai Rimsky-Korsakov
[9]-[12] 組曲《金鶏》(4 つの音楽的絵画)
Suite from the opera "The Golden Cockerel" (Four Musical Pictures)

クリーヴランド管弦楽団
The Cleveland Orchestra
指揮:ロリン・マゼール
Conducted by Lorin Maazel

[録音]1-8: 1976 年5 月10 日~14 日 / 9-12: 1979 年10 月、クリーヴランド、マソニック・オーディトリアム
[初出]1-8: DECCA SXL 6822 (1976 年) / 9-12: DECCA SXL6966 (1980 年)
[日本盤初出]1-8: London SLA1128 (1977 年6 月21 日) / 9-12: London K25C 64(1981 年1 月21 日)

[オリジナル・レコーディング]
[レコーデイング・プロデューサー]マイケル・ウールコック(1-8)、ジェームズ・マリンソン(9-12)
[バランス・エンジニア]ケネス・ウィルキンソン(1-8)、マルティン・アーキンソン(9-12)

[Super Audio CD プロデューサー] 大間知基彰(エソテリック株式会社)
[Super Audio CD アソシエイト・プロデューサー] 吉田穣(エソテリック株式会社)
[Super Audio CD リマスタリング・エンジニア] 東野真哉(エソテリック株式会社)
[Super Audio CD リマスター] 2023 年11 月 エソテリック・マスタリング・センター、「Esoteric Mastering」システム

[解説] 浅里公三 増田良介
[企画・販売] エソテリック株式会社
[企画・協力] 東京電化株式会社

この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品