閉じる
会員様情報
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様
利用可能ポイント
{@ member.total_points @}ポイント
line

NEWS

  • 2024.3.1
    ステレオサウンドストア リニューアルオープンしました。
会員様情報
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様
利用可能ポイント
{@ member.total_points @}ポイント
line

CATEGORY

NEWS
  • 2024.3.1
    ステレオサウンドストア リニューアルオープンしました。
商品イメージ
商品イメージ

シューベルト:ピアノ作品集 4 (CD)

販売価格 ¥ 3,770 税込
[ 17 ポイント進呈 ]
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。
商品の発送は、お取り寄せ商品、予約商品を含め、ご注文内のすべての商品が揃い次第のご手配となります。注文の分割発送や、注文コードが異なる複数の注文のまとめ発送は承ることができません。あらかじめご了承ください。

イリーナ・メジューエワ

■レーベル:若林工房
■発売日:2013年7月20日
■品番:WAKA-4171~72
■仕様:CD・2枚組


生の深淵を覗きこむかのごとく ―― 夢と現(うつつ)を彷徨う魂のゆくえ

メジューエワによる好評のシューベルト・シリーズ第四弾。今回は三つのソナタと舞曲を組み合わせた魅力的なプログラムをお楽しみいただきます。かの村上春樹氏もお気に入りというニ短調ソナタ(第17番)D850は、とりとめがなく長大で、まとめ上げるのに多くのピアニストが苦労する曲として知られていますが、メジューエワの解釈はシンプルかつ重層的。作品全体の構造を明確に打ち出しながら、各楽章の性格を丹念に描き分け、40分以上の音楽を一気に聞かせます。ホ短調ソナタ(第6番)D566も若きシューベルトに相応しい瑞々しい解釈が素敵ですが、アルバムの白眉ともいうべきは、やはり変ロ長調ソナタ(第21番)D960でしょう。シンフォニックなスケール感、深い精神性、作曲家の心に寄り添うような細やかさをもってひとつひとつのフレーズが彫琢されていくさまは、見事な職人技を見る思いがします。そして時おり現れる、生の深淵を覗きこむかのような、底知れぬ深み。シューベルトのピアノ・ソナタの最高傑作として名高いこの作品に、またひとつ名演が加わりました。併録された舞曲集もチャーミングでありながら、ふと人生の儚さを感じさせるような諦観が魅力を放っています。


《収録曲》
□シューベルト(1797-1828)
●disc-1
 ピアノ・ソナタ (第17番) ニ長調 D850
 2つのドイツ舞曲 D841、 ワルツ(「アルバムの綴り」) D844
 ピアノ・ソナタ (第6番) ホ短調 D566
●disc-2
 12のドイツ舞曲(レントラー) D790
 20のワルツ(「最後のワルツ集」) D146 より (5曲抜粋)
 ピアノ・ソナタ (第21番) 変ロ長調 D960


録音: 2012年12月 & 2013年4月、新川文化ホール(富山県魚津市)


この商品を見た人は、こちらの商品もチェックしています!

最近見た商品